デンマークではテスト中にGoogle検索可能!インターネットで変わる未来の試験の形って?

「暗記なんてもう古い!だってGoogle先生に聞けばいいじゃないか!」そんなセリフを心の中で叫びつつ、多くの人がしぶしぶテストのためと暗記を続けているかもしれません。

しかし、そんな心の声が現実になる日が近いのかも…。

85singo_shutterstock_194717693

4月30日に放送された「BBC Radio 4」で、イギリスの試験管理委員会「OCR」のエグゼクティブMark Dawe氏がこんなことを発言して話題になっているようです。

「今後、テストでネット検索を使用する流れは避けられないだろう。試験は、何を学んだかを計るものであり、就職やより深い学習のために必要なことでもある。それに、現実世界での学びがどんなものかを認識させるものでもある。学生達が普段勉強をする際に検索エンジンを使うようになっているのは明らかだ」

試験をつくってる人がこんな発言をしたってことは、イギリスでも実際にネット検索が試験に導入されるのかも?でも、やっぱり反対意見もあるようです。

勉強しなくなるのでは?

英「The Telegraph」誌には、「テストにネットを使っていいのなら、何も学ぶ必要がなくなるのでは?」なんて意見も。確かに既存のテストの形式で検索が自由に使えるようになるだけというのは問題がありそうなもの。

しかし、実際に導入されている国での評価は高く、テストの方法もただ検索してその答えを書けばいいという単純なものではなくなっているようです。

デンマークでは導入済み!

85singo_shutterstock_139617071

デンマークでは、2009年に14カ所の高校でテストの際のインターネット利用が導入、はじめは試験的な導入でしたが、その後制度の拡大が決定しています。

実際にテストを行った教師達は以下のようにコメント。

「私たちは現実世界のことを学校の中に取り入れようとこの試験を導入しています。生徒は宿題をする際にネットで参照した情報を使っています。だから、もっと現実に寄り添った形でテストを行う必要があるんです」Reference:VentureBeat「丸暗記という考え方より、情報を咀嚼して通訳するような能力が必要です。私たちは生徒達に、ただ繰り返すだけの学習法ではなく知識を使ってほしいと考えています。そのためにテストでインターネットを使うというのは自然な方法なのではないでしょうか」Reference:DANISH MINISTRY EDUCATION

85singo_shutterstock_250455091

もちろん、テスト中の翻訳ソフトの使用は禁止。アクセス履歴も管理されるため、単純なコピペやチャットなどは防止できるようです。さらに、今後はテストもディスカッション形式になっていく可能性があり、カンニングという概念自体が古いものになっていくかもしれません。

南デンマーク大学でeラーニングプロジェクトをリードするLise Petersen氏はこんなことを語ってます。

「テストするべきなのは分析と問題解決の能力であって、トピックに対して議論をする力です。カンニングによる不正を防ぐためには、テストの形式を変えて、検索が必要なテストに切り替えればいいんです。それが私たちが考えるべきこと」Reference:Time Higher Education

テストでググれる!と考えると、暗記が苦手な人にとっては嬉しい限り。しかし、テスト自体も複雑になってレベルが上がっていく可能性は十分考えられます。

今後どんな形式のテストが主体になっていくのかわかりませんが、入学試験の形式もネットを利用するものへと大きく変わっていくのかも。だとしたら、どんな問題が出題されるようになるのでしょうね…。

Reference:BBC Radio 4 ,  DANISH MINISTRY EDUCATION ,
Time Higher Education ,VentureBeat 


他の記事を見る
国連が定めた2030年までに達成するべき目標のことを意味する「SDGs(持続可能な開発目標)」。その17項目をすべて体現できるエコヴィレッジが、デンマーク...
2013年に立ち上げられたデンマークの音楽プロジェクト「AquaSonic」。5人のパフォーマーがそれぞれ水槽の中に身を沈めて演奏します。
「AquaSonic」は、デンマークのパフォーマンス団体「Between Music」によるプロジェクト。何といっても、最大の特徴は水中演奏です。
福祉国家として有名な北欧の国、デンマーク。消費税率25%、国民負担率約70%(日本は約40%)と、かなりの高納税国である。その一方で、医療費無料、出産費無...
あのb-monsterが羽田空港にオープン日本初、空港内にあるフィットネスジムb-monster HANEDA studio〒144-0041 東京都大田...
2月11日、アメリカの高級百貨店チェーン「Barneys New York(バーニーズ・ニューヨーク)」が、マリファナを取り扱うセレクトショップをオープン...
デンマークには、大人が教養を学ぶ「フォルケホイスコーレ」という学校があります。と言っても試験はなく、17〜18歳以上なら誰でも学べて全寮制。期間は数ヶ月間...
レイアウトにも気を使ったバイクストアが、日本でも増えてきました。でも、デンマークでオープンしたばかりの「United Cycling Lab & Stor...
オラファー・エリアソンが手がけた、デンマークの投資信託会社Kirk Kapitalのオフィスです。
ここで紹介するのは、デンマークの広告会社がインターネット上でも男女平等を実現しようという目的で行った社会実験動画。内容を知ると、彼らの平等に対する考えがい...
廃棄食品を再利用して、新たな食べ物にする。3Dプリンターを使って、食べ物を作る。どちらもすでに注目されている取り組みですが、この2つを組み合わせた企業がオ...
「ソーラーパネルなのにカッコイイ」。デンマークにある学校を見た時に、初めてそう思った。表面は1万2,000枚のパネルで覆われていて、年間で必要な電力の半分...
8月21日、Googleが良いニュースだけを教えてくれるGoogleアシスタントの新機能をテストしていると発表しました。
これは、デンマークの自転車ブランド『Biomega』が、2021年から2023年ごろにリリースすると発表したEVコンセプトカー『SIN』です。
2014年の平均出生率が1.42と、少子高齢化が問題となっている日本。ただ、この問題は日本だけでなく多くの先進国に共通の悩みです。そんな中、デンマークの旅...
「Eurostat」が行なった、ヨーロッパで一番幸せなのは誰?という研究で、「デンマークのおばあちゃん」との結果が発表されました。同国は、高額な税制度と引...
 ライターのTERUHAです。海外旅行は年1,2回だけ。トラベラーを名乗るにはあまりにフツーの旅行好き。武器はゆたかな想像力という名の妄想力! そんな私が...
外苑前にある「ワールド・ブレックファスト・オールデイ」は、“朝ごはんを通して世界を知る”がコンセプト。その土地ならではの歴史や文化、栄養、楽しい生きかたの...
チェックしない日はないほど、生活に浸透したSNS。もし、インターネットがない時代に、これらのサービスが生まれていたとしたら……。
ネパールの山奥に暮らす一人の教師が、インターネット環境のない村にワイヤレスネットワークを導入しました。それも政府に内緒で。今から13年前のことです。オース...
このテスト、ネイティブスピーカーでさえ全正解率は5%という難関らしい。でも、日本人って、意外と文法には強かったりするもの。なので、全16問に挑戦してはどう...
デンマークのレインウェアブランド〈RAINS(レインズ)〉の「Backpack O.S」は、見ての通りミニマルなバッグ。だけど、容量は14.3リットルと結...
デザイナーMagnus Maarbjergさんが、2050年あたりの未来を予想している。少しばかり悲観的なイメージを受けるが、日本に暮らしている人は他人事...
ここで紹介するのは、フィンランドに住むアメリカ人教師のティム・ウォーカー氏が、同国の幼稚園を訪問して気付いたこと。そこで採用されていた教育方針は、アメリカ...