日本の住環境にマッチした「Dyson」の新たな掃除機とは?

「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機。」のキャッチコピーでお馴染みの「Dyson(ダイソン)」の新製品は──日本向け

6月22日に発売された「Dyson Digital Slim コードレスクリーナー」は、メーカーいわく「日本の住環境のために開発した」とのことで、その使い勝手のよさと機能性に注目が集まっている。

前モデルとなる「Dyson v11」比で25%軽量化し、重さは驚異の1.9kgを実現。シールやリベット、機構の厚みなどを削減することで、吸引力を変えることなく、使いやすさが大幅にアップグレードされているのだとか。

また、日本人の平均身長を考慮して本体サイズも20%小型化。グリップやハンドルは手の小さい人でも握りやすいように改良され、小柄な女性の方でも快適に使用できる。

前モデルで話題となった、バッテリー残量の表示や吸引モードを変更するための液晶ディスプレイもしっかり搭載。

面倒なお部屋掃除が楽しくなる(かもしれない)新製品をお楽しみに。

©️Dyson / YouTube

『Dyson Digital Slim コードレスクリーナー』
【製品ページ】https://www.dyson.co.jp/dyson-vacuums/cordless/dyson-digital-slim.aspx#

Top image: © Dyson
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
工業デザイナーのSaharudin Busriさんが考案したDyson Inspired Concept Motorcycle。ダイソンがもしもバイクを造...
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
同社の掃除機や空調家電は、知らない人を探すほうが難しいくらいの知名度。でも、「照明」の存在を知っている人は、意外と少ないのでは?恥ずかしながら、かくいう自...
7月14日、「バーガーキング」が「ゲップ」と「オナラ」をする回数の少ない牛を飼育し、その肉を使ったワッパーの販売を発表。
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
最近では女性の活躍を応援しようとさまざまな企業で取り組みが行われている。その根本にある考え方が「フェミニズム」。この記事ではフェミニズムの意味やどのような...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
「ダイソン株式会社」が新製品「Dyson Pure Humidify+Cool」を発表。
「ダイソン社」の慈善団体が、在宅中の子どもたちのために身近なものを使ってできる44の実験プロジェクトを無料公開した。
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
Instagramが短尺動画の新機能「Reels(リール)」を発表。動画編集機能が拡張!
革製品ブランド「土屋鞄製造所」の鞄職人が作る「スイカ専用バッグ」が、六本木店と渋谷店で期間限定で展示される。
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
キーボードの隙間掃除に使っているエアダスターです。microUSBによる充電式。何度でも繰り返し使えるし、ガス臭さはナシ、噴射するエアも十分。シンプルな作...
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
地域インフラが整い、「クリーンさ」を強く印象づける国・シンガポール。新たなクリーン戦略の一環として、学校教育の現場で生徒たちによる放課後の清掃が、2016...