この発想はなかった。手が届かないところもキレイにできる「窓拭きツール」

窓が汚くて雑巾で拭いたのに、まったく綺麗にならない。「あっ、反対側の汚れだったのか…」なんてことがあります。

ここで、外に出て拭けるようならまだOK。でも、ベランダがなく高所の場合はお手上げです。たとえば↓のようなシチュエーション。

こんなとき、どうする!?

窓拭き 外側

当然、手が届く範囲は限られます。

外側の窓拭き

かといって、これは危ない危ない。

内側と外側の窓拭き 便利ツール窓拭き 便利

そこで、この「Glider」の出番。赤色の本体2つで、窓を挟むようにして使います。

それぞれには強力な磁石が備わっているので、内側のワイパーに連動して外側も動く仕組み。本来は手の届かないところも綺麗にできるだけでなく、一度で両側を掃除できるため、前述のような“反対側だった問題”ともサヨウナラ。

窓拭き 外側 磁石窓拭き 磁石 便利内側と外側 一気に拭ける 窓拭き窓拭き 便利ツール 磁石

クロスを使えば、水拭き後に残った線も綺麗に拭き取り可能。シンプルな仕組みですが、この発想はなかったかも。

価格は47ドル(約5,300円)からで、購入はコチラ。寒い冬も暑い夏も、屋内にいながらにして、外側を掃除できるメリットも嬉しい!

Licensed material used with permission by Tyroler, facebook
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
マスクの内側に貼って使える「固体酸素シート」は、 呼吸をしやすくするだけでなく、ウイルスやバクテリアの除菌、抗菌、消臭性能にも優れ、いつものマスクを手軽に...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
ひとり暮らしの女性の部屋に、インテリア感覚で置けるハンディクリーナー「Drip」。淡いピンクで温かみがあり、春っぽい、柔らかな色合い。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
シンガポールのNanyang Technological Universityが開発したデバイスは、アクティブノイズキャンセリング機能があり、窓に取り付け...
今回は、ライターRが「OHNUT ALOE」を初体験した感想をお届けします。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
2019年1月31日からニューヨーク発ボストン、ダラス行きで運行が開始される、デルタ航空のエアバスA220-100型機。トイレに窓があり、快適な空の旅が楽...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
ビジュアルアーティストのJason Allen Lee氏が制作したWindowという作品。開いている窓からひたすらに他人の日常を撮影し続けています。「プラ...
一生忘れられない宿泊体験を提供するホテル(?)が世界にはたくさん。もちろんここ日本にも。
先週10月22日(木)から規格外品を集めた展示販売イベント「NO PROBLEM store」が「パスザバトン表参道店」内の「パスザバトンギャラリー」で開催中。
この窓があれば、いつでも外の様子を感じることができて、日常の景色がちょっと明るくなるはず!
自分の居場所と外の世界を隔てる「窓」。その向こうに何が見えますか?
「The Magic Water」は、特殊な技術で抽出したアルカリ性の水のクリーナーです。つまり、原料は水オンリー。界面活性剤どころか、水以外は一切使って...
Andre Goncalvesさんが窓の魅力に気がついたのは、今から8年前、2009年のこと。それ以来、ポルトガルを拠点に3,000以上の窓ばかりを撮影し...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...