LAの渋滞がひどいからフードトラックが営業を始めちゃった!

LA近郊と中心部をつなぐフリーウェイは、毎朝のように渋滞が起きることで有名。余談ですが、この渋滞を緩和するためにイーロン・マスクが地下トンネルを掘っていますよね。

事が起きたのは、8月24日午前中のフリーウェイ。その日は、トラックの衝突事故によっていつも以上の大渋滞が起きていたそうです。

FOXニュースのロサンゼルス支局がそんな大混乱のフリーウェイをレポートした動画には、フードトラックが営業を始めて、多くの人が列を作っている様子が映し出されています。きっと法律には反しているけど、こんなに運の悪い時でも周りの人を楽しませたフードトラックの店主には大きな拍手……いや、商売上手なだけか(笑)。

Top image: © iStock.com/FatCamera
【2018年版】世界の珍事件まとめ
バークレーやサンフランシスコに続き、9月18日にロサンゼルス市議会が毛皮の製造と販売禁止を決定しました。
一人ひとりがサステイナブルライフのあり方を模索するオランダ。今回取り上げるのは、すでに同国で3つのレストランをオープンしている企業「Instock」です。
『アイアンマン』シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主役の4役を務め、アメリカで「フードトラック」(路上で料理を提供する、キッチンを搭載したト...
数年前に話題となった“LAセレブに愛される朝食”を生んだ店「eggslut(エッグスラット)」が、9月13日、新宿サザンテラスにオープン。看板メニューをは...
9月20日にロサンゼルスを拠点にしているアーティストPlastic Jesusが新たな行動を起こしました。
美術館などのアート施設が近くにない人にも、アートを届ける素敵なプロジェクト。
パリで人気のフードトラックと言えば、「Le Camion Qui Fume」。肉厚でヘビー級だけれど随所にこだわりが見られ、美味なアメリカンスタイルのバー...
ピザハットが、10月30日、ピザを焼きながら配達もこなせるトラック「Tundra PIE Pro」を製造した旨を発表しました。
手元を明るく可愛くしてくれる、LA発テックアクセサリーブランド「CASETiFY」のiPhoneケース・カバーコレクション。イニシャルや名前も入れられる!
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
ロサンゼルスのプロジェクトは、「Cool Seal」という塗料を使って、道路を真っ白にしようというもの。景観を崩すわけではないから、東京オリンピックのとき...
メルローズアベニューのポールスミスの壁に「Go Fuck Ur Selfie」という落書きがされてしまいました。
以前にも「World Topics」の記事でご紹介したオレオのインスタアカウント。彼らがまた挑戦的な投稿をしました。
「ロサンゼルスのダウンタウン。ストリートに詰まった精神性やノイズ。壊れたままの建物や、アートとなって蘇った様々なもの。その全てに個性があり、その色やディテ...
クルマの技術的進化は止まることを知りません。ですが、趣味や遊びに利用するという面では、進化よりも成熟の方向に進んでいるよう。近年の顕著な例としてはモビリテ...
スペイン北部の都市オビエドの近郊にある教会「La Iglesia Skate」の紹介です。
ロサンゼルスの学校がヴィーガン給食の提供を予定しています。
高速道路が車でパンパン!それもそのはず。この写真が撮影されたのは、1週間ある中国の大型連休「国慶節」の終盤のこと。つまり、帰省ラッシュで料金所に渋滞が発生...
日本はあまり馴染みがありませんが、アメリカの図書館では本の貸出期限を過ぎると延滞料が発生します。そう、まるでTSUTAYA。『Los Angeles Ti...
話題作『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』は、シズル感に注目!? 「シズル感」ってことばを知っているだろうか? 料理を映画や本で紹介する時に、臨場感...