交通事故削減に大きな期待を集める「透けるトラック」って?

エアバッグや自動ブレーキ、車線逸脱防止機能など、自動車の安全性能は、日進月歩で進化している。なかでも、「サムスン電子」のアイデアは画期的。なんせ、周りを走る他の車に向けて安全を知らせるためのものなのだ。

 後続車に知らせる
前方の視界

Safety_Main

想像してみて欲しい、前を行くトラックを追い越そうと、反対車線に出たとたん…。まさに上の写真のような、ドライバーとしてはヒヤリとする状況だ。
一般的に大型トラックは、乗用車に比べてスピードが遅いもの。そんなことは分かりきっていても、運転中トラックの背後につくと、人間の心理のなかにイライラが湧いてくる。「抜きたくて仕方ない」と心のどこかでそんな気持ちが出てきても不思議はない。

そうして、アクセルを踏み込んで…でも、前方の状況は当然のことながらトラックが死角になって見えるはずもなし。そこに大事故につながる危険性が潜んでいる。サムスン電子が、着目したのはまさにそこだ。

安全を確認したら
「お先にどうぞ」

前述のような状況では、日本国内ではそれほど多くないかもしれない。しかし、サムスン電子によると、アルゼンチンでは、およそ1時間に一人が交通事故により亡くなっているというデータがあり、じつにその80%が車の追い越しのタイミングに発生しているらしい。単車線道路が数百もあるこの国で、サムスン電子は従来にない革新的な安全性能開発に乗り出した。いま、彼らがトラックに搭載し、テスト走行を繰り返している技術が「Safty Truck」だ。

仕組みはいたって簡単。トラックのフロントバンパー部にワイヤレスカメラを装着、その映像を荷台(車体後部)に設置した4台の大型モニターで映し出すというもの。死角になっているはずの前方の視界が、これでクリアになるという訳だ。夜間走行時にも視界を確保できるよう、ナイトモードも同時にテストされている。

スクリーンショット 2015-09-11 23.03.58

サムスン電子の公式ブログ「SAMSUNG TOMORROW」によると、このプロトタイプモデルは残念ながら、まだ公道を走行することは許可されていないらしい。現在、事故のない車社会実現に向け、各国の政府機関と協力し、試験走行を繰り返し実施している最中だ。

Licensed material used with permission by サムスン電子

他の記事を見る
彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
交通事故を減らすために、リトアニアの第二の都市カウナスが地元のストリートアーティストとタッグを組みました。それは、横断歩道を渡る前に自然と周りに注意を向け...
Fox 11 Los Angelesがそんなフリーウェイの様子をレポートしている動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が並んでいる様子が映し出さ...
自動運転の技術は日進月歩。以前にも、自動で動くゴミ収集車やスーパーマーケットを紹介しました。ここでテーマになるのは、Uberによって進められる自動運転技術...
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
ペンシルベニア州に暮らすIanさんとLarissaさんMurphy夫妻。夫のIanさんは、交通事故の影響で脳に重い障がいを抱えています。この動画は、献身的...
勤めている会社の駐車場にトラックを停め、その中で生活をする。そんな少し変わった23歳のGoogle社員が、世界中で話題になっています。120万円で購入した...
ここ長年、道で車にひかれてしまった動物などを食べてきたと言う78歳のArthur Boytさん。たしかにお肉になるために動物が殺されているわけだから、事故...
これは模様ではない。傷だ。
お花のある生活には憧れる。けれど、買うのはなんとなくハードルが高くてためらってしまう。そんなお花ビギナーでも、素敵なカップルが営むこんな「フラワートラック...
とある道の途中。バスに乗った利用客が、目の前で見たものは・・・、なんと10段以上の土嚢を積載してゆらゆらとかたむきながら走るトラック。バスの乗客もハラハラ...
「Ridy」は、表情筋の動きや瞬きの回数、目線の方向、首の傾き、リアクションスピードなどの要素から、居眠り運転を防止するためのアラートを出してくれる。
メルセデス・ベンツがモーターショーに向けて用意したこのトラック。痛車のようなデコトラのようなアーティスティックなトラックが、アメリカ人アーティストAlek...
半身不随の女性を背負いもう一度、波に乗せるサーフィンを愛した、ひとりの女性。毎日海へと通っていた彼女は不幸な事故により、サーフィン人生を奪われてしまった。...
自動運転の開発が進んでいる。国内に限ってみても、2020年の東京オリンピックまでに「ロボットカー」を実現させようという国家戦略特区プロジェクトもある。安全...
東日本大震災が発生してから、今年の3月で丸5年が経とうとしている。被災地の暮らしは、表面的には日常を取り戻したかのように見えるが、まだまだ問題は根深いーー...