有名人や故人をダウンロード可能になる!?Googleが「人格」をクラウド化するための特許を取得

ピンときたのはSFファンだけでしょうか?これは結構衝撃的なニュースです!

Googleが2012年に申請したある特許が、今年3月31日に受理されたようですが、内容は「クラウド上からロボットに人格データをダウンロードするシステム」だそう。ちょっと小難しいですが、この話から予測できる未来はなかなかぶっ飛んでます。

故人が生き返る!?

85singo_shutterstock_74128768

つまり、人間の「人格」をデータ化してどこでもダウンロードできるようにするということなので、有名人や故人の性格、行動のデータをロボットにいつでもコピーできるようになるかもしれません。

「個性」に対しては、いろいろな考え方があるものですが、一番大きな要素としてあるのはその「リアクション」。同じ言葉に対しても、笑う人と怒り出す人がいます。そうした情報パターンを集めることで、「人格」を感じられるようなロボットは十分に実現できると考えられています。

しかも、そのデータがインターネット上にあれば、あらゆるデバイスからやり取りを行うことが可能。た「Siri」に話しかけてその反応の可笑しさを楽しむ人もいますが、亡くなってしまった旦那さんや子どもともう一度会話することや、有名人物に悩みを相談するなんてことも可能になるかもしれません。

有名人もロボットで再生!

85singo_shutterstock_193995797

もちろん、これまでは情報量が多すぎてデータベースの構築が困難でした。しかし、ビッグデータを扱えるようになった現在であれば、十分に実現できる可能性があります。

もう人は一人ではなくなるのかも知れません。有名アーティストのライブパフォーマンスが、ロボットを使って同時に2カ所で行われるなんて未来も無きにしもあらず。もはや何がオリジナルで何がライブなのかわからない時代がやってきそうですね・・・。


データということもあり、ロボットの性格や見た目は自由に改変できます。これまでは、有名人の性格や人生を演出するなんてことも行われてきたものですが、これからは「顧客データを元にプログラムされたアイドル」なんていうのも出てきてたりするのかも。

更に、翻訳の技術も進めば、もちろん海外の有名人と日本語で接するなんてことも。まだ具体的に何かが発表された訳ではありまんが、出会った誰かがロボットだった・・・なんて時代もそう遠くはないのでしょうか。

Reference:ZDNet

新型コロナウイルスの影響で苦しむレストランを救うべく、シェフと参加者が双方向でコミュニケーションしながら料理を作るサービス「いえつなキッチン」が始動。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
11月21日、「Google」が「Google アシスタント」の新機能として「My Storytime」をローンチした。これは家にいない親の代わりに子ども...
Googleショッピング検索がより便利にアップデートされる。新機能では、特定のアイテムを掲載するオンラインショップが一括で表示され、色やサイズ、ブランドな...
アウトドアブランド「Vollebak」が抗菌作用を持つ“銅”を65%使用したフルメタルジャケットを製作。特殊な素材を用いて高機能なアイテムを開発してきた次...
クラウドファンディングサイト「Indiegogo」で約3000万円の支援金を集めたコーヒーテーブル、それが「Coosno」。冷蔵庫としても使えるのが最大の...
Google Mapsの進化が止まらない。2019年7月16日、GoogleはGoogle Maps上で「バイクシェア」のリアルタイム情報が見れるサービス...
ピザを入れらるポケットが付いているパーカが、クラウドファンディング開始です。胸のあたりにプリントされているピザがポケットになっていて、1スライスをどこにで...
私が知る限り、ユーザーの言葉を認識して、言われたことに対してキチンと操作・実行するというのが音声アシスタントのイメージ。なのに、B-Reelが開発した「S...
「Kai」は手のひらにつけるバンドのようなアイテムで、自分のジェスチャーでコンピューターなどのテクノロジーを操れる。
瓶に具材をたっぷり詰めて醬で味付けした「BINJAN」は、無添加のおかず瓶詰め。フードスタイリスト新田亜素美さんとデザインプロデュースのプロペラ社が考案し...
AppleやGoogleで働くのに“大学卒”は必要条件になっていません。
米「Apple」と「Google」は先日、スマートフォンを使って新型コロナウイルスの濃厚接触の可能性を検出・通知する技術を共同開発することを発表した。5月...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
富裕層が地区に流れることによる地価の上昇を一般にジェントリフィケーションと呼びます。この現象にベルリンにあるクロイツベルク地区では反対運動が行われています...
「Googleに入社して働きたい!」そんな夢を持ったイギリスに住む7歳の女の子、クロエ・ブリッジウォーターちゃん。彼女はその思いを伝えるために、Googl...
黒人男性のジョージ・フロイド氏が白人警官に殺害されたことに対する抗議デモが全米に広がっているなか、「ナイキ」は「#UntilWeAllWin」というハッシ...
湯本見番で開催してきた箱根観光客向けの芸者ショー「Meet Geisha」が、ビデオ会議アプリ「Zoom」を使って世界初の「芸者とオンライン飲み会」のサー...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
元Google社員だった、2人のエンジニアが創設したベンチャー企業「Nuro」。彼らのアイデアは約100億円の出資を集め、アメリカ中で話題になっています。
画像認識により手話を翻訳、モニターに表示させるシステムを開発した企業Signall。15人の熟練の研究者が集い、手の動きや速さ、表情を読み取り手話独自のニ...
アイスランドの北西部に位置する「ボルンガルヴィーク」。フィヨルドが特に有名です。近年観光客が増えているのも踏まえて、ここの市長Jón Páll Hrein...
「Draw This」は、アーティストやデザイナー、エンジニアとして活躍するDan Macnishさんによって開発されたインスタントカメラです。
ギュッと握ったらフニャッとして、その感触がクセになるスクイーズボール。クラウドファンディングサイトKickstarterで資金調達に成功した「SQUEGG...