世界の著名人が発した、名言よりオモシロい「失言集」

偉大な功績を後世に残した著名人は歴史上何人も存在します。彼らが残した名言は確かに私たちの心を打ちますが、うっかり口にしてしまった侮蔑の「失言」。これが名言よりもオモシロかった!

今の世でもしもSNS発信しちゃったら、どれも大炎上間違いナシな8失言をドウゾ。

01.

−ある女性に「いやな酔っ払い」と呼ばれたとき

 

おまえはブスだ!
ただブスってだけじゃない。本当に嫌なブスだよ。

私は目を覚ましたらきっと冷静な紳士に戻るが、
お前は永遠にブスのままだ!

ウィンストン・チャーチル

02.

−「西洋文明の(暴力的な)考え方をどう思う?」と訪ねられたとき

 

これから「いい考えだ」と思われるようになっていくよ。

マハトマ・ガンディー

03.

−「馬鹿とは一緒にいられない」と発言した酔っ払った男性へのカウンター

 

あなたのお母さんは
バカと一緒にいても平気だったのね。

ドロシー・パーカー

04.

−ワーテルローの戦いで負けたナポレオンを評した一言

 

神はもうナポレオンに飽きたんだよ。

ヴィクトル・ユーゴー

05.

−「あいつは難しい言葉は使わない」と揶揄したウィリアム・フォークナーへの反論

 

かわいそうなフォークナー。
彼は本当に難解な言葉が感動を生むとでも思っているんだろうか。

アーネスト・ヘミングウェイ

06.

−マケドニアのフィリッポス2世がスパルタに忠告
「お前が軍隊をこちらに寄越するなら我々は農場を破壊し、民を殺し、街を滅ぼす」
それに対する、スパルタの答え

 

できるものならな!

スパルタ

07.

−酔っ払いに性器を見せられ、「これにもサインをくれよ」と言われたとき

 

きちんとサインできるかわからないな。
イニシャルくらいなら書けるかもね。

トルーマン・カポーティ

08.

−「あなたには裏の顔がある」と言われたとき

 

その判断は聴衆に任せる。
しかし、もし私が別の顔を持っていたとしたら、
わざわざこんな顔でいると思うかね?

エイブラハム・リンカーン

明らかに相手を侮辱するものから、「そこまで言う!?」なものも。現下も、政治家をはじめ失言には手厳しい世の中。もちろん、言葉には責任を持つべきでしょうが、そこにユーモアやウィットが混ざると、もっとオモシロく聞こえるものなのかもしれませんね。

Licensed material used with permission by MEAWW