いつ使うか分からないけど覚えておきたい、世界のフシギな言葉7選

外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。

例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特有の感性が表れていて、うまく他の国の言葉には翻訳できないといいます。

ここでは、イラストレーターのエラ・フランシス・サンダースさんの著書『翻訳できない 世界のことば』(創元社)から、「え、そんなのいつ使うの?」というユニークなフレーズを紹介しましょう。

01.【ピサンザプラ】
バナナを食べるときの所要時間。

PISAN ZAPRA/マレー語、名詞

人やバナナにもよりますが、一般的には2分くらいだとか。つまり「1ピサンザプラ=1バナナ=約2分」ということでしょうか?

バナナで時間表現をするあたり、東南アジアの国柄がうかがえます。

02.クンマーシュペック】
直訳すると「悲しいベーコン」
食べすぎがつづいて太ること。

KUMMERSPECK/ドイツ語、名詞

「やけ食い」しちゃうことってありますよね。そのとき、私たちの体は幸せを感じるようにできているのです。ただし、1ヶ月後の自分の姿を見るまでは…。長い休暇のあとに、この言葉を使う機会が多くなりそう!?

03.コティスエルト】
シャツの裾を、絶対ズボンの中に
入れようとしない男の人。

COTISUELTO/カリブ・スペイン語、名詞

ラフで、ちょっとキザな印象だった言葉も、今ではちょうどいいサイズのシャツを着て、人生も着るものもリラックスしている男性の印象に。「絶対」と強調するあたり、シャツを入れない男性の信念すら感じますね。

04.ポロンクセマ】
トナカイが休憩なしで、
疲れず移動できる距離。

PORONKUSEMA/フィンランド語、名詞

トナカイのいる地方では死活問題なのかもしれませんが、かなりアバウトな距離表現。実際には、約7.5kmなのだとか。

05.【イクトゥアルポク】
だれか来ているのではないかと期待して、
何度も何度も
外に出て見てみること。

IKTSUARPOK/イヌイット語、名詞

寒い地方でわざわざ外に出るということは、相当な期待と待ちきれない気持ちなのでしょう。待ちわびている姿を想像すると、少し切ない気持ちになります。

06.【ムルマ】
足だけを使って、水の中で
何かを探すこと。

MURR-MA/ワギマン語、動詞

絶滅の危機にさらされている、オーストラリア先住民の言葉。実際に存在するものを探しているのか、生きていく上で人生に必要な何かを探しているのか。捉えようによっては奥深さを感じる言葉ですね。

07.【グルファ】
片方の手の平に
のせられるだけの水の量。

GURFA/アラビア語、名詞

水の測り方としてははっきりしない量ですが、両手でなく片手なのでとても少量なのでしょう。砂漠の多いアラビアならではの表現と言えるかもしれません。

『翻訳できない 世界のことば』著・イラスト:エラ・フランシス・サンダース 訳:前田まゆみ(創元社)

ひとことでは訳せない、世界のユニークな単語たち。忘れかけていた思い出や、はっきりと表現できなかった感情を表す不思議な「ことば」と出会えます。

外国の文化にふれるとき、「翻訳すること」はとても大切ですが、ときに「うまく翻訳できない言葉」が存在します。例えば、「わびさび」や「木漏れ日」などは日本語特...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
世界で使用されている言語は、およそ7,000。しかし、いま数少ない人が限られた地域で用いている「小さなことば」が、次々に消えてしまっています。本書は、世界...
諸説あるからこそ、歴史や文化、時代背景などにも想いを巡らせられる「アメリカンカジュアル」の世界っておもしろい。そこで、原宿「BUDDY」の店長にアメカジに...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
メートルやフィート、グラムやポンド。世界にはさまざまな「単位」がありますが、なかには聞いただけではイメージできない、呪文のようなものもあるのです。ここでは...
Googleマップが「翻訳機能」を11月中に実装することを発表。地名や住所が翻訳されるだけでなく、現地の言葉でテキストを読み上げてくれる機能も。海外旅行が...
「日本遺産」って聞いたことありますか? 世界遺産ではありませんよ。JAPAN HERITAGE、そう、日本遺産です。世界遺産の縮小版かな、なんて思ったとし...
知っているようで、よく知らない。よく使っていたけど、意味を勘違いしていた。そもそも、聞いたことがない。日本語には、まだまだたくさんの「知ってしまったら使い...
ことわざとはふしぎなもので、翻訳すると、まったく意味が分からないものになることがあります。日本で日常的に使われている「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のよ...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
「トレサレーヌ」「アラウトゥン」「ハナゲ」…測れそうもないことを推し量ろうとする事で、科学も文化も発達してきた。本書では、近代化とともに使われなくなった、...
いま、「世界最高」の名を欲しいままにするケーキがあるのを知ってますか?
「WT2 Plus」は、イヤホン型の翻訳機。使い方は簡単で、ひとつは自分、もう片方を相手に着用してもらうだけ。Bluetoothでアプリと連動させると、会...
8月12日は、世界象の日。絶滅の危機にある現状と、保護を訴える目的で2012年に制定された。Elephant Voicesのチームも「いま危機的状況にある...
ポーランド有数の観光スポット、ヴィエリチカ岩塩坑。世界遺産ということもあり世界中から多くの人々が訪れるこの場所には、坑夫が採掘道具で彫ったという多数の塩の...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
煙突のようなこの「かぶりもの」いったいナンダ?
今はまだ行けないけれど、また海外旅行へ気軽に行けるようになったら、いつかは泊まりたい「世界の憧れホテル」をまとめてみました。ホテルを軸に、旅する国や旅行プ...
著書『パーソナル・グローバリゼーション~世界と働くために知っておきたい毎日の習慣と5つのツール~』(幻冬舎)で世界に通用する人材になるためのスキルを提唱す...
世界にはとてもユニークなサイトがたくさん存在します。その中から「各国の本当の大きさ」を把握できるサイト、「いらない発明」が詰まったサイト、「バーチャルドラ...
海外旅行を諦めるのはまだ早い。体験型オンライン旅行サービス「Travel At Home」なら、お家にいながら世界を旅できる。
「猿も木から落ちる」「猫をかぶる」のように、日本で日常的に使われていることわざも、海を渡ればふしぎな言葉に聞こえることがあります。その国ならではの言葉や言...