大雪の中、軽自動車が引っ張っていたものに目を疑った・・・(動画アリ)

2014年2月14日。記録的な大雪に見舞われた関東地方では、いたるところで交通機関がマヒ。ここ群馬県のある国道も、ご覧のように最悪の道路状況となっていました。
これから紹介するのは、そのような中で軽自動車「ジムニー」が起こした奇跡の映像。牽引ロープを使って、必死に“何か”を引っ張っていますが…。画面左から出てくるものの正体に、きっとあなたも驚くはず。

あと少し!
頑張れ、ジムニー!

必死なジムニー。ただ、なかなか前へは進めず、ホイールスピンしてしまいます。

しかし、無理だと諦めかけていると、ついにその時が!果たして、あなたが目にするものとは!?

なんと、姿を現したのはジムニーの何倍もの大きさの大型トラック。その総重量は、“自身”の約20倍以上です!脱出後も、さらなるスタックを回避するため、コンビニエンスストアの駐車場まで全力で駆け抜けたのだとか。

インターネットでは、「小さいながらも健気に頑張る姿が可愛すぎ」「感動して涙が出ました」「まさに、小さな巨人!」などと称賛の声が相次いでいます。歩道橋からの絶妙なカメラアングルを含め、実に貴重な映像ですよね!

Licensed material used with permission by Hiro Taka

「子供の送り迎えや近所の買い物に行くだけだから、そんなに大きなクルマは必要ないんです。でも自転車やバイクは屋根がないし、ちょっと大変で…」。街にはそんな人...
エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走...
2017年は、NASAの観測史上2番目に暑い年だったそうです。しかも、エルニーニョ現象が発生していないのにもかかわらず。
BMWの発表によれば、電気自動車のバッテリーをワイヤレス充電できるそう。つまり、駐車をするだけでバッテリーチャージが可能。充電スタンドに行く必要もなくなる...
台形のころんとしたフォルム…。とっても気になるかわゆさのこの車は、「Microlino」という電気自動車です。2016年のGeneva Car showで...
YouTubeが2017年上半期に日本国内で注目を集めた音楽動画トップ50を発表。これは2016年12月1日以降にYouTubeで公開されたMV(ミュージ...
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
大寒波が日本列島を襲った2016年1月下旬、同じく記録的な寒波で大雪に見舞われていたのがアメリカNY。二日間降り続いた雪は、セントラルパークでじつに積雪6...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
大気汚染の問題は、とりわけ、急速な発展を見せる東南・南アジアで深刻だ。発電所や工場、建設現場やごみ焼却など様々な理由が考えられるが、中でも自動車は主要因だ...
未来では、性別で人を区別することなく、すべての人をありのまま受け入れる世界が広がっている。そう強く訴えるのは「Wildfang」が制作した動画。今、未来、...
いったい、この現象を誰が説明できるだろうか?スマホの着信音が鳴った瞬間、それまで縦横無尽にせわしなく動いていたアリたちが、一糸乱れぬ動きでスマホの周りを回...
やっぱり世界は広い!こう思う以外、解釈しようがない話題を。なんとオランダでは、自動車教習の代金を“カラダ”で支払うことができる、らしいのです。はたして、こ...
唯一無二の存在感。熱心なファンを持つクルマは数多くあるが、そのなかでも最高の人気を誇る、フォルクスワーゲンタイプ2。通称「ワーゲンバス」とも呼ばれるこの名...
ベンツが、自動運転のできるトラックを開発した。ベンツが描いた、2025年の車の未来は自動運転トラックだった。「ハイウェイパイロット」というレーダーセンサー...
とある道の途中。バスに乗った利用客が、目の前で見たものは・・・、なんと10段以上の土嚢を積載してゆらゆらとかたむきながら走るトラック。バスの乗客もハラハラ...
人生経験豊富な「おばあちゃんの料理チャンネル」が、YouTubeオフィシャルブログに掲載され話題になっています。先生はインドのアーンドラ・プラデーシュ州に...
人類の歴史は、輝かしい面ばかりではありません。片方の国が発展を遂げた影には、戦争に敗れた国もあり、産業発展のあとに振り子の揺れ戻しで衰退が訪れた街もありま...
小さいけれど、とってもパワフルで賢いポータブル空気浄化機「Wynd」。500Lのペットボトルとほぼ同じサイズで、重量も約450g。
精神的なことは、目に見えないからこそ周囲に伝わりにくい面がある。が、周りが思う以上に、症状が悪化していることも。不安に襲われパニック発作を起こしたことがあ...