アナタのツボを分かってくれる「ロボットマッサージ師」

在宅ワークが増えたけど、仕事向きではないデスクやチェア、慣れないやり方へのストレスで体が重い、肩・腰が痛いと感じるアナタへ

仏「Capsix Robotics」と英「Plymouth大学」は共同で、パーソナルマッサージができるロボット「IYU PRO」を開発。

個人の体型に合わせることができるようにセンサーがついたアームカメラがあり、理学療法士によって研究された一通りの施術の手順が記憶されている。なんといっても滑らかで自然な動きがポイントだ。

このロボットでは、マッサージの種類や圧力、音楽の雰囲気を選択することで、勤務環境下で起こる筋肉の緊張状態腰痛姿勢の悪さを改善することを目的としている。

Capsix Roboticsは「心身の健康が全従業員の最優先事項になるようなポジティブな環境を作ること」を使命に掲げている。そのため、大企業に対してサービスとしての「IYU PRO」の導入を奨励しているとか。

会社の福利厚生の一環でこんなマッサージロボが導入されたら、社員のモチベーションもグッと上がるかもしれない。

© Capsix Robotics/Youtube
Top image: © Capsix Robotics
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

荷物を運んだり、家事をサポートしてくれたり、マッサージができたり、カクテルを作れたり。学習能力も備えているなど、今や身近な存在であり、近い将来は「親友」や...
カリフォルニアを拠点とする企業「Embodied, Inc.」から、子どものための教育ロボット「Moxie(モキシー)」が今秋発売される。Moxieは遊び...
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
マッサージ+ストレッチ+運動、3つの機能をすべてひとつにしたマッサージアイテム「バランスアップ」が、年末年始にたまった身体をコリを吹き飛ばす!?
「リーボック」が今月8日(月)の「国際女性デー」にあわせ、女性の多様な個性を称える「It’s A Man’s World」2021コレクションを順次発売。
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
外出困難者が“分身ロボット”で働く「分身ロボットカフェDAWN ver.β」が2021年6月、日本橋エリアでオープンする。

人気の記事

SNS映えに特化した観光サイト「スナップレイス」が、2020年の総集編として「インスタ映えスポット」ランキングトップ10を発表。
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
2021年3月16日(火)に開業する「フォションホテル京都」に、フォションブランドとして世界初出店のスパ「Le Spa Fauchon/ル スパ フォショ...
1月20日まで、クラウドファンディングサイト「Kickstarter」にて資金調達をしている「Tatamu stool」は、東京をベースとする建築家たちが...
テレワークスペースのシェアサービス「テレスペ」が先月26日に開業した「デニーズ幡ヶ谷店」の店内でのワークスペース提供の実証実験を開始した。
毎度、趣向を凝らしたオリジナルの機内安全ビデオで楽しませてくれるニュージーランド航空。さすがに今年、新作を望むのは厳しいか……と思いきや、しっかりリリース...
国際送金サービスをおこなう企業「Remitly」が、“海外でもっとも住みたいと思われている国はどこなのか”をグローバル検索データを利用して調査。それぞれの...