ソレには見えない「ハンディクリーナー」

ひとり暮らしの女性の部屋に、インテリア感覚で置けるハンディクリーナー「Drip」。

デザイナーChristoph Andrejcicさんが手がけたソレは、淡いピンクで温かみがあり、春っぽい、柔らかな色合い。それでいて、ハンドル部分がないため形はスッキリ。

なにかのガジェットやオブジェのような姿は、自宅に置いていても違和感を感じないどころか、掃除機だとも気づかれないくらい。彼氏が遊びに来たら、会話の種になるかもしれません。

©2019 Christoph Andrejcic
©2019 Christoph Andrejcic
Top image: © 2019 Christoph Andrejcic
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
旅行や出張先のホテルで洗濯したものを「どうしても翌朝までに乾かしたい!」なんてことはありませんか?そんなときに便利なのが、超小型乾燥機「ハンディー・セコ」...
〈ソフト99コーポレーション〉のメガネクリーナーは。モバイルサイズのハンディタイプがあるのがポイントです。
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
成功の背景には数々の失敗あり。これは、「Inc.com」にてGordon Tredgoldが紹介したジェームズ・ダイソンの言葉。彼が幾多の失敗からつかんだ...
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
ひとり暮らしは、自由の象徴。全裸で踊り狂ったって誰もあなたを咎めません。ただその分、責任も発生します。「Elite Daily」のライター、Laura A...
「Elle Voyage」は、「旅は好きだけどひとりでは行けない!」という女性のためのツアー会社。設立したのは、自身も旅が大好きなDawn Simoneさ...
誰の目も気にすることなく、のんびりと生活できる「ひとり暮らし」。頼れる家族やルームメイトから離れ、すべてひとりでこなしていくのはちょっと不安かもしれません...
えっ…これが本当に、あのロボット掃除機のネクストバージョンなのか?その衝撃的な見た目に、我が目を疑った人もいるかもしれない。ただの車のおもちゃかにも見えな...
カナダ・ケベック州のシャーブルック大学の学生が開発した“万能すぎる掃除機”があります。その名も「Hoola One」。吸うのは埃ではなく砂に混ざっている小...
「ニュージーランド航空」は、乗客がフライト中に実践できる「エクササイズ」を考案。12月1日より、国際線の機内エンターテインメント画面にて、ストレス緩和につ...
「Magic of Water」は無重力を楽しめるインテリアです。
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
出先でコーヒーこぼしちゃった!でも、この後大事な約束が…。そんな時にめちゃくちゃ役立つアイテムが登場しました。使い方がカンタンな上に、かかる時間が最短30...
一人暮らしをはじめて、「丁寧な暮らし」に憧れていても、何をすれば理想の生活に近づけるのか、わからない人もいるでしょう。そこで、一人暮らしで実践しやすい丁寧...
はたしてこの商品、「ゴミ箱」なのかそれとも「掃除機」なのか……、表現の仕方も迷うところ。いづれにしても、ありそうでなかったキッチンツールに、こんな感想を持...
先月グランドオープンした新生・渋谷PARCO。その4階ギャラリースペース「PARCO MUSEUM TOKYO」で開催予定の「Wanderlust」につい...
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
乾燥機には真空ポンプが内蔵されていて、それが本体の中を減圧する仕組み。すると水分は100度に満たずとも蒸発するので、たった15分で洋服を乾かすことが可能に...
自動車の中に常備しておくライトとして、とても頼もしい。
窓用、キッチン用、テーブルなどの家具用、バスルーム用と4枚のクロスがセットになった「マイクロファイバークロスセット」です。例えば、窓用は畝が細く、キッチン...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
「Sous La Vie」は、ホームレスになってしまった人にも美味しくご飯を食べて欲しいという思いから考案された製品です。
ひとり暮らしの人やオフィスでお茶を飲むのが好きな人は、心をギュッと掴まれるアイテムです。