【問題】こびりついた鍋底の焦げ汚れをカンタンに落とす「調味料」とは?

昨年の冬、ことあるごとに鍋パーティにいそしんだ方、きっと多いですよね。鍋パって、楽しい反面、後片付けがめんどう。ザルや皿をたくさん使うし、鍋を卓上コンロにかけっぱなしにしているから、底は焦げ付いてしまうし。しかもこの焦げ汚れ、その時にしっかり落とし切らないと、日に日に汚れが蓄積して、気づいた時には手遅れなんてことも。

ところが、どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか?
酢?砂糖?醤油?味噌?こしょう?

その調味料とは……

正解は「塩」

実は、塩なんです。早速その方法をどうぞ。

【やり方】

1.鍋の焦げた部分をしっかりお湯で濡らす

 

2.焦げ部分が見えなくなるまで塩を振りかける

 

3.10〜15分ほど置く

 

4.スポンジでこすり落とす
(一度で落ち切らなければ何度か繰り返す)

ウッドテーブルについた
グラス跡にも◎

塩には、ほかにもこんな活用術があるのです。
ランチは手作り弁当派の人や、木製家具好きは要チェック!

 

①プラ容器の匂いを取る
容器に湯を張り、塩小さじ1〜2杯を入れてひと晩置く。
その後食器用洗剤で洗い流す。

 

②ウッドテーブルについたグラス跡を取る
跡を隠すように塩を振り、そこに水を少量(ティースプーン1/4目安)加え、柔らかい布もしくはスポンジでこする。しっかりと水拭き後、最後はワックスがけして完了。

 

③カーペットのシミを取る
ジュースなどをこぼしたらすぐに塩を振りかけ、しばらく水分を吸収させた後、塩を取り除く。何度か繰り返し、塩が水分を吸わなくなったら掃除機がけして、仕上げに水で濡らしたスポンジで軽く叩く。

 

焦げも匂いもシミ汚れも落としてくれる万能な塩。
暮らしのなかで、こんなに“便利”な調味料はないですよね。
ただ何気なく料理に使うだけじゃなく、掃除も含め、少し意識して塩を暮らしに役立てたいものです。

 

「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
山梨県で誕生したクラフトビール「青い富士山ビール」。天然色素のスピルナで青い山肌を、泡で山頂に積もる白い雪を表現。SNSで話題となった「青い富士山カレー」...
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...
ひと振りで手軽にシェフの味を再現でき、どんな料理にも合う万能調味料。「クレイジーソルト」さえあれば、クリスマスディナーは失敗知らず!
ナンプラーといえばタイ料理に使われる調味料。発酵を経ることで、魚介のアミノ酸のうまみを感じることができるナンプラーは様々な料理に活用できる万能調味料なんです。
チャチャッとできちゃう超簡単お掃除ハック。キッチンにあるものでできるのも嬉しいところ!これなら掃除用品も揃えなくていいので、楽チンだわ〜。
そう遠くない未来に実用化されるかもしれない自動車コンセプトを紹介。
レシピ内に「塩ひとつまみ」と書かれていれば、やっぱりそこは"ひとつまみ"すべきでしょ?
酸味の利いた南蛮漬けをイチからつくろうとなると、お酢のほか、砂糖、醤油など用意する調味料はたくさん。この手間をスパッとシンプルに、おいしく解決してくれる万...
ここでは良質な畜産物、海産物、農産物が採れる鹿児島県の調味料をご紹介。鹿児島県の黒豚をはじめ、人気の食材が使われた逸品ばかりです。お気に入りのもの、ぜひ使...
普段は脇役として活躍する調味料。使い方次第では、立派な主役になるそう。冷蔵庫の食材が少なくても作れる「調味料が主役になるレシピ」を2品紹介します。
一口に“塩”といっても、作り方も製法もさまざま。ここでは「岩塩」の魅力について少々。
ゲーム界における最新のトレンドといえば、定額制のサブスクゲームサービス。そんなクラウドゲーミングサービスに米「Amazon」が参入すると発表した。
2006年、バンクシーが手を加えてイギリス中の音楽ショップにばらまいたパリス・ヒルトンのデビューCD500枚。そのうちの1枚が、10月14日までオークショ...
バニラアイスには何がイチバン合うのか、ちょっと”攻めた”組み合わせで試してみました!
用途は麺類に使うだけじゃなくて、ほかにもたくさん。大活躍の万能調味料です。
今、僕らがリアルに、使っているもの、使えるもの。
トマトケチャップで味付けするスタイルがごくごく一般的ですが、ここにある調味料をプラスすると、グンとおいしくなるんです。
毎日使うものだから、自分の好きなモノにしたい!
アドリア海の伝統的な「塩作り」を疑似体験できる「SAL⊥」。