おとぎ話に出てきそうな、ドライフラワーを閉じ込めたジュエリー

ルーマニア在住のアーティストPaulaさんが作っているのは、ドライフラワーをカプセルに閉じ込めた樹脂ジュエリー。小ぶりなネックレスやペンダントのなかにも、自然の花が持つ美しさが力強く残っているんです。

ファンタジーな
気分に浸れるデザイン

グラフィックデザイナーでもある彼女の作品は、世界最大のハンドメイドマーケットプレイス「Etsy」で販売されていますが、そのデザイン性の高さはアメリカのアート系メディア「My Modern Met」にも取り上げられるほど。

作品はリングからペンダント、ネックレス、イヤリングまで様々。価格もひとつあたり2,500円〜4,000円とお手ごろ。リアルな花の息吹を感じるジュエリー、春に向けていかが?

Licensed material used with permission by Resity
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
〈The Landscapers(ザ・ランドスケーパーズ)〉による「Plantaholic」シリーズは、ひとつ飾るだけで圧倒的な存在感。小さくとも、リビン...
元家具職人がつくる、呼吸するジュエリー「su Ha」。ジュエリーは、デザイナーが自ら国内外を歩いて5年かけて選んだ素材からできている。だからこそ、それぞれ...
「ポジティブなメッセージを伝えていきたい」NYブルックリン在住のラッパー、DAG FORCEの連載。
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめのドライフルーツを3つピックアップしました。マンゴー、ドラゴンフルーツ、ナツメというラインナップです。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。
純白のウェディングドレスに合わせるブライダルジュエリー。ゴージャスなパールやきらきらのティアラはもちろん素敵ですが、生花を使ったこんなオシャレなものもある...
近年話題のモアサナイトを使用したプロダクトを展開する国内のエシカルジュエリーブランド「GYPPHY(ジプフィー)」が今季の新コレクションを発表。
フルーツよりも手軽で、甘い間食が欲しくなったときのお供「ドライフルーツ」。コンビニなどでもよく見かけるようになりましたが、“本当においしいドライフルーツ”...
今回は池袋にある「線條手打餃子専門店」。カラフルでかわいい餃子が売りのこちらのお店。ベジタリアンにも対応しているヘルシーな餃子専門店です。
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
いつもの白湯に無糖のドライフルーツを加えてみました。
インテリアとして長く味わえる、植物標本「ハーバリウム」。
SA BIRTH(サバース)」から、新たなジュエリーブランド「SA BIRTH GINZA」が誕生。10月20日、銀座4丁目にオープンしました。デザインは...
ファッション、アート、音楽を扱うニューヨーク拠点の老舗雑誌『PAPER MAGAZINE』の表紙にレディー・ガガが登場。サイボーグをイメージしたヌード姿が...
「Apple」は、新型コロナウイルス(COVID-19)に感染しているかどうかの判断材料をSiriを利用して調べる新サービスを開始した。
それは植物のためのジュエリー。身近な器に入れて茎を挿すだけで、より華やかに、美しく演出してくれます。女性の中には、「こんなアイテムを待っていた!」なんて人...
すべて「生」の野菜からできたアクセサリー。
Leaf Urbanは、常に健康を管理することができるジュエリーの形をした女性のための健康を記録できる装置です。歩数や活動した時間、消費カロリーの記録、睡...
001 ジュエリーを主役にする 「シンプルな洋服」柄のない、シンプルな装いには、反対に装飾的で大ぶりなネックレスやブレスレットをつけて、コーディネートの主...
男性の自分からからすると、完全に女性向けデザインであることが悔しい。逆にいうと、女性には思う存分活用してほしいアイテムということ。ジュエリーにテクノロジー...
今回は、僕の故郷であるイギリスにおける比較的新しい風習を紹介したいと思います。例えば11月(November)には、口ヒゲを生やして募金活動を行い、男性の...