行きつけの飲食店を「さきめし」でサポート。期間限定で手数料無料!

「さきめし」とは、外出自粛などで今は行けない自分のお気に入りの飲食店に食事代を先払いし、新型コロナウイルスの影響が落ち着いた時期に食べに行こうという活動を支援するプロジェクト。

具体的な応援の方法は二通りあり、登録されている行きつけのお店のチケットを購入することで未来の飲食代を先払いする方法と、集まったお金がすべての登録飲食店に均等に分配される“寄付”という形だ(受付期間:5月25日〜5月31日)。

また、「さきめし」では食事代を先払いする際、通常10%の手数料がかかるが、5月25日(月)から期間限定で「サントリー」が手数料を負担してくれるという。「さきめし」をサポートすることで、継続的に飲食店を応援したい、日本が誇る食文化を守っていきたいという思いのもと、同社は手数料負担と寄付金合わせて1億円を拠出するとのこと。

応援の受け付けは、本日スタート。一人一人の小さな行動は、きっと飲食店の大きな支えになる。

大好きなお店で、またおいしいごはんを食べられる日が必ずやって来ますように......。

さきめし

【公式サイト】https://www.sakimeshi.com/teaser/

Top image: © 2020 サントリーホールディングス株式会社
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

飲食店即時予約サービス「TABLE REQUEST(テーブルリクエスト)」がInstagram上で即時予約できる新たなサービスの提供を10月12日より開始した。
新型コロナウイルスの影響で苦境に立たされている飲食店。そんな飲食店を救うための食券の事前購入サービス「Ticktime(チケッタイム)」をご紹介。
WEBサイトからドリンクボトルを注文し、ボトルキープができるプロジェクト「Bottle Keep Tokyo」がスタート。元気をくれた馴染みある飲食店を支援
「BEAMS(ビームス)」が、お店の名前とイラストがデザインされたTシャツを販売し、売り上げの一部を寄付する、飲食店応援プロジェクトを期間限定でスタートした。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
新型コロナウイルス感染拡大の影響により、休業、営業縮小を余儀なくされている飲食店を支援すべく、「出前館」と「ライドオンエクスプレス」が飲食店従業員(アルバ...
新型コロナウイルスの影響により窮地に立たされている地元飲食店を支援するため、渋谷区恵比寿の情報を地域密着型で配信するWEBマガジン「恵比寿新聞」が、テイク...

人気の記事

2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
近年注目を集めた雪駄×スニーカー「unda-雲駄-」からアップデートモデル「unda 2.0」が登場。
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...