気づいた時にはもう手遅れ!「クスっと笑える珍失言」15選。

米・人気深夜番組「トゥナイト・ショー」の司会者ジミー・ファロンがTwitterで募集したのは、“なんであのときあんなことを言っちゃったんだろう…”と、自分自身首をかしげてしまうような失言たち。

ハッシュタグ「#WhyDidISayThat」を見てみましょう!どれもこれも、クスッと笑えるナゾな発言ばかりなのでした。

01.

「クロークで、“あの階段で上に行けるかしら?”と聞いた。“はい!登った後は下の階にもいけますよ”と返答された」。

02.

レストランで働いていた時、一度だけ、トイレに行くお客さんに向かって「Enjoy!(楽しんで!)」と言ってしまったことがある。

03.

「床屋に行った時、スタッフに仕事は何かと聞かれたので、“広告ですよ、そちらは?”と答えた。“床屋です”と言われた」。

04.

「警察に止められて、何か見てなかった?と聞かれた時のこと。私はこう答えた。“大急ぎでシートベルトをつけてたので、何も見ていなかった”と」。

05.

「間違えてマネキンにすみませんと言ってしまった。人じゃないと気づいてこう言った。“あ、本物じゃないのか。ゴメン”って」。

06.

「パーティーでのこと。ホストと話すきっかけとして、こう切り出した。“おれもまったく同じ冷蔵庫使ってるよ”って」。

07.

「高級レストランでお茶を頼みたかったけど言葉が出てこず、“イングランド・ウォーター下さい”と言ってしまった」。

08.

「お客さんにお礼を言われたとき、“ユーアーウェルカム”と“ノープロブレム”を言おうとして、“ユアプロブレム”と言ってしまった」。

09.

「入社後1週間ほどたった頃、“Hello”と挨拶をされたときに返事を“Hi“か“Hello”のどっちにしようか迷って、“Hell”と答えて去ってしまった」。

10.

上司:週末は忙しいのか?
自分:いえ、そんなでも。

11.

「一度だけ、双子に向かって“知り合ってどれくらい?”って聞いたことがある」。

12.

「バスから降りる時に運転主へお礼を言おうとして、何故か“バーイ、ラヴユー!”と言ってしまった」。

13.

「授業中、手を挙げて質問する時になぜか“パパ”と呼んでしまった。先生は女性だった」。

14.

「過去に、妻へポットロースト(肉の塊を蒸し焼きにする料理)が大好物だと伝えた。以来、いつもそれをつくってくれるようになった。もうポットローストは嫌いだ」。

15.

「彼にソファーに座るように勧められたとき、“いいの、床の上にはしばらく座ってなかったから”と答えた」。

ハッとして口に手を当てたときにはもう手遅れ。ぼんやり後悔するものもあれば、背筋がヒヤッとするようなもの、共感できる定番ミスなどなど、Twitterでは大盛り上がり。

あなたはどんな珍失言をしたことがありますか?友だちと話してみると思わぬエピソードが飛び出てくるかも!

偉大な功績を後世に残した著名人は歴史上何人も存在します。彼らが残した名言は確かに私たちの心を打ちますが、うっかり口にしてしまった侮蔑の「失言」。これが名言...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
予想外の出来事に出くわしたとき、何が起きているのかわからず全身がピタッと一瞬だけ止まるような感覚。Percolate Galacticによる、思いもよらぬ...
非日常体験イベント創造集団の「Holiday Jack 株式会社」は、超人気コンテンツでありながら過去唯一の大赤字イベントである「珍怪魚フェス」を、多くの...
光るライトセーバーがあしらわれたコーラが登場。シンガポールのみの限定発売で、8000本というこの貴重なボトルを購入できるのは、公式InstagramとFa...
誰もが知るキャラクターたち。映画やアニメの世界だと大活躍するものの、現実世界に登場させたら話がおかしくなってしまった…。そんな笑える7枚のイラスト。疲れた...
Twitterの拡散力はあなどれない、改めてそう思いました。
ラオスのビエンチャンにある『ブッダ・パーク』。「Vietnamitas EN MADRID」によると、1958年に修道士Luang Pu Bunleua ...
「本国でも売って!」アラブ諸国限定販売だった「MAYOCHUP(マヨチャップ)」なるものを求めて、アメリカが大騒ぎだとかで。
初見ではどんな味か想像がつかない。一口飲んでみるとはじめての味でびっくり。二口三口と飲み進めるとクセになる!
「シチズン時計」は11月28日、ARで腕時計の試着体験ができる新サービス「CITIZEN AR try」を開始。
米オレゴン州のビーバートンで、緊迫した空気が一変して笑いに包まれる夜がありました。一本の通報電話に、地元の保安官が現場へ駆けつけるも待ち構えていたのは……。
「iHerb(アイハーブ)」でおすすめの「常識にとらわれないアメリカのお口ケア商品」3選の紹介です。歯に効くキャンディとサプリメント、強烈なミントをピック...
ことの発端は「イギリス田園生活博物館」の公式Twitterアカウントの「大英博物館さん、最高のカモを贈って!」というツイート。すると、次々と多くの美術館が...
Google Chromeの拡張機能を使ってトランプ大統領のツイートを8歳児のクレヨン手書きフォントに変換してみたら……。
「おーい、遊ぼうよ!」そんな声が聞こえてきそう。写真に写っているのは、頭と身体のサイズがあっていないキャラクターたち。妙に頭が大きいのが、不気味かつ奇妙で...
「Netflix」は、先日12月9日に発表された米「ゴールデングローブ賞」において、合計で34ノミネーションという快挙を成し遂げた。
「Google」の社内ベンチャーとしてスタートし、現在は独立して自動運転車の開発を続ける「Waymo」。米国フェニックスの一部地域で一般向けに自動運転タク...
夏の暑さと梅雨の湿気で体が重い…というあなたへ。気軽にクスリと笑える「1コマ漫画」をお届けします。描いているのはLonnie Easterlingさん。約...
『やらなくてはいけないことリスト』を作っている人は多いでしょう。でも実は『やりたくないこと』が大切。何がやりたくないのか自分自身が知らないから。あなたの夢...
「パパ」「ママ」「なごみちゃん」「かずとよ君」の、とある4人家族。彼らが毎月定例で開催している“家族会議”に、いま多くの人が夢中になっています。まずは、T...
ギネス世界記録のなかには、ちょっと首をかしげたくなるような、常人では理解するのが難しい“珍記録”も多々ある。が、それを行う当事者からすれば、この一瞬のため...
さっきまで一緒にふざけて笑っていたのに、じゃあねってひとりになった瞬間、気づいてしまった—。夏の終わり、好きなひとができた夜。そんなあなたに聴いてほしい5...
世界を見渡せば「街の数だけビールがある」と言われるほど、たくさんの種類が存在しています。そのなかでも食卓の話題づくりになりそうな「初級編」から、飲むのを少...