この車が現れるたび、ロンドンの「ハッピー」が増加する。

出会った人に「あぁ〜、最高」と、喉をうならせることで評判のふたり組がいる。

それが彼ら、イギリスじゅうを旅している『THE BUBBLE BROS』だ。

オート三輪を改造したバンで、何を売っているかというと、イタリア・ヴェネト州で育ったぶどうを使うスパークリングワインの「プロセッコ」。

折りたたみ式のチェアーに腰掛けて、祝杯の音を鳴らせば、なんてことない公園だって、自由自在に優雅な場所へ変えてしまえる。子どもの頃、気まぐれで近所にやってくるアイスクリームバンを、ささやかな魔法みたいに感じていたことを思い出してしまった。

"特別"をつくる男たち

旅人が気の向くままに旅をしながら、売り周るために始めたフードバンのはず。が、旅を始めてから2年間のうちに、彼らはイギリス各地の結婚式やフェスに引っ張りだこになっていた。これまでに参加したイベント数は、じつに500以上だって。

しかも調べてみたら、今や予約しないと彼らには会えないらしい。ちょっとまって、忙しすぎるのもどうかと思うけど(笑)。

フェスや野外イベント、結婚式、あらゆるアペタイザーとして、「ここに今あったらいいのに」。そんなセンサーを読みとるように、彼らのプロセッコは、それに気持ちよく応えてくれるのだろう。

味の良し悪しもそんなにわからないけれど、彼らの渡してくれる一杯は、おいしく感じるに違いない。そして「あぁ〜、最高」って、青空の下で満足げに笑いたくなると思う。それは彼らが、オフィス前の路上だろうと、住宅街だろうと、"特別"をつくってくれるから。

彼らは旅人というよりも、バーテンダーでもなく、きっとクリエイター。そう思えば、予約しないと会えないとしても、ちょっと許せる。

Licensed material used with permission by Ben Broad, (Instagram)
ロンドン市民でさえほとんどの人はその存在を知らないと思います。自分たちの大切な文化だというのに!
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
ロンドンで最先端のクリエイターが集る場所と聞けば、多くの人はソーホーを思い浮かべるかもしれません。でも、僕ならサウス・ロンドンの郊外にあるペッカムを推します。
ロンドンにある「Cereal Killer Cafe」は、シリアルをモチーフにしたカフェ。シリアルがトッピングされた可愛いドリンクがたくさん!
ワイングラスをモチーフにしてつくられた椅子『MERLOT』。丸みを帯びたグラスの曲線部分が背もたれになっていて、椅子の脚の部分はグラスのステム部分となって...
保護性もデザイン性も機能性も大事だけど、カスタムして遊ぶっていう感覚もアリだと思います。
ロンドンの5つ星ホテルThe Ned。その地下にあるバーのお話。
絵を売りながら旅をしていたMaxwell Tileseさん。イギリスへ行った時に、ロンドン市内にあった歴史あるパブに魅せられ、パブの絵を描いた。ロンドンへ...
ロンドン・ヒースロー空港での食事。制限区域内にある『キャビア ハウス アンド プルニエ シーフード バー』は「イギリスだから料理が不味い」の概念を覆します。
セント・ポール大聖堂を、ロンドンの一般的な道に再現しようというプロジェクト「LUCIDA BASILICA」の紹介。
チャームポイントはパッケージだけかと思いきや、意外と中身もいいんです。
ロンドンを拠点に活動するフォトグラファー、Alex Bartschさんのプロジェクト。写真集には40ヶ所以上の「聖地」が収録されている。
ロンドン市内に、新しいコンセプトのレンタカーが登場しました。なにが新しいって、これ観光専用なんです。もちろんレンタカーだから自分で運転だってできます。けど...
ロンドンのウエスト・エンドに位置するバードストリート。ここに、「歩いて発電する道路」が設置されています。
3月の初旬、ロンドンにあるパターノスター広場に、突如としてスイセンのお花畑が現れました。じつは、これはすべて造花なのですが、夜になるとライトアップされるの...
編集部の女性にも人気が高かった「SKANDINAVISK(スカンジナビスク)」のハンドクリームの紹介です。
クイーンズ・パーク・レンジャーズFC(通称QPR)のホームスタジアムがロンドン西部にある「ロフタス・ロード」。
イギリスにはこんな言葉があります。「朝、8時12分の気分でその日1日がどんな日になるかが決まる」。1日のはじまりを気持ちよくスタートさせるために、一人の男...
デザートカフェ「MILK TRAIN」の昨年の夏から販売しているスイーツが、ロンドンで爆発的な人気を呼んでいる。綿あめ×ソフトクリームという、「天国」を連...
2月中旬、ロンドンの中心へ、はるばる福島県からやってきた日本人がいた。
ロンドンのストリートライフを中心に撮影するEdo Zolloは、夜もふける頃にだけ感じることができる“邪悪なロンドン”を写し出す。彼いわく、深夜だけに聞こ...
今年9月に行われたロンドンファッションウィークに先駆けてロンドンの中心街ゲリラ的に行われたファッションショーがありました。主催は下着ブランド「Bluebe...
ちょっと皮肉めいてるものもあるけど、それもまたクリエイティブ?
長期休暇でせっかく海外へ行くなら、できるだけ多くの街を巡りたい。そんな旅が好みの人に、とっておきの記事を紹介しよう。「Central London Apa...