【問題】こびりついた鍋底の焦げ汚れをカンタンに落とす「調味料」とは?

昨年の冬、ことあるごとに鍋パーティにいそしんだ方、きっと多いですよね。鍋パって、楽しい反面、後片付けがめんどう。ザルや皿をたくさん使うし、鍋を卓上コンロにかけっぱなしにしているから、底は焦げ付いてしまうし。しかもこの焦げ汚れ、その時にしっかり落とし切らないと、日に日に汚れが蓄積して、気づいた時には手遅れなんてことも。

ところが、どの家庭にも必ずある「あの調味料」で、簡単に焦げ汚れが落とせるのです!それは一体なんだと思いますか?
酢?砂糖?醤油?味噌?こしょう?

その調味料とは……

正解は「塩」

実は、塩なんです。早速その方法をどうぞ。

【やり方】

1.鍋の焦げた部分をしっかりお湯で濡らす

 

2.焦げ部分が見えなくなるまで塩を振りかける

 

3.10〜15分ほど置く

 

4.スポンジでこすり落とす
(一度で落ち切らなければ何度か繰り返す)

ウッドテーブルについた
グラス跡にも◎

塩には、ほかにもこんな活用術があるのです。
ランチは手作り弁当派の人や、木製家具好きは要チェック!

 

①プラ容器の匂いを取る
容器に湯を張り、塩小さじ1〜2杯を入れてひと晩置く。
その後食器用洗剤で洗い流す。

 

②ウッドテーブルについたグラス跡を取る
跡を隠すように塩を振り、そこに水を少量(ティースプーン1/4目安)加え、柔らかい布もしくはスポンジでこする。しっかりと水拭き後、最後はワックスがけして完了。

 

③カーペットのシミを取る
ジュースなどをこぼしたらすぐに塩を振りかけ、しばらく水分を吸収させた後、塩を取り除く。何度か繰り返し、塩が水分を吸わなくなったら掃除機がけして、仕上げに水で濡らしたスポンジで軽く叩く。

 

焦げも匂いもシミ汚れも落としてくれる万能な塩。
暮らしのなかで、こんなに“便利”な調味料はないですよね。
ただ何気なく料理に使うだけじゃなく、掃除も含め、少し意識して塩を暮らしに役立てたいものです。

 

関連する記事

「和ビーガン」をコンセプトに活躍しているシェフ・本道佳子さんの愛用調味料「本道佳子のさしすせそ」。添加物不使用、調味料自体に旨味やコクがありながらも後味が...
タイ料理店の食卓に必ずある4つの調味料。気にしていなかったけど、とても重要なんです。
あっという間に市販の味を再現できる、こんなレシピはいかがでしょう。
しその葉を使ってつくる大葉味噌。そのままでも、調味料としても、万能です。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。
「スマトラサンバル」は、トバ湖周辺の森林に自生しているアンダリマンペッパー(山椒)と青唐辛子やレモングラスなどをブレンドしたチリソースで、爽やかなしびれと...
突き詰めればどこまでも辛い、辛い、辛い……。激辛を売りにする調味料は数あれど、単なる罰ゲームのようなものじゃ満足できない!そんな真の「辛いもの好き」さんに...

人気の記事

国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
「国際宇宙ステーション(ISS)」に滞在した山崎直子氏の経験を聞けるだけでも貴重な体験だが、今回はほかにもさまざまな特別プログラムが用意されているようだ。
東かがわ市の老舗手袋メーカー「江本手袋」が手掛けるブランド「佩(ハク)」から、外出先でのコロナ対策に便利なアイテム「ハンドソックス」がデビュー。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
「ピップエレキバン」でお馴染みの「ピップ株式会社」が手がけた、たった15分で肩こりを和らげてくれるという磁気治療器「ピップ ジースピナー」が「Makuak...