どれだけ走ってもCO2が増えないバイクの仕組み

去る8月2日、世界は「Earth Overshoot Day」を迎えました。これは、地球が供給できるエネルギーを人間の需要が上回ってしまう日。以降は地球へ”借金”をしている状態だとされます。

環境に配慮するひとつの手は、車やバイクに乗るのを控えること。だけど、生活の一部になっているから、正直これらを手放すことは難しい。だとするならば、新しいエネルギー源を作り出すことが大切になってきます。

「光合成で取り込んだ
二酸化炭素が排出されるだけ」

Photo by Jesse Kraal

デザイナーRitsert Mansと科学者Peter Mooijが協力して作ったのは、海藻から抽出したオイルをエネルギーとするバイク。複雑な工程を経て特別に作られたものではなく、オリーブオイルのように単に油を取り出したとのこと。

Peterは「海藻がバイクの燃料になっても、光合成で取り込んだ二酸化炭素が排出されるだけなので、その総量が増えることはない」とNew Atlasに語っています。

Photo by Jesse Kraal

ちなみに、ボディに使われているのは再利用された木材。「リユース」は、Ritsertのこだわりのようです。

砂浜に打ち上がっていたり、海に漂っていたりする海藻を使うというアイデアは、環境に気を使っている彼だからこそ、思いついたのではないでしょうか。

Licensed material used with permission by Mans Maakt
他の記事を見る
燃料は水だけ!?ブラジル人発明家の男性がつくりだしたバイクは、ガソリンを使わずに走れて、たった1リットルの水で500kmもの距離を走行することができるとい...
ノルウェー企業が開発した「Podbike」は、小型自動車のような見た目をしているけど、電動アシスト自転車なんだとか。要するに、ペダルを漕いで初めて動き出す...
2018年になってから、今まで以上に注目されるようになったゴミ問題。インドのスタートアップ「KARMA Tips」は、2016年からユニークな方法で環境改...
社会の常識にとらわれることなく自分らしさを追い求めるために街を駆け抜けているそう。
「Vaev」という企業は、使用済みティッシュを販売しています。効果があるのかどうかは分かりません。オススメなんて絶対にしません。だけど、真面目にビジネスを...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
地球温暖化や気候変動、公害などの環境問題を漫画で伝える少年がいる。ブルックリン出身のJaden君だ。主人公として作品中にも登場。他にも彼の友人がキャラクタ...
環境汚染の要因の1つで、世界的に大きな問題となっているペットボトル。カメルーンでも、ゴミとなり道路脇に溢れかえるなどの深刻な問題となっている。その状況を解...
イタリア人デザイナーMario Trimarchiが手がけたバイク「Samotracis」。ポイントは、ボディを覆っている銅です。100年経ってもイケてる...
食堂でも屋台でも夜市でもない、台湾家庭の味を伝える「台湾キッチン かのか」。薬膳鍋がうまい!
あまりにも静かな抗議。でも、見ると思った以上にインパクトがあるんです。
「glafitバイク GFR-01」は、重さが約18kgで、持ち運ぶのもラクラク。加えて、コンパクトに折りたたむこともできるそうです。
彼の名はロブ・グリーンフィールド。持続可能な社会を目指し、環境保護を訴える活動家だ。特注の透明スーツを羽織り、これから30日間で自分が出すゴミをすべて身に...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
大気汚染や水質汚染問題など、汚しているのは人間だけど、結局のところ最後に困るのも人間だと思う。オランダの環境問題について真剣に考えるAlice de Kr...
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
アメリカでの「Black History Month」で、2月にはアフリカ系の人々に敬意を表するイベントやキャンペーンが多く行われていて、Nikeは毎年の...
『湘南爆走族』は、吉田聡よる暴走族を題材にした不良漫画だ。この漫画を読んで、俺はバイク乗りになった。
アメリカ人男性3人によるスタートアップ企業Bureo社が、ユニークな手法で環境問題にアプローチしています。もっとも、ここでいう環境問題とは「海洋汚染」。美...
アメリカ・カリフォルニアを拠点にする2人のサーファーが作ったモノは、タバコを材料にしたサーフボードでした。背景には、自然に対する想いが影響しているようです。
ホームレス問題が深刻化するカリフォルニア。状況を改善するためにロサンゼルス市長が建設会社に相談。考案されたのは、コンテナを使ったフードホールでした。
「Bosch」が開発したのは、バイクのタイヤが横滑りしたときに、これを検知すると同時に一気にガスを噴出させる機能。滑っている方向とは逆の力を発生させること...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...