ビールを飲んで飲食業界を救おう!NYの醸造所が「All Together」プロジェクトを立ち上げる

ニューヨークを拠点にするビール会社「Other Half Brewing」は、感染症拡大のため休業を余儀なくされている飲食業界を救うためのプロジェクト「All Together」を立ち上げた。

このプロジェクトは、新たに立ち上げたレーベル「All Together Beer」を販売し、その売上の一部を飲食店経営者やスタッフに寄付するというもの。ビールのレシピはWEBサイトで無料公開されていて、全世界の醸造所で再現することできる。

また、商品ラベルや宣伝するためのWEBサイトも用意されており、世界中で「All Together Beer」を提供することが可能に。ビールは近所の醸造所で購入でき、その売上の一部が飲食店を支援する財団、もしくはローカルの飲食店へ寄付されるという仕組みだ。

現在すでに40以上の国で600箇所を超える醸造所が参画しているこのプロジェクト。いつもお世話になっている飲食業界の人たちに感謝しながら、みんなでおいしくビールを飲もう!

『All Together』

【公式サイト】

https://alltogether.beer/

『Other Half Brewing』

【公式サイト】

https://otherhalfbrewing.com/

Top image: © All Together
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事