パステルトーンのコーヒーショップで出会った「甘すぎないエプロン」

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

路地裏のON THE WAY,
親しみやすいエプロンの色

下北沢ほど街ブラに適したエリアはない。路地を入った生活圏のなかに小さな商店が点在する。ON THE WAY,もそんな裏路地にあるコーヒーショップだ。目印はパステルカラーのひさし、ドア、それとこの薄花色のエプロン。

©YUJI IMAI

「もともとは、今より濃いめの紺色だったんですよ。オープンから4年使って、だいぶ色落ちしてきちゃいましたね(笑)」。

マネージャー福田晋吾さんは、ショップの立ち上げからオリジナルエプロン制作にも携わり、そして今もバリスタとして店に立つ。たしかに色褪せてはいるが、ビビッドな原色には表れてこない親しみやすさを感じる。

このエプロン、ほとんど装飾がないように見えて、ポケットをリベット留めで補強したり、洗濯表示のロゴをあえて表地にプリントしたりと随所にアソビがうかがえる。どうやら単純な既製品ではなさそうだ。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

“主張しないこと”がこだわり

じつは福田さんはアパレル出身。会社を辞め、オーストラリアのコーヒーカルチャーに魅了され、現地のショップで働きながら、いつか自分が店を持ったときのエプロンのイメージを膨らませていたという。

帰国後ON THE WAY,オープンに参画したとき、前職からつながりのあった鎌倉のセレクトショップLosangoのオーナーに制作を依頼した。ショップのコンセプトやカラーを共有しながら、オーストラリアで温めていた自身のイメージもそこに落とし込んでいった。

なかでもこだわりが強かったのが生地の色。店舗は個性の強いパステルカラー。そのなかで逆にエプロンは主張させず、落ち着いたトーンで行くと決めていた。さりげなく、かっこよく。

「ピアス、時計、メガネ。身につけるものって自分が気に入ったものっていう前提がありますよね。カッコイイとかおしゃれとか。エプロンもファッションの延長だと思っています。だから、小物使いのアクセントになることを意識しました」。

前面に出すぎるばかりが個性じゃない。ここのエプロンは、いい具合にさりげなく主張する。

©YUJI IMAI

コーヒーショップはカウンター越しのコミュニケーション。
ワッペンをやや高めの位置にしたのはそのため。

©YUJI IMAI

店の奥でつくるカップケーキはテイクアウトも可能。

©YUJI IMAI

Losango 
鎌倉市長谷にあるセレクトショップ。本物で自然、無駄がなく緻密、そしてcool。そんな生活にかかわる道具が世界各国から集められている。ワークウェアの受注生産も。

取材協力:ON THE WAY

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!

関連する記事

辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
トルコの建築事務所「Hayri Atak Architectural Design Studio」は、2020年3月からカタールに巨大なエコフローティング...
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
英国のシェフ専門エプロンブランドと国内ブランドによる「エプロンウェア」のポップアップストアがHIBIYA CENTRAL MARKETで開催。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
毎日アプリを開いてチャットする日々に疲れた人のための、“木曜日限定”の新感覚デーティングアプリが開発中。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
まさに変幻自在。ベストやエプロンに変化する「トートバッグ」が登場した。
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
家に眠るジーンズをエプロンにアップサイクルしてくれるプロジェクト「デニム再生物語 DENIM REMAKE」が「Makuake」に登場。長年愛用したジーン...

おすすめ記事

埼玉県、名栗エリアの北欧文化を体験できる施設「Nolla naguri(ノーラ名栗)」が、グランピングエリア開業にともない2021年4月29日(木)にグラ...
米国にできた最新の「7-Eleven Evolution」で夢のような宿泊プランが企画中。快適なラウンジシートや「プレイステーション 5」が用意されている...
3月16日、軽井沢にほど近い御代田町に新たなラグジュアリーホテル「THE HIRAMATSU 軽井沢 御代田」が開業。すでに予約を受付中。
浜松市の鉄工所がつくったジュラルミン仕様のペグ。強度はもちろん、らせん形状に秘密あり。
英国発のフレッシュハンドメイドコスメを展開するLUSHが、短編ドキュメンタリー映画『We the Bathers』を企画制作。
アメリカの自動車ブランド「シボレー」が「ディズニー」とコラボ!新型の「Bolt EUV」のプロモーション動画を発表した。
ここ数年の間にニューヨークのサイクルシーンはめまぐるしく変わった。メッセンジャーたちによってストリートから生まれたピストのムーブメントがひと段落し、いまの...
あの子も、この子も、そして、わたしも。
大分県の景勝地、耶馬渓に3日間限定でが「耶馬溪トンネルホテル」がオープン。客室となるのは道路に設置されたキャンピングカー。トンネル内には、建築家・佐野文彦...
1985年にスタートした、つげ義春のシリーズ連作漫画『無能の人』。主人公の助川助三は、多摩川の河川敷で拾った石を掘建て小屋に並べ、その石を売る。妻に愛想を...