パリ・セーヌ川沿いの風景を時計にしてみたら…

……え、時計だったの?と、思わず心の中で呟いてしまった。

このアンティーク調な建物のオブジェ、窓にともる光で時間を知らせてくれるというシロモノ。何時を指し示しているのか、慣れるまで時間はかかりますが、ひとたびそれが理解できたら、時計を“読む”のが楽しくなりそうです。

では、問題です。

これ、何時だかわかります?

正解は……「15:34」
でも、ナゼ?

建物1階部分にあたる窓を「1」、2段目は「2」、3段目は「4」、4段目は「8」を表しています。それぞれの窓の明かりを縦の列で足すことで、時間が分かるという仕組み。この計算式、「二進法」のロジックだとか。

いまいちまだモヤモヤしている人、これならどうでしょう。数字が入っているとより理解しやすいはず。

つまり、ここでは「21:57」ということに。

ではもう一度、実物と見比べながら計算しましょう。明かりが灯っている窓を、前述の二進法にあてはめて時間を導き出すと……16:48!

自分だけにしか解けない暗号のような気が。それにしても、本当に誰かがそこで生活しているようにも見えるから不思議です。

パリの街明かりが
アイデアをくれた

さて、デザイナーでありエンジニアのLucasさんによると、セーヌ川のほとりに建ち並ぶアパルトマンにアイデアを見出したそう。夜のとばりが下りたあと、あるじが帰宅し、ポッとまばらにともる窓の明かりを見たとき、きっと「これは使える!」と閃いたんでしょうね。

じつを言うと彼、発明家でもあるんです。それにしても、単に建物を9階建てにするんじゃなく、二進法で時間を表したあたり、思いつかないなぁ。

「Kickstarter」でクラウドファンディング中のこの時計、正式には「The City Clockと言うそうですが、アイデアマンの発明品に世の人たちはどれだけ出資したと思います?最終的に目標額の4倍に到達だというから驚き。

さりげな〜く時間を知らせてくれる時計、「いま何時かわかる?」なんて、誰かに自慢したくなりました。

Licensed material used with permission by La Fabrique DIY

関連する記事

5月にセーヌ川にオープン予定の美術館があります。その名も「Fluctuart」。入館は無料で、年中開館することになるんだとか。屋根の上からはグラン・パレを...
穏やかな週末を過ごす人々が行き交うパリで、セーヌ川に突然打ち上げられた「クジラの死骸」。その生々しさに、街にどよめきが起こりました。クジラの周りでは、防護...
恋愛が似合う街、パリ。これに頷けるかどうかはさておき、チュイルリー庭園やルーブル宮殿、エッフェル塔やモンマルトルの眺望にロマンティックのかけらもないという...
ソーシャルディスタンスが叫ばれるなかで、ドライブインシアターやドライブインライブなるものが流行中。世界各地の文化施設でさまざまな工夫により営業が開始されて...
4月15日(木)、「土屋鞄製造所」から、長く使える革のエコバッグ「レザーエコトート」の新色が発売。
リヨンの川やサントロペの海を駆け抜けた水上タクシー「SeaBubbles」。近く、パリにも導入予定らしい。フランスだけでなく、スイスやUAEも興味を示して...
エクササイズはエクササイズでも、真っ暗な中でボクシングをしたり、エアロバイクを漕いだりする「暗闇エクササイズ」なるものが人気の昨今。その理由のひとつには、...
コンクリートがむき出しになっているような「TANGENT」。限りなくムダを削ぎ落としている時計です。
華の都パリ──なんて呼ばれるように、キラキラしていて華やかな面もたくさんあります。でも、それは外側から見るパリの一面にすぎないんじゃないでしょか。パリに住...
以前からできるできると噂されてはいましたが、ようやく誕生しました。「Apple Store」のパリ・シャンゼリゼ通り店です。
平飼いの養鶏場と、卵を使ったカフェレストラン「eggg cafe」の運営している株式会社egggが、卵の殻を使った新しい洗顔フォーム「TSURUTAMA」...
0時から6時にかけて“しぼみ”、6時から12時にかけて“ひらく”。「Solstice Clock」は、まるで花が呼吸しているかのような壁かけ時計です。
今年4月、パリの11区にオープンした『Atelier des Lumières』は、全く新しい形の美術館。以前は工場だったこの施設の壁には、プロジェクショ...
イタリアの時計ブランド「トリフォグリオ イタリア」の新作腕時計「VAULT(ヴォルト)」には、隠し金庫の機能が搭載。小銭や錠剤、メモリーカードなどが収納で...
淡いブルーが特徴的な、パリ13区にある小洒落たマクドナルド。市内にある最も古いマクドナルドのひとつで、改装にあたり、イタリア・ミラノ出身のデザイナーである...
パリのヒップスターエリアにブティックを構えるファッションブランド「Maison Château Rouge」の紹介です。
Maarten Baasさんというアーティストが手がけていて、“時計の中にいる人”が短針と長針を書いたり消したりして、時刻を教えてくれるユニークなデザインです。
2018年で7回目の開催となる「Amsterdam Light Festival(アムステルダムライトフェスティバル)」。アムステル川沿いを中心に街のいた...
去る11月、パリでテディベアが大量発生したというニュースが、世界中を駆け巡ったことをご存知ですか?カフェで休んだり街灯のポールに登ったり……。とにかく可愛...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。

おすすめ記事

3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
「ラムを作ろう、壁ではなく」というタイトルのユニークな動画広告は、オーストラリアのラム肉メーカー「Australian Lamb」が制作したもの。「私たち...
NBAの「ロサンゼルス・レイカーズ」に所属している選手、アンソニー・デイビスが着用し話題となっていた「ナイキ」のサステイナブルな新作バスケットボールシュー...
1月4日、米「中央情報局(CIA)」の公式サイトが刷新され、現代風にアップデートされたロゴが公開された。どうやら若者へ向けた採用活動を大きく進めるためのリ...
「beta post」の「Homeless Backpack」の紹介。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
手持ちのマスクが最強になるスペシャルなマスクカバーが、トラベルギアブランド「TO&FRO」から発売。
カナダのアパレルデザイナーが開発したパンツ専用のハンガー「The Jean Hanger」がシンプルなのにスゴイ。ハンガーラックにかけられてシワの発生を防...
「Minsord」はドリルではない。重さはわずか500g、服のポケットに簡単に入れられるiPhone並のサイズ感ながら、コリの最大の原因であるねじれた筋膜...