「ボルボ」が一石を投じる「交通事故問題」

車両同士の衝突から運転手を守る設備を着実に進化させたなかで、対歩行者対自転車では深刻な被害を与えてきた自動車業界。

スウェーデンの自動車メーカー「ボルボ」が、この現状を変えようと動き出した。

1970年代から集めてきた事故データから、自動ブレーキ衝突回避システムは、車しかいない高速道路では有用だが、一般車道では不十分であることが発覚。

なぜなら、先を急ぐ車が、歩行者や自転車をスレスレで追い抜くような無理な運転をした場合には、作動しないためだ。

そこで、運転手の意識改革を目指す一歩として「眠気を覚えて自分で車を止めた運転手に、サプライズでギフトカードを進呈する」というキャンペーンを実施。結果として、87%の運転手が一時停止を選んだという。

技術責任者のLjung Aust氏が「私たちの目標は、ボルボの中、そして外においても、死傷者をゼロにすることです」と語る、この一連の取り組み。

運転手に働きかけるソフト面で目指すのか、自動車の素材改革などのハード面で目指すのか、今後の施策にも期待したい。

Reference: FASTCOMPANY
Top image: © Beata Zawrzel/NurPhoto via Getty Images
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

彼の名前は「Graham(グラハム)」。メルボルン大学の外科医、自動車事故調査官の意見をもとに、アーティストが製作した人体標本だ。まるでミュータントのよう...
Uberがムンバイの交通渋滞を緩和するための施策を発表しました。それが「Uber Boat」です。
「Kent Fire and Rescue Service」というイギリスの救助隊が公開した事故現場が、インスタレーションみたい!
交通事故を減らすために、リトアニアの第二の都市カウナスが地元のストリートアーティストとタッグを組みました。それは、横断歩道を渡る前に自然と周りに注意を向け...
干し野菜の王道「ドライトマト」を使って、自家製「ドライトマトのオイル漬け」をつくってみよう。
スウェーデンの自動車会社「ボルボ」から高級電気自動車ブランドとして独立した「ポールスター」が“サステナブル”をテーマにしたコンセプトカーを発表した。
いけないことだと分かりつつ「クルマが来ないから」と信号無視をして横断歩道を渡ってしてうこと、あるのではないでしょうか。でもそれって、あなたが思っている以上...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
NBA選手3人が、フェイクミート製品会社「ビヨンド・ミート」と提携し、ホリデーシーズンを祝福するクリスマスソングのオリジナルカバー動画を公開。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
沖縄「星のや竹富島」は2月13日より「海水淡水化熱源給湯ヒートポンプユニット」で汲み上げた海水の淡水化による飲料水の自給を開始。現在、竹富島で1日に使用で...
京都の甘納豆専門店「京・甘納豆処 斗六屋」が、チョコレートにヒントを得た新商品「加加阿甘納豆」を発売。同じく京都のクラフトチョコレートメーカー「Dari ...
リンゴとホップが織りなす爽やかなアロマにハマるシードルを見つけました。