ロボットから届く「手書きのメッセージ」が、心を和ませる。

「ロボットがメッセージを書き出して、誰かに伝えてくれる」。これを聞いたときに、そんな時代がやってきたんだなって、ちょっとトキめいてしまった。

現在、ロンドンのデザイン会社Thoseが開発中の「Joto」は、自分が書いた文字やイラストを、ホワイトボードにリアルタイムで書いてくれるらしい。実現すれば、離れて暮らす大切な人とのコミュニケーションがちょっと変わってくるかも。

描いている「途中」を
見れるのが醍醐味。

B96223aa42db66f39410eef79744b017e2ca8291

専用アプリを使うとペンが動き出し、ホワイトボードに模写を始めます。完成したものを見るわけではなくその「途中」を眺められるので、どんな絵やメッセージになるのかとワクワクした気持ちになりますね。ちなみに、自分で描いた絵や文字のほかに、元から入っているアートやイラスト、スマホで撮影した画像もドローイングできるとのこと。

そんな「Joto」は、たとえばこんなシーンで活躍してくれそう!

パパからの連絡に
ワクワクしちゃう

1de7f140649038841dc7cd569a5ddd6c69de5db0

仕事が終わってから家族にメッセージを書くパパ。

D645e4ed9663a6f715ce973d4688948383b341df

家にいるママと子どもは、待ち遠しそうにホワイトボードを見つめています。

803131214200bf47de3f07017df18eaee2cfe45b

今から家に帰るねと、ネズミとウサギ付きのメッセージ。「もうすぐパパが帰ってくる!」。

孫の描いた絵に
癒される

C053d5ca0f22813027bf4246c36a9bbaf1840b61

パシャ!おじいちゃんとおばあちゃんに子どもの描いたイラストを送る。

12f87fc9c01039d907eaef2efd591dadeda4d043

キッチンで調理をしていると、「Joto」が描写を始める。

356030c4a8f65d9252db457fc22d8bf472c2e2c0

完成した孫の絵を見てほっこりした気持ちに。

遠距離恋愛中の恋人に
手書きのメッセージを送れる

F46d0add2b822266afd78162d886be4df9733a09

デートの後、なかなか会えない彼女にメッセージを送信。

7478103f93812eb5ac4ee44ed88498a5cc4659cc

すると、彼女の家にリアルタイムで手書きのメッセージが届く。

仕事の何気ない手間が減る

283e790500572b2835c2ef28190c993fb5574e38

インクで手を汚すこともなく、座ったまま会議が進められる。

Bf15e49612f4508e521a7e99752b8273c4d95480

消したい時は、ホワイトボード用のイレーザーが付いているので便利。

部屋のインテリアにも

1a51c86c8237ef500338ff89aa7f0bcbf3ead9f1

気軽に変えることができるので、毎日違うアートを楽しめる。

無限の可能性を秘める「Joto」は、現在も進行中のプロジェクトで「Kickstarter」で資金調達中。価格は、今なら165ポンド(約22,600円)から。日本への発送も可能で、時期は今年のクリスマスあたりを予定。

もし手元に届いたら、一番はじめに何を描いてもらおうか考えるだけで楽しくなりますね。

Licensed material used with permission by Those
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
渋谷・道玄坂の人気クラブ「VISION」で音楽と出会いを楽しむパーティ好きをセルフィー&スナップ。プライベートに迫るアンケートも公開。
旅行雑誌のカバーには決して載らないけれど、マストチェックなロンドンスポット!
世界には、さまざまなデジタルデバイスが溢れています。生活を便利にし、効率化し、最適化するプロダクトももちろん大切ですが、時には遊び心を思い出したくなること...
2016年2月29日(月)、神奈川県藤沢市で「ロボットタクシー」の実証実験が開始されました。アプリで呼び出せば自動運転で迎えにきてくれ、そのまま買い物に。...
音声を手話にしてくれるロボットアームが登場しました。これは、大学生3人による「Project Aslan」が、聴覚障害者とのコミュニケーションの壁を減らす...
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
南半球の島国にある“小さな村”に行くと、まるでホビットになったかのような気分に浸れます。いや、冒険に出るような気持ちになるのかも。
トイレ掃除専用ロボット「SpinX」は全自動トイレ掃除ロボット。便器内だけでなく便座部分の洗浄と乾燥も行う。しかも既存のトイレに簡単に取り付けつことができ...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
この2つの動画を見てみましょう。まずはひとつ目。羽根つきのロボットが宙に浮いています。羽ばたいて飛べる小型の昆虫型ロボットが開発されたんですね!しかし、動...
一見すればグチャグチャな線。だけど、不思議とスッキリ見えるオードリー・ヘプバーンの肖像画。複雑な“一筆書き”にも関わらず、邪魔なラインが一切ありません。
「え、そんなとこにも?」という国の新緯度帯ワインをご紹介。世界からも注目を浴びるタイの赤ワイン「グランモンテ・ヘリテージ・シラー」。サミットの晩餐会ワイン...
ミネソタ大学は、頭に被せたキャップから脳波を読み取り、ロボットアームを操作できる技術を開発しました。考えたとおりに動き、モノを掴んで移動できます。「世界で...
世の中に便利なデバイスは数多い。とくにウェアラブルカメラやドローンのジャンルは、ここ数年で一気にブレイクした感があります。が、ここで紹介するのはもう一歩先...
健康のことを思ったら、毎日サラダを食べるべきなのは分かってる。でも、自分で作るのは意外に手間だし、飽きないように工夫しようと思ったら、けっこう大変。だった...
アメリカのクリエイティブエージェンシーRedpepperが開発したのは、『ウォーリーをさがせ!』のウォーリーを最速4.45秒で探せるロボット。