無愛想なバス運転手の「予期せぬ優しさ」

NYで暮らすようになってから、俺はいささかスノッピーになったと思う。

スノッピーとは、ツンケンした感じ、サバサバした感じ。日本にいた頃は、割と誰にでも愛想よく、いつもニコニコ、悪く言えば八方美人にしていた。

でもそれだとコッチではナメられるのだ。というか軽くあしらわれる。

モチロン、目が合えばニコッと笑って挨拶をするし、積極的にコミュニケーションもとるけど、NYでは人種、性別、社会的背景など、いろんな人が集まっているので、常識というものが通用しない部分がある。だから、日本以上に他人へのリスペクトやマナーを重視する。スノッピーとは言っても、傍若無人に振る舞うようになったわけじゃない。

ただ、自分の主張を大声で叫ばないと通らないような街で、ヘラヘラしてたら後回しにされる。いつも「自分」というものをしっかり持っていないとあらゆる局面で流されてしまう。

だけどそんな街で暮らしていると、時々ふと人情に触れた時、とても心が和らぐ。

先日、バス停でこんな一幕があった。

©DAG FORCE

NYの市営バスには、「急行」を意味する「LIMITED」便がある。その時、俺が待っていたのは、LIMITEDが停まらないバス停だった。15分以上も待ったあげく、バスは目の前を通り過ぎていく。その時バスの運転手と目が合ったが、そのまま通り過ぎて行ってしまった。俺は急いで1ブロック先のバス停まで走る。200〜300メートルを全力疾走。信号待ちしてるバスを追い越して、次のバス停で追いついた。

そして、バスは停まりドアがあいた。並んでいた人々に続いて、最後に乗り込んだ俺に運転手が無愛想なままでこう言った。

「本当はこのバス停も停まらないんだ。君が前のバス停から走ってるのが見えたから」

笑顔こそ見せないけど、なんだかうれしくなった。

NYに暮らしていると、人々の傍若無人な態度や利己的な主張に辟易とすることがある。でも一方で、こうした予期せぬ優しさや人情にふれることも多い。

厳しいのか、優しいのか。不思議な街だ。

基本的には、NYは弱肉強食の街だし、殺伐としたコンクリートジャングル(エリアにもよるけれど)だと思う。だからこそ、みんなが日々のちょっとしたコミュニケーションやこうした優しさを時々意識して、バランスを取っているのかもしれないな、と思った。

DAG FORCE/Rapper

1985年生まれ。NYブルックリン在住のラッパー。一児の父。飛騨高山出身身長178cm。趣味は、音楽、旅、食べること、森林浴。 NY音楽生活の中で気付いた日々是ポジティブなメッセージを伝えていきたい。

Top image: © DAG FORCE

関連する記事

茨城県の境町にて、自動運転バスの運行が開始される。同バスは市内の公共施設を廻るインフラ的な役割を果たすとともに、全国へのサービス拡大のモデルケースとしても...
2015年11月24日(火)に、ある夜行バスを利用した@tmcwkさん。どうやら、この日担当してくれた運転手はどこか様子が違ったそうで、そのアナウンス内容...
中国・南京長江大橋で、一人の女性が橋の上から自殺を試みようとしていた。が、たまたまその場を通りがかったバスの運転手はとっさの判断で緊急停止し救助に向かった...
日本の法律では、まだ私有地しか走行ができない自動運転車ですが、フィンランドの首都ヘルシンキでは、昨年より実用化に向けた自動運転による無人バスの導入テストを...
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
価格競争が激しくなっている現代社会において、安さだけでなく利便性という軸をプラスオンすることで、圧倒的な地位を築いたUber。タクシーとのさらなる差別化を...
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
「ながら運転」をさせないアプリ「eGURAD」が配信開始。歩行中や運転中の状態を検知してスマホ操作を抑止する。
人生を変える、運命の選択。おそらく多くの方がこれまで、何度かそういった経験をしていることでしょう。そして、その結果はやはり誰にも分からないものです。だけど...
タクシーの運転手さんにはさまざまな経歴を持つ人が多く、じっくり話を聞くと、面白い人、勉強になる人、じつにバラエティに富んでいます。経営コンサルタントを営む...
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
経営コンサルタントを営む小宮一慶さんは、仕事柄タクシーに乗る機会が多く、当然運転手さんと話すことも多いそうです。そして、タクシーの運転手さんにはじつにさま...
「Urban Outfitters(アーバン・アウトフィッターズ)」の日本語版サイトでおすすめの「ワクワクするバスグッズ」を3つ紹介。バスボム手作りキット...
6月18日、「フォード」がマスタングシリーズの新型EV「マスタング・マッハE」に、手を離した運転を可能にする技術を搭載すると発表した。アメリカ50州とカナ...
「優しい人になりたい」と思うことは至って自然なこと。でも、ただの“いい人”で終わってしまわないかと、少なからず抵抗をもつ人もいるかもしれない。そのようなネ...
「Makuake」にて販売中の「全自動バスブラシ」は、丁寧に優しく、体の汚れをしっかり落とす。体の届きにくい場所にアプローチしてくれ、高い防水性能で壊れる...
突然ですが、みなさんは親孝行をしているでしょうか?経営コンサルタントの小宮一慶さん曰く「タクシー運転手さんには、親孝行な方が多い」ということで、彼らと話を...
いつも誰にでもニコニコしていて「愛想の良い人」は、一見すごく人付き合いがうまそうに見えます。でも、その笑顔のウラには「人に嫌われたくない」という恐怖や不安...
「HONDA」が3月5日(金)から、市販車としては世界初となる「レベル3」の自動運転技術を実用化した新型「レジェンド」を発売。
わざわざ新潟県の離島、佐渡島へと出向き、あたり一面まっ暗になった夜のバスツアーに参加する人が増えているという。それも、到着するまで目的地不明のミステリーツ...

おすすめ記事

2010年に建設が決定した台湾のサステイナブルなマンション「陶朱隠園(Tao Zhu Yin Yuan0」が、今年、ついに完成予定だ。約23000本の樹木...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
単体で存在するならば、何の変哲もないペーパーアート。しかし、それらを上手く風景と一体化させて、生命を吹き込んでしまうイギリス人が登場しました。ついつい最後...
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
単純に、「すごい」ってなるはず。
先日3日、米「Netflix」が新しいサービス「Fast Laughs」を発表した。公式アプリのひとつの機能として追加されたこのサービスは、「TikTok...
エドヴァルド・ムンクによる有名な絵画『叫び』のオリジナルバージョンには、左上に「狂人にしか描けない!」と鉛筆で書かれたメッセージが1904年に見つかってい...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...