掃除機もぞうきんも必要なくなる「革新的なほうき」が誕生

掃除機、ほうき、ぞうきんを使い分け、もちろん室内と屋外でそれぞれ異なる用具を準備して......と、こだわりはじめるとキリがないお掃除。

でも、応援購入サービス「Makuake」で先行販売を実施中の「Tyroler(ティロラー)」があれば、そんな面倒から開放されちゃうかも?

シリコン素材でできたほうき「Tyroler」は、穂先が床にフィットするよう変形し、ハイパワーなゴミ収集力を実現

8層の毛で構成されるヘッド形状により、一般的なほうきでは回収しづらい髪の毛ペットの毛もごっそりキャッチしてくれ、しかも、摩擦によって掃き掃除の途中でゴミがこぼれてしまうこともないのだとか。

シリコーンほうき「Tyroler」の掃き掃除
©Makuake
シリコーンほうき「Tyroler」のカーペット使用例
©Makuake

さらに、掃き掃除水掃除を一本で実現する2in1スタイル

デッキブラシのようにゴシゴシと掃除ができ、床にこびりついた汚れを一掃。しかも、裏返せばクレーパーにもなり、水掃きはもちろん車のガラス掃除にも使える優れものなのだ。

ほかにも、ヘッドは40cmとワイドで掃除効率がよく、角度調整のアジャスターを搭載、3段階の長さ調整などなど、あったら嬉しい細かい機能もバッチリ完備。

ヘッド部分は水洗いでサっときれいになり、使い捨てやリフィル交換なども不要と使い勝手のよさも格別。

欧州で爆発的ヒットを記録した革新的なほうき、使ってみたくない?

シリコーンほうき「Tyroler」の水掃除
©Makuake
シリコーンほうき「Tyroler」本体
©Makuake

『シリコーンほうき Tyroler』
【商品ページ】https://www.makuake.com/project/tyroler/

Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
「バルミューダ(BALMUDA)」がブランド初となるコードレス掃除機「BALMUDA The Cleaner」を発表。発売は11月17日(火)から。
掃除の夢の意味とは?掃除する場所や掃除道具の種類、シチュエーション、心理別に夢占いの専門家が解説します。
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
「本当に使いやすい保冷バッグとは?」を考えて開発された「U-seful(ユセフル)」。驚きの保冷性能、使い勝手をよくしてくれる工夫などの魅力が満載。現在「...
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
清掃機器の最大手メーカーであるドイツ「ケルヒャー」が、世界各国の清掃習慣や掃除に対する意識を調べるためにアメリカ、フランス、ロシア、中国、日本など11ヵ国...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
「Dyson」は、日本の住環境と日本人の平均身長を考慮して開発した「Digital Slim コードレスクリーナー」を発売。25%の軽量化と20%の小型化...
ポーランドの木製アクセサリー製品ブランド「Oakywood」より、木製のよさをとことん活かしたスタイリッシュなApple製品充電ガジェット「3 in 1 ...
サンノゼに拠点を置く企業Aeronesが、ラトビア・リガでデモンストレーションを行った時に使われたドローンは、高層ビルの窓を掃除できるんです。汚れを検知し...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
毎日使う場所だからこそ、汚れやすいトイレ。しかし、トイレには便器や換気扇など、様々な設備がついているだけに、掃除も一筋縄ではいきません。意外と知られていな...
布団クリーナーでお馴染みの「RAYCOP」より新商品が登場。持ち運びがしやすく、手軽に除菌&掃除ができる新時代の必需品。
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
クラウドファンディング実施中の折り畳み式洗濯機「MobileWasher」。世界最小クラスのサイズ感からは想像できない1kgの大容量が特徴。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
できることなら、年明けはきれいな家で、新たな気持ちで過ごしたいものです。年末にやりかけていた掃除のあとが目に入ると少し残念な気持ちになりますよね。今回は、...
キーボードの隙間掃除に使っているエアダスターです。microUSBによる充電式。何度でも繰り返し使えるし、ガス臭さはナシ、噴射するエアも十分。シンプルな作...
「水で洗って何度も使えるノート」が、新たな進化を遂げた。メモすることのハードルを徹底的に下げたデジタル時代の革新的ノートが完成した。
人生の1/3もの時間を過ごすベッドには、肉眼では見えない細菌やウイルス、ダニがたくさん!そんな健康に被害を及ぼす可能性があるものを除去してくれる「お掃除ロ...
アリゾナ発のスタートアップ「Solar Breeze」が開発した、屋外プールに浮くゴミを取り除くAIロボ「Ariel」。ビート板のような形状で、フワフワ水...
「今後はもう耳掃除をするべきではない」目を疑うような内容の記事が「Simple Organic Life」に掲載され話題となっています。でも、それって汚く...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
「ゴキすぅ~ぽん」は虫嫌いな株式会社バリアホームの代表取締役のアイデアを結集し、ゴキブリなどの害虫を苦手とする人を対象に開発されたアイテム。掃除機の吸引力...
合成でしょ?と思わず疑ってしまいそうな浮遊写真。フォロワー数27万人の超人気インスタグラマーhalnoさんの作品は、どれも本当に飛んでいるんです。いや、厳...
もしかすると近い将来、街の清掃員たちはこれに乗りながら掃除するかも!?韓国を拠点にするデザインスタジオ「Fountain Design」が提案する「The...
医療現場でも使われる殺菌技術を搭載した「LUMI」。その機能と効果とは?
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...