辻堂のコーヒーショップで「受け継がれたエプロン」

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

THE GREEN STAMPS CAFE
“年季”と“汚れ”の境界線

胸元に大きく付着したシミ、腰ポケットは生地がかすれて変色している。“いい味”と形容するには、くたびれ具合が度を超えて映るこのエプロンだが、新人バリスタ高下将之介さんには輝いて見えた。

「これを着てドリップしているバリスタの姿がめちゃくちゃかっこよく見えたんです。憧れたっていうか」。

THE GREEN STAMPS CAFEの常連客だった高下さんはそれから半年後、カウンターの“中の人”になり、オーナーの私物だったエプロンの所有権が彼に移った。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

「どこで買ったものかも、ブランド名も、正直全然わかりません(笑)」。

エプロンの裾、かろうじて読み取れたのはSTANLEY & SONSのロゴ。ブルックリンの工房でレザー染め、なめし、裁断、染色、縫製までオールハンドメイドでつくるバッグとエプロンが人気のブランドだ。

譲り受けた時点でカーキ色のエプロンはすでに、十分エイジングがかかっていたようだが、キャンバス地の胴体部は触ると今もそれなりに硬さを保っていた。紐はすべてレザーで仕上げ、耐久性を高めるためにリベットで留められている。特筆すべきは腰紐。エプロンには珍しい、片側からループにかけるシングルベルト。かっこいい。

たしかにボディもパーツも、どれもくたびれきってはいる。でも、ほつれや破れは見当たらない。丁寧に手入れされてきた現役選手だ。

「年季の入ったものって、単に汚いだけのものもありますが、かっこよく見えますよね。ほんと紙一重。僕にはこのくすんだ色やヨレた感じが、かっこいいんです。使い込まれたグローブみたいで」。

カウンター越しの
エプロン姿に見た夢

サーフィンが趣味の高下さん。休日波乗りのあとに立ち寄るお客だった彼を淹れたてのコーヒーで迎えたのが、くだんのTHE GREEN STAMPS CAFEオーナー山田一歩さんだ。

何度か通ううちに冗談半分で、店に立つオーナーにこう切り出した。「やらせてください!」。そこから半年、休日を利用して無給で働き、バリスタとしての一歩を踏み出した。

「お金をもらえなくてもよかった。店に立ってみたかったんです。軽快にお客さんと話し、人と人とがつながっていく。そういうコーヒーカルチャーが好きだったから」。

飲食店の経験はゼロ。もちろんバリスタも未経験。それでも、熱意と人懐っこい高下さんの笑顔にオーナーは首を縦に振った。弟子と師匠、のような師弟関係ではないらしいが、エプロンが高下さんの元へと渡ったのは事実。

「今は、毎日でいっぱいいっぱいですが、いずれは地元広島でお店を出せたらいいなとは思ってます」。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

後日、オーナー山田さんにエプロンの出自を尋ねてみた。

「人生で初めて買ったエプロンなんです。自分で店を持って、それを初めてのスタッフである高下に引き継いでもらいました」。

そのエプロンは山田さんがまだバリスタになる前、かっこいい飲食店を展開する知人オーナーに憧れ、見切り発車で買ったもの。修行時代を経てやがてその夢は現実となり、同じ希望を抱いた高下さんと出会ったわけだ。

いつか、高下さんが開店するコーヒーショップに憧れてやってくるスタッフに、このエプロンが継がれていったとしたら……なんだか夢のある話じゃないか。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

Stanley & Sons
2008年にブルックリンでスタートしたブランド。厳選されたキャンバス地や、自分たちで手染めしたベジタブル・タンレザーを使用しデザイン、裁断、染色、縫製、プリント、ハンマーリングなどすべての作業をブルックリンの工房で手作業で行っている。

取材協力:THE GREEN STAMPS CAFE

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
たばこと塩の博物館にて「たば塩コレクションに見る ポスター黄金時代」展開催中。2020年2月16日まで。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
来年2月20日〜24日、「アートやデザインを通じて、学校では教えてくれない未来のことを考える新しい場」をコンセプトに掲げるアート×テクノロジーのイベント「...
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
アートホテルベンチャー「BnA」が日本橋にカルチャー発信のハブ拠点「BnA_WALL」を2020年夏にオープンする。同社にとって、高円寺、秋葉原、京都河原...
毎日ミュージックビデオを紹介する連載企画。今日は、The Pogues(ザ・ポーグス)の『Fairytale Of New York』です。
全12回にわたってお届けしている、ちょっとディープな台湾ガイド。第9回は「いま、台北で行くべきコーヒーショップ3軒」です。
そういえば、エプロンも、クロスも、ナプキンも、いつもバラバラ。という人たちに向けたトータルコーディネートの提案です。
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。