パステルトーンのコーヒーショップで出会った「甘すぎないエプロン」

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

路地裏のON THE WAY,
親しみやすいエプロンの色

下北沢ほど街ブラに適したエリアはない。路地を入った生活圏のなかに小さな商店が点在する。ON THE WAY,もそんな裏路地にあるコーヒーショップだ。目印はパステルカラーのひさし、ドア、それとこの薄花色のエプロン。

©YUJI IMAI

「もともとは、今より濃いめの紺色だったんですよ。オープンから4年使って、だいぶ色落ちしてきちゃいましたね(笑)」。

マネージャー福田晋吾さんは、ショップの立ち上げからオリジナルエプロン制作にも携わり、そして今もバリスタとして店に立つ。たしかに色褪せてはいるが、ビビッドな原色には表れてこない親しみやすさを感じる。

このエプロン、ほとんど装飾がないように見えて、ポケットをリベット留めで補強したり、洗濯表示のロゴをあえて表地にプリントしたりと随所にアソビがうかがえる。どうやら単純な既製品ではなさそうだ。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

“主張しないこと”がこだわり

じつは福田さんはアパレル出身。会社を辞め、オーストラリアのコーヒーカルチャーに魅了され、現地のショップで働きながら、いつか自分が店を持ったときのエプロンのイメージを膨らませていたという。

帰国後ON THE WAY,オープンに参画したとき、前職からつながりのあった鎌倉のセレクトショップLosangoのオーナーに制作を依頼した。ショップのコンセプトやカラーを共有しながら、オーストラリアで温めていた自身のイメージもそこに落とし込んでいった。

なかでもこだわりが強かったのが生地の色。店舗は個性の強いパステルカラー。そのなかで逆にエプロンは主張させず、落ち着いたトーンで行くと決めていた。さりげなく、かっこよく。

「ピアス、時計、メガネ。身につけるものって自分が気に入ったものっていう前提がありますよね。カッコイイとかおしゃれとか。エプロンもファッションの延長だと思っています。だから、小物使いのアクセントになることを意識しました」。

前面に出すぎるばかりが個性じゃない。ここのエプロンは、いい具合にさりげなく主張する。

©YUJI IMAI

コーヒーショップはカウンター越しのコミュニケーション。
ワッペンをやや高めの位置にしたのはそのため。

©YUJI IMAI

店の奥でつくるカップケーキはテイクアウトも可能。

©YUJI IMAI

Losango 
鎌倉市長谷にあるセレクトショップ。本物で自然、無駄がなく緻密、そしてcool。そんな生活にかかわる道具が世界各国から集められている。ワークウェアの受注生産も。

取材協力:ON THE WAY

Top image: © YUJI IMAI
はたらく人のエプロンに注目です!
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
下北沢の老舗カレーショプ「茄子おやじ」で出会ったCarharttのエプロン。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
徳島県上勝町の小さなブルワリーの直営店「KAMIKATZ TAPROOM」。捨てられた衣類や古布でリメイクされたエプロンに注目!
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
クラウドファンディングサイトKickstarterで、現在、資金調達中のサングラス「Ochis」。これ、ちょっと変わっていて、コーヒーの香りがするそうです。
ブラックコーヒーを飲んでいる人を見ると、なんだかとカッコよく見える気がする「マジック」。人は、どうしてこの魔法にかかってしまうのか。私なりに答えを導き出し...
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。