有名人や故人をダウンロード可能になる!?Googleが「人格」をクラウド化するための特許を取得

ピンときたのはSFファンだけでしょうか?これは結構衝撃的なニュースです!

Googleが2012年に申請したある特許が、今年3月31日に受理されたようですが、内容は「クラウド上からロボットに人格データをダウンロードするシステム」だそう。ちょっと小難しいですが、この話から予測できる未来はなかなかぶっ飛んでます。

故人が生き返る!?

85singo_shutterstock_74128768

つまり、人間の「人格」をデータ化してどこでもダウンロードできるようにするということなので、有名人や故人の性格、行動のデータをロボットにいつでもコピーできるようになるかもしれません。

「個性」に対しては、いろいろな考え方があるものですが、一番大きな要素としてあるのはその「リアクション」。同じ言葉に対しても、笑う人と怒り出す人がいます。そうした情報パターンを集めることで、「人格」を感じられるようなロボットは十分に実現できると考えられています。

しかも、そのデータがインターネット上にあれば、あらゆるデバイスからやり取りを行うことが可能。た「Siri」に話しかけてその反応の可笑しさを楽しむ人もいますが、亡くなってしまった旦那さんや子どもともう一度会話することや、有名人物に悩みを相談するなんてことも可能になるかもしれません。

有名人もロボットで再生!

85singo_shutterstock_193995797

もちろん、これまでは情報量が多すぎてデータベースの構築が困難でした。しかし、ビッグデータを扱えるようになった現在であれば、十分に実現できる可能性があります。

もう人は一人ではなくなるのかも知れません。有名アーティストのライブパフォーマンスが、ロボットを使って同時に2カ所で行われるなんて未来も無きにしもあらず。もはや何がオリジナルで何がライブなのかわからない時代がやってきそうですね・・・。


データということもあり、ロボットの性格や見た目は自由に改変できます。これまでは、有名人の性格や人生を演出するなんてことも行われてきたものですが、これからは「顧客データを元にプログラムされたアイドル」なんていうのも出てきてたりするのかも。

更に、翻訳の技術も進めば、もちろん海外の有名人と日本語で接するなんてことも。まだ具体的に何かが発表された訳ではありまんが、出会った誰かがロボットだった・・・なんて時代もそう遠くはないのでしょうか。

Reference:ZDNet

私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
クンクン嗅いでるところ、彼には絶対見られたくないけど。
バルセロナにあるデザインスタジオBel&Belがつくった、電動立ち乗り二輪車「Z-Scooter」の紹介です。
「アイデアに価値はない。それを実行できてはじめて価値になる」。そう言い切るのは、Google CEOのラリー・ペイジ。起業家のジェームス・アルトゥーカー氏...
あのGoogle EarthがついにVRに対応。その親和性の高さは、言わずもがな。世界の絶景を、よりリアルに楽しめるようになりました。こちらが、同サービス...
2017年もあと幾日。みなさんにとって今年はどのような1年だったでしょう。Googleが「2017年最も検索された言葉」を動画で振り返っています。自然災害...
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
日本時間2015年9月2日、Googleが過去最大のロゴアップデートを発表。それに伴い、当日の「Google Japan Blog」には、創業からこれまで...
米造形作家による作品です。
自己PRや志望動機、職務経験を書かなければいけない履歴書を作るのって、時間がかかるし、労力が必要。一枚の紙に自分の人生がかかっていると言っても過言ではない...
未来の食事は、一体どのようになっているのでしょうか。一粒飲むだけで、すべての栄養が取れる万能サプリ?はたまた点滴だけで食事を済ませてしまうスタイル?未来に...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
Googleが開発を進めるモジュール式スマホ「Project Ara」の最新映像が公開されました。ユーザーが使いたい機能をモジュール形式で本体に付け替えて...
イギリス発の「BeeLine」。専用のアプリを使うと目的地までの距離と方角だけを教えてくれる、迷うことや遠回りすることを楽しもうというアイテム。
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
「HEXA」は、本体の上に乗っている植物のニーズに合わせて、日向や日陰へと移動するロボット。
最近よく問題視されているのが、自動化やAIにより、失われて行く職業だが、逆に、新たにできる職業はどういうものなのだろうと考えたことありませんか?今はないけ...
一冊4,980円(販売予定価格)のノート。こう聞いただけでそっぽを向いてしまったとしても何も不思議はない。どう考えたってノートの値段ではないからね。でも、...
『Science Vs. Music(科学VS音楽)』 と銘打たれたミュージックビデオを紹介。電流が見える「テスラコイル」など、あらゆるテクノロジーを駆使...
1998年の創業以来、イノベーティブな企業の最先端を走るGoogle。同社は新たな取り組みとして、独自のデータや研究に基づいた、HR分野の改善に役立つ情報...
ビデオドラッグという表現を思い出した。
クラウドファンディングサイトで話題となったペン型マルチツールの「mininch」。ペンに加えてプラス、マイナス、スクエアといったドライバービットを収納。男...