わずか10分で描いた「一筆書き」の著名人たち

今の時代、ロボットだって絵を描く。だけど、感受性がある人間のそれにはかないっこない。ずっと、そう思っていたのに……正直、グッとくるものがありました。

プログラマーSergej Stoppelさんが開発したプログラムは、「全くムダのない」一本の線を生み出します。それは、機械による“無機質な絵”ではなく、絶妙かつ完璧な描画。

ロボットだから
「描ける線」がある

7d8d2e1cd49c1fcc219d682d3af195395815e6a1

「豊かでシンプルな線は、人間の真似ごとではなくロボットだからこそ実現した」

一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。

迷いのない一筆書き

D06d1947459dc43f9fe2c36df037cac31b570bfd6c9c4e31d7e02b2e1521a953c700eda41ec8543a

聞いてビックリ!制作時間は10分程という早ワザなんだそう。実はこれ、写真を図におこせるように、ペンプロッタにプログラムしたもの。

短時間で描いたにも関わらず、どのポートレートもとにかく細密!

F0223ef42258d31ed16674727c78f8889185cb4d

ジャン・レノ

60b05c8197e557691bbcdf93889b6d89ec7d5fe6

コナー・マクレガー

99704e87b971d774258cae8cc6258ce78ec46ec3

ジェームズ・ディーン

1d8d3b13382d143c4af9d192777dab3973258c52

ジェマ・アータートン

Bfd44ed8e71dee478d2c1d9c94e062a673c29c24

ヒュー・ジャックマン

腕を磨き続ける
ロボット画伯

つい最近、Sergejさんがプログラミングした別の作品を紹介しましたが、前回と描き方が違うのは一目瞭然。

どんどんバリエーションを増やすロボットが、“巨匠”と呼ばれる日は、そう遠くないのかも?

Licensed material used with permission by Sergej Stoppel
子どもの頃、「これ一筆で描ける?」なんて遊びをよくしたもの。見ているだけだと簡単そうでも、いざペンをもったら大間違い。単純な絵でもそこそこ難しいのに、こん...
これはノルウェー在住のSergej Stopelさんによる作品の数々。画像から推測すれば、ボールペンを使っているのだろう。絵の隅々まで、しっかりと濃淡がつ...
もはや、ここまで来ると単なる“イタズラ書き”なんて言葉では表現できない。マニラを拠点に活動するイラストレーターKerby Rosanesさん(24歳)。0...
世界には、さまざまなデジタルデバイスが溢れています。生活を便利にし、効率化し、最適化するプロダクトももちろん大切ですが、時には遊び心を思い出したくなること...
AIに過去のデータを解析させたところ、新たに72の信号を発見。地球外生命体からのメッセージの可能性もあります。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。ベトナム最大の街・ホーチミンから北へ約300kmの美しい高原地帯で生産される赤ワイン「ダラットワ...
〈Michigan Ladder(ミシガン・ラダー)〉は、100年以上の歴史ある、アメリカ最古のはしごメーカーです。オールドアメリカンな佇まいが人気ですが...
「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。現在、ロンドン...
ベルギー・アントワープで開催されたブックフェアの会場で人気を集めたのは、著名な作家8人によるサイン会でした。しかも12日間ノンストップで行われ、選ばれた作...
ヘリコプターから眺めた街を、何の迷いもなくサラサラと描いていく。世界中の都市をドローイングするStephen Wiltshireさんは、見たものを細部まで...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いとお酒を楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
偉大な功績を後世に残した著名人は歴史上何人も存在します。彼らが残した名言は確かに私たちの心を打ちますが、うっかり口にしてしまった侮蔑の「失言」。これが名言...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
コンパスが無くても、綺麗な「円」を描く方法がある。やり方はとてもシンプルで、用意するものは「紙」と「ペン」だけ。Source:How to Draw a ...
先日、カルガリー大学に通っている246人のニコルさんたちが友だちになるという、ちょっと変わった出来事がありました。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
サウジアラビアの首都リヤドで行われたコンベンションにて、人型ロボット「ソフィア」に市民権が与えられることが発表されました。サウジアラビアの女性よりも多くの...
「吸引力の変わらない、ただひとつの掃除機」を武器に、世界を席巻中のダイソン。2015年10月23日(金)、同社の新製品となるロボット掃除機「ダイソン 36...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
Nigel Stanfordが生み出した“ロボットバンド”に興味をもつ人も多いんじゃないだろうか。彼らはターンテーブル・ドラム・ベース・ピアノ・シンセサイ...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
広島の知られざる魅力を詰め込んだ、究極のガイドブック「カンパイ!広島県」の第3弾「広島秘境ツアーズ」が発表されました。その人気ぶりは凄まじく、明日の6月2...