星空を見上げられる窓が開発中

「都会は建物がひしめき合って、窮屈。部屋は狭いし、普段の生活の中で空を見上げる機会なんてほとんどない」。
自身のHPでそう述べるのは、アルゼンチンの建築家Aldana Ferrer Garciaさん。彼女はこの状況を解決するために、画期的な窓を開発しています。

毎日キレイな星空が見える
家から飛び出る窓

th_スクリーンショット 2015-11-04 18.49.19彼女が開発しているのは、外に出っ張る窓「More Sky」。
上部がガラスになっているので、窓に寝そべることで部屋の中から空を見上げることができるのです。

th_スクリーンショット 2015-11-04 18.58.29高所恐怖症の人はちょっと怖いかも知れませんが、うつ伏せになって下の様子を見ることだってできます。
th_スクリーンショット 2015-11-05 8.08.40

角度も調整可能で、アングルによってさまざまな景色を楽しむことも。

th_スクリーンショット 2015-11-04 19.06.39

部屋が広く見える効果も!

空を見上げられる、ということ以外にも嬉しい効果があります。
窓を外側に広げて、部屋に光を取り入れることで狭い部屋でもグッと広く見えるのです。例えば、こんな感じに。

th_スクリーンショット 2015-11-04 19.06.52Aldanaさんによると、2016年春には試作品が完成する予定だとか。
安全面は少し気になりますが、この発想はなかった!と驚いている人も多いはず。近いうちに、More Skyの普及する日が来るかもしれませんね。

Licensed material used with permission by Aldana Ferrer Garcia

シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発しているのは、建物の窓ガラスが太陽光発電できるパネルになる優れもの。その見た目...
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
神戸風お好み焼きの特徴は、牛すじをこんにゃくと一緒に甘辛く炊き上げた「ぼっかけ」を使っていること。もともと神戸牛や但馬牛などの畜産が盛んだった近畿地方で、...
ちゃっかりアイラインまで引かれてます(笑)。
まだ電気のない時代に、美しく輝く夜空の星を見て感動した人々。彼らが、モミの木の周りにロウソクを飾って星を再現しようとしたことが、イルミネーションの始まりと...
自分の居場所と外の世界を隔てる「窓」。その向こうに何が見えますか?
いま、世界の建築シーンでトレンドといえるのが「キネティックファサード」です。つまりは可動式要素をファサードに取り入れた建造物。その技術を集合住宅に活かした...
グルメやショッピングなど、私たちが旅行に出かける目的はさまざまです。が、「見たい景色がある」ということは、その最たるものと言えるのではないでしょうか。日本...
秩父市と深谷市、埼玉県の2つの市が育んだ味が融合して生まれた絶品おかず「深谷焼きねぎ秩父味噌」。おにぎりの具や野菜スティックの付け合せ、お味噌汁にもおすす...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
それは、風景写真と星空写真の加工作品。「星空アート」の世界観、とくとご覧あれ!実際に撮った写真を編集し「星空アート」を作り上げているのは、「だいなり」の名...
この「宙フェス」を簡単に説明すると、星空の楽しみ方を一堂に集めた野外イベントで、2014年から開催。アートやサイエンスはもちろん、宇宙にまつわる雑貨を揃え...
夏の間だけ星空の下に開館する映画館。あなたは、そんなロマンチックな空間の存在を知っているだろうか?舞台となるのは八ヶ岳の麓、長野県原村。実は、毎年夏になる...
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
4月に開催される世界最大規模のデザインの祭典「ミラノデザインウィーク」に、音の風景が展示される。
縦型の27インチディスプレイの「Atmoph」は、壁にかけると窓のように見えインターネットに接続して世界各国の美しい景色を、映像と音声で楽しめるデバイスで...
お客様の中に、「飛行機の窓フェチ」はいらっしゃいますか?
「Amphibio」は、デザイナー亀井潤氏によって開発された人間用のエラ。地球温暖化により、人類が地上に住めなくなったシーンを想定して作られているとのこと。