ペーパーフラワーのラッピングで、なんでもない日に贈り物を。

しばらく旅に出る直前、知人と食事をとっていたら、飛行機の中は冷えるからとストールを受け取ったことがあり、なんて気が利いているのだろうと驚いたことがあります。これまでいただいたプレゼントのなかで、いちばん嬉しかったものは何だったろうと思い返してみると、こんなふうに何でもない日に受け取ったものがほとんどだったと思い出しました。プレゼントは、思いがけなさも含めて贈るもの。日頃から気軽な贈り物を楽しみたいものですね。

心を込めて贈りたいから。
こんなラッピングはいかが?

気軽な贈り物でも、心を込めて贈りたいもの。そこで、家にひとつあったら、とっても重宝するこんなラッピングセットはいかがでしょうか。一見、生花をボックスに詰め込んだアレンジメントかと見間違うほどですが、90本ものワイヤー付きのペーパーフラワーと、10枚の無地のメッセージカードと封筒が、まとめて、9×9×5センチのボックスに入っています。ギフトラッピングのみならず、金具をつけてアクセサリーにしてもかわいいですし、次々とアイデアが浮かんできますね。

ラッピングセットって、一度では使い切れなくて、収納がうまくいかずバラバラになってしまうのが悩みどころですが、このセットであれば、ボックスに入っているし、そのまま飾ってもとてもかわいいです。シンプルなカラーリングのタイプのほかに、こんなタイプも。クリスマスのデコレーションにも良さそうです。

プレゼントを渡すときは、できれば、渡すその瞬間からワクワクできるものを贈りたいものです。嬉しい気持ちを誰かにいただいたら、こちらも嬉しい気持ちをお贈りする。嬉しい気持ちの贈り合いっこってなんて気持ちが良いのでしょう。今度、大好きなひとに会えたときには、こんな素敵なラッピングでとびっきり素敵なものを贈りたいですね!

Licensed material used with permission by SQUISHnCHIPS
贈り物の中身にも負けず劣らず大事なのが、ラッピング。丁寧に、しかもセンス良く包まれたプレゼントを開けるのはワクワクするものですし、その中に入っているものも...
2016年のクリスマスプレゼントはどんなラッピングを用意しましたか?中身は覚えているけど、包装までは覚えていないという人も多いのではないでしょうか。アメリ...
花をいつまでも楽しみたい。ドライフラワーを上手に暮らしに取り入れてみませんか?
結婚式のフラワーガールといえば、親戚の小さな女の子が定番。でも去る7月1日、アメリカ某所で行われた結婚式では、92歳のフラワーガールが登場しました。
「Girls Don’t Cry」「Wasted Youth」のデザイナー・VERDY氏が原宿の新名所「ONE」で開催した裏ポップアップを緊急レポート&直...
同国の済南市では、多くの人が住みやすい街をつくるということで、ペットの飼い主を採点するシステムが導入されています。最悪の場合、ペットは一時没収……。
結婚式で、花を撒きながらヴァージンロードを清めるフラワーガール。小さな女の子の愛らしい姿に会場が和む素敵な時間ですよね。花嫁のPatrick Caseyさ...
今週末は『母の日』。今年はお母さんだけじゃなくって、仕事やプライベートでお世話になっている年上女性にギフトを贈ってみませんか?だって、『母の日』ギフトには...
結論から言えば、こちらで紹介するフードは、すべてペーパーアート。しかしながら、それを分かったとしても、精密なクラフトワークには目を見張るばかり。一連のアー...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
カナダ・バンクーバー出身のアーティストDaniel Nelsonさんが手がけたスケートボードデッキ。流木と水色のUVレジンからできていて、川の水面をそのま...
「ペーパードレス」とは、文字通り紙で作られているドレス。1960年代、アメリカのポップカルチャーから生まれ、アンディ・ウォーホルをはじめ多くのアーティスト...
プレゼントの中身は大切だけど、入れものだってその一部。ラッピング次第で、持ち運ぶときの気分だって変わるもの。そして、包むといえば「紙」。では、こんなアレン...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
結婚式で使用されるウェディングフラワー。よくよく考えてみると、あれって披露宴やパーティーで使うのは一回きり(使い回すイメージはありませんよね)。枯れてしま...
〈MATATABI(マタタビ)〉の「Paper Clutch Bag」は、キャンバス地のペーパーを貼り合わせることで、封筒のような質感とキャンバスの強度を...
ペインター兼スキューバダイビングのインストラクターOlga Belkaさん。わざわざ水中で絵を画く理由は、「お金がなくてダイビングができない人にも、海の美...
「ドイツに来てからボードゲームに誘われることが多くなった」という記事を前に書きましたが、ありがたいことにもうひとつお誘いが増えたものがあります。そう、誕生...
世の中には、様々なアーティストが存在するが、ペーパーカッティング・アーティストのPippa Dyrlagaもその1人。彼女が使うツールは、紙とペンカッター...
ベルギーの首都ブリュッセルの中心地にある大広場、グラン・プラス。「世界でもっとも美しい広場」と形容されるこの場所で、2年に1度開催されているのがフラワーカ...
秋から冬に近づくにつれて、気温も下がり、人によってはポッカリと心に小さな穴が開いた気分になるかもしれません。人恋しくなったり、不安になりやすかったり、物悲...
いつもよりちょっと「健康的な食事」を、心がけませんか?
アムステルダム近郊で集められたプラスチックゴミを利用して作られてた「フラワーベース」。マーブル模様はひとつとして同じものがありません。
一本の角材から削り出している装飾台付きの花器は、まるでヨーロッパの神殿の柱を眺めているよう。