猛スピードで歩ける「ウォーキングバイク」が登場。ナンダコレ!

遠くから見ると自転車だが、どうやらペダルは漕いでいない。では、自動で走る電動スクーターなのか?といえばそれも違う。ドライバーはその乗り物の上を"歩いている"のだ。これは一体、なんなのだろう?


斬新な発明!
「ウォーキングバイク」

A9bd40c401f61554defda2403e384ebb1e9c4d92

アウトドアが大好きなオランダの発明家Bruin氏は、どうしても自転車に乗るという行為が好きになれずにいたそうだ。なぜなら「せっかく外に出ているのに、なんでイスに座らなければいけないんだ」と思っていたから。

同氏は考えた。そしてこう思った。「ランニングマシーンが走ればいいんだ」。そうして生まれたのがこの「Lopifit」。

床にあるベルトを、足で後ろに押す。そうして中のシャフトを回すことでエンジンが稼働する。ランニングマシーンの要領と同じだ。これなら足の長さはもちろん、年齢や運動神経も関係ない。坂道だってパワフルに登れるのだとか。

実はこの発明品、購入できる。2014年に動画が話題になった際、多くの人から問い合わせが殺到し、実際に製品化された。

ホームページによれば、ギアが3段階に設定されており、最大速度は20kmほど。エンジンは電動モーターで動く。価格は日本までの送料を含めると2,094ユーロ(約28万円・うち送料が4万円ほど)だ。

バイクを買ったほうが安いと思うのも仕方がない。が、どうしても座って移動したくない、自転車は苦手だ、でも運動はしたい、なんて思っている場合には唯一無二の移動手段となりえるかもしれない。まさに個人用の「動く歩道(エスカレーター)」といった感覚だろうか。

買うかどうかは別にしても、一度は乗ってその感覚を体験してみたいものだ。

Licensed material used with permission by Lopifit
もはや、この乗り物を自転車と形容することのほうが正しくないのかもしれない。そんなプロダクトが最初に登場したのは2014年のこと。1本の動画に世界が釘付けに...
オランダで活躍するデザイナーMilou Bergsさんは、従来の自転車スタンドを「目ざわり」だと言います。そんな彼女が発明したのは、使っていないときは地中...
サイクリストにとって、バイク周りのグッズはかっこよく揃えたいもの。「Oi」はミニマルでハンドルになじむ、スタイリッシュなバイクベルです。開発したのはオース...
ロードバイク乗りにとって、日々の移動やツーリング時、ちょっとした荷物を何に入れるかというのは頭を悩ませるポイント。バッグパックは動きに制限が出てしまうし、...
ニューヨークやロンドンの街角で、道路標識に一台の白い自転車が括りつけられているのを見たことがあるだろうか?いつも同じ場所に固定され、薄汚れた姿は、一見する...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとしたバイク。頻繁に収穫できるとい...
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
くりくりお目々がチャームポイントの男の子、Tima Kuleshovくん。彼の得意技は、かけっこでもテレビゲームでもありません。こんなに可愛らしい顔をして...
ヨーロッパの航空機メーカー、エアバス社の子会社APWorksが作ってしまったのは、3Dプリンターでフレームを作成した電動バイク「Light Rider」。...
味は普通だけど、あるモノが入ることで約14万円で売られているジンがあります。だけど、バイク好きだけにはウケるんだとか。中でも、ハーレーをこよなく愛する人に...
ひと昔前に比べて、だいぶオシャレさを増した室内用のフィットネス機器。それでも機能優先で、どうしたって“ギア”感がついてまわる。そこで、こんなエアロバイクの...
老若男女カンケイなし。裸になって、自転車でGO!そんな様子が話題になったこのイベント。一体何ゴト!?ここで紹介する「ネイキッド・バイク・ライド」は、201...
バランス感覚を養うことで、補助輪なしでもすぐに自転車に乗れてしまうとあって(わが家も一発OK)、いまや子どもたちの三種の神器のひとつとも呼べるのが、ストラ...
「Smacircle S1」は、5つのステップで折りたためる電動自転車。それなりの大きさのバックパックなら、中に入れて持ち運ぶこともできる。車輪が中に折り...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
視界の明るさが自動で切り替わるアイウェアが登場しました。特に自転車に乗る人にとっては便利かも!明るさを認識して、瞬時にレンズの色の濃さが変化します。 ロー...
中国・上海のBMWグループのテクノロジー部門によって、練られたアイデアは、電動自転車専用のハイウェイを建設するというもの。屋根もつけられる予定なので、悪天...
ハイテク企業が集まっているカリフォルニアのオレンジ・カウンティより、超カッコイイ電動自転車が登場。その名も「Super 73’」!その名の通り、70年代の...
カスタマイズする醍醐味は、自分の思い通りのスタイルですべてを作れることにある。当然のごとく、1台1台はカタチが違ってくる。世界でたった1台のものを所有する...