どんなふうに使うかはアナタ次第!な模写マシーン

世界には、さまざまなデジタルデバイスが溢れています。生活を便利にし、効率化し、最適化するプロダクトももちろん大切ですが、時には遊び心を思い出したくなることもあるでしょう。

そんなあなたにぜひオススメしたいのが、この「Line-us」。

デジタルで描いた絵を
アナログで再現!?

なにやら楽しげなこのプロダクトは、アプリ上で描いた絵をペンで紙に再現してくれるという、プリンタロボット。

「えっ、だったら普通のプリンタで印刷すれば?」
「最初から自分で紙に書けば?」

なんていうのは野暮というもの。

このペンならではの味わいと、きびきびとしながらもどこかかわいらしい動きで絵が完成していく様は、不思議な魅力に溢れています。

プログラミングもできるから
可能性は無限大

Wi-Fiを連携すれば、遠くでアプリを使って描いた絵を再現できるほか、個人でさまざまなプログラミングも可能。

絵の具を使ってカラーの絵を描いたり、音楽を演奏することだってできるんだそう。ユーザーの工夫次第で、可能性は無限に広がるのです。

Kickstarterでもすでにすべての購入プランが終了しているようですが、アプリ付きで1台69ポンド(約9,500円)だったので、市販化されたらもう少し高めの設定になりそうです。少し安い組み立て式のキットもあるので、そちらも気になるところ。

自分で組み立てたロボットが、思い通りの絵を描いてなんてくれたら、嬉しくてたまらないですよね。

Licensed material used with permission by Line-us
他の記事を見る
世界中のストリートアートを検索できるアプリ「Street Art Cities」。現在、70カ国以上、350を超える都市のストリートアートが登録されています。
「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。現在、ロンドン...
時間を忘れて熱中できる趣味はありますか?たとえば、友人に送る手紙に絵を描いたり、気が向いたときにノートにさらさらと鉛筆画を描いたりする。描くモチーフは、い...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。
Ruby Silviousさんが絵を描いているのは、なんと使い終わったティーバッグ。植物や風景、ポートレートなど、美しい世界がギュッと凝縮されています。
いつか買いたい、マグボトルの「Chameleon」。かなり入手困難です。人気がありすぎてではなく、クラウドファンディングに失敗してしまったから。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
東京大学の石川・渡辺研究室が、絶対人間に負けないじゃんけんマシーンを開発しました。0.001秒で相手の手を読み取る!このじゃんけんマシーンが勝率100%を...
「環境問題に対する貢献度」や「動物実験をしているかどうか」、「企業に対するボイコットが起きているかどうか」という情報を知れます。
チームラボが進める教育プロジェクト「チームラボアイランド 学ぶ!未来の遊園地」。そのメインプログラムである「お絵かき水族館」が、香港で開催されたデザインコ...
ゴッホといえばバブル期の1987年、53億円で落札された名画「ひまわり」が有名だ。当時、美大の女の子とつきあっていた僕は、話題沸騰の絵をすぐに観に行き、そ...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
いまから3年前、東京でとあるアーティストが作品製作をはじめました。名は「Mr.HEAD」。清掃業から芸術の道へと転身した芸術家です。
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
「Givling」は、アメリカで奨学金返済に苦しんでいる人のために開発されたアプリです。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
世界的な画家マーク・ロスコの代表作が、まさかこんなことになるなんて…。