ササッと掃除したい時は、コロコロより「ほうき」でしょ!

部屋のなかで、ちょっと汚れを集めたい時ってありませんか?だけど遅い時間だと、掃除機をかけるのは音が気になって気がひける。

そんな時、コロコロやワイパーもいいのですが、意外にアナログなアイテムでお掃除するのもいいかも。

山形の〈工房ストロー〉のわらほうきミニは、稲穂からお米を取ったあとの実子(みご)とよばれる部分から作られるホウキ。

カーペットや絨毯の掃除にも向いていて、繊維にからみついたゴミまで浮かせて集めることができるんだそうです。

お掃除道具は、なるべくなら隠しておきたいアイテムのひとつですが、こちらのホウキは扉のノブなどに掛けておいてもインテリアの邪魔をしません。

ホウキって渋いデザインが多いですが、こちらは麻紐の色合いがポップでかわいいのも特徴的。2色の組み合わせは、下の写真にある10色からお好みで選ぶことができます。

注文を受けてから作ってくれるそうなので、届くまでには3週間ほどかかりますが、待っている時間も楽しみのひとつと気長に待ちましょう。

Licensed material used with permission by 工房ストロー
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
丁寧に暮らす。テクノロジーに頼りすぎない生活のよさが改めて感じられそうです。
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
編集部員が「WET FOR HER RockHer」を初体験した感想をお届けします。
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
イタリアに拠点を置くデザイン事務所「F. Taylor」が開発したカーペットは、掃除をするのが簡単なだけでなく、不要になったら自然に還るエコな製品。
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
「Dyson」は、日本の住環境と日本人の平均身長を考慮して開発した「Digital Slim コードレスクリーナー」を発売。25%の軽量化と20%の小型化...
総合酒類メーカーの「明利酒類」は、焼き芋の凝縮された甘みに注目して研究開発を進め、新感覚の焼き芋カクテル“酔う焼き芋”を完成させた。さつまいものなかでもっ...
イタリアが生んだ人気ファッションブランド「ヴェルサーチ」の2021春夏コレクションにプラスサイズモデルが起用され、公式Instagramにはブランドへの称...
ひとり暮らしの女性の部屋に、インテリア感覚で置けるハンディクリーナー「Drip」。淡いピンクで温かみがあり、春っぽい、柔らかな色合い。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
カラバリ豊富で、日本でも購入可能のようです。