人間の代わりに、ロボットが税金を払ってくれる時代。

ロボットや人工知能を「Electronic Persons」として扱い、その所有者に税の支払いを義務付けるーー。なんて計画案がEUで持ち上がっていると、各メディアが伝えています。

議会の提案には、その貢献によって人間の税負担を減らす宣言をするべき、とあるようです。

人間が働かずとも、
税収が確保できる?

人間の仕事を奪われてしまうのではないか?という議論があります。しかし、一方ではこれまでに生身の人間が努力して確保しなければならなかった財源を、代わりに調達してくれるとも。

CNNは、草案にかかれていた内容をより具体的に紹介しています。

“もし多くの職業がロボットによって賄われるようになったら、登録制度でそれらによる損害の責任を管理しなければならない。そこには人間の失業も含まれる。人間に安全やプライバシー、良心、尊厳、自由が与えられるように、人間との連絡は特別に規制されるべきである”。

もし計画に進展があった場合、所有者が税の支払いや社会保障制度に貢献し、ベーシックインカムや福祉制度を築く基盤になるべきだ、という報告もあるようです。たしかに、そうでなければ単に失業者が増えるだけ。

Forbesには、これによって工場経営者の税負担が増大するだろうという懸念も。区別の方法次第では、そのリスクはなきにしもあらず。

それに、6月22日には、ロシア企業の実験施設から“人工知能を搭載した機体が逃走した”なんてニュースもあったので、意思や権利に関する議論はまだまだ続きそうです。

Reference:CNN, Forbes, Live Science
ディズニーやホンダだけでなく、インテルやバンダイナムコまで。ストックホルムの企業「Furhat Robotics」が世界に広めようとしているロボットの開発...
人口が4,000人以下の集落に移り住んだ人には10年間税金を免除すると発表しました。
オーストラリアのアーティストが開発したのはミツバチの授粉をサポートする人工授粉”花”です。植物の生態系を維持するために、まずは農薬や殺虫剤からミツバチを守...
学生やビジネスマンがより効率的に時間を使えるように、という想いが込められて、開発された「Starship」。すでに20ヶ国100都市以上でトライアル走行を...
アメリカの自動車メーカーのフォードが宅配ロボット「Digit(ディジット)」を開発しました。このロボット、玄関先まで荷物を運んでくれる優れモノです。
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
去年ローンチされた「Keebo」は中国の幼稚園で先生のアシスタントとして活躍中!歌ったり、踊ったり、計算したりいろいろとマルチタレントで、子どもたちの人気...
単調な仕事、のしかかる負担、過重労働。そして、その先に待ち受けていることとは…。映像クリエーターMichael Marczewski氏が監督した、3分ほど...
そう遠くはない未来。私たち人間と区別がつかないほどの人工知能が生まれるとしたら…。もしもロボットが人間と同じように笑ったり、悲しんだりするようになったら…...
ドイツの自動車部品メーカー「Continental」が発表した宅配システムは、ラストワンマイルの前半は自動運転車が、後半はロボット犬が担ってくれるというシ...
一流シェフ直伝の料理を提供してくれる『Moley Robotics』社が開発中の調理ロボット『Robotic Kitchen』。再現できるレシピ数は200...
「自宅で専属のバーテンダーが、毎晩カクテルを作ってくれる」。これ、ロボットが叶えてくれます。
新しく誕生予定のロボットバーテンダーの名は「GUIDO」。イタリア語で「私は運転する」という意味で、自動運転ができるようになるんだそう。アプリで予約をし、...
日進月歩で進化を遂げる「人工知能技術」。それはAIロボットの可能性から、私たちの生活用品にいたるまで、ますます身近な存在になってきています。ここでは「人工...
2019年8月からイギリスのロンドン・ガトウィック空港で試験運用が決まった、ロボットが駐車場にクルマを停めるサービス。クルマの下にアームを入れて、特定の駐...
「Stella Artois B.A.R.T.」は、お酒を運んでくれたり、軽食を運んでくれたりと、パーティでなにかと世話を焼いてくれます。しかも、移動しな...
カクテルにイノベーションを起こすことを目的につくられ、2014年から稼働しているロボットバーテンダーMakr Shakr。アプリをつかってオーダー。好みの...
服の上をスーッと滑るように移動するアクセサリー。これは、MITメディアラボやスタンフォード大学の研究者たちが開発した「Kino」という名の小さなロボットだ。
1月3日、セグウェイは配達ロボット「Loomo Delivery」を発表しました。事故や盗難を恐れてのことでしょうが、まずはオフィス内やショッピングモール...
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...