下北沢の老舗カレー屋はキッチンでも「ワークエプロン」

味、サービス、雰囲気、客層……お店の価値をそれだけで決めてもらっちゃ困る。街は百花繚乱、目を奪われるエプロンだらけ。わざわざ店まで足を運ぶ価値はここにだってある。

というわけで、働く人たちのアガるエプロンをじっくり拝見。ついでに教えて!そのエプロンどこのですか?

©YUJI IMAI

下北沢の老舗カレー
二代目はワークエプロンでキッチンに立つ

カレー激戦区のイメージが下北沢に定着する以前から、この町でカレーといえば「茄子おやじ」。創業29年の老舗は、カレーと珈琲をレコードを聴きながら味わう店。初代オーナーからのれんを引き継ぎ、音楽活動も続ける西村伸也さんのエプロンが今回の主役だ。

「最近、新調したばっかりなんですよね」。

おっ、Carhartt!?
ロング丈のエプロンは、ウエストまわりや裾にようやくシワが出始めている。前身頃だけで大小10のポケットは、さらにサイドにも2つ。もちろん、カレー屋にこの量はtoo muchだが、このスタイルも西村さんのお気に入り。

最大の魅力は頑丈さ。タフなダック生地は一度二度洗ったくらいじゃ簡単にはヘコたれない。使い込むほど生地は柔らかくなるのに、前述のシワは深く刻まれ表情をつくる。

「感覚的なものなんでしょうけど、薄手のエプロンよりがっちりタフな生地のほうが身が引き締まるんですよね」。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

12オンスのがっしり生地。リベット留めで機能的に区切られたポケット。

“ストリート”を身につけていたい

アメリカンワークウェアのアイコンは、1990年代に入ると西海岸のHIP HOPシーンにおいてそのスタイルが受け入れられ、ストリートウェアとしての地位を確立。ほどなく、その波は日本にもやってきた。

「世代的にワークウェアがストリートファッションとして、めちゃくちゃ流行った時代。きっとそういうのも影響しているだろうな。つねに音楽シーンとともにあったし。いまでもワークスタイルが好きで、どうせならエプロンもCarharttがいいなって」。

ハンマーループのペインターパンツ、カバーオール、Tシャツ、ニットキャップ。ほとんどアップデートすることなく、いまも90年代のストリートのにおいがする。そういった部分にも惹かれると西村さんは言う。

音楽とファッションとカルチャーが交錯する下北沢で四半世紀以上、頑なに創業時からのカレールー1種で勝負する茄子おやじともリンクする部分がある。

Carharttでも敵わない
カレー屋特有のニオイ

©YUJI IMAI

「毎日カレーをつくっていれば油が飛び跳ねてくる。多少シミにもなりますが、それに耐えられるエプロンでないとダメなんですよね。エプロンは汚れてなんぼだと思ってますから(笑)」。

汚れを気にしないで身につけられる。それもCarharttの醍醐味だ。ところが……タフなエプロンをもってしても敵わない、カレー屋特有の悩みがあるそうだ。

「むしろ天敵はニオイ。カレーに欠かせない玉ねぎを毎日10時間くらい炒めるんですが、玉ねぎのニオイって強烈なんですよ。エプロンに蓄積されていって、最後はもういくら洗っても取れなくなる」。

然しものCarharttでも、玉ねぎのニオイばかりはどうにもならない、か。

©YUJI IMAI
©YUJI IMAI

Carharttのエプロンでキッチンに立つ。いかにも下北沢らしい光景。それを目にした若いお客が興味を示す。

「洋服やロゴは知っていても、ガチなワークウェアは始めて見るって子が多いんでしょうね。エプロンもあるんすか!みたいな反応ですから」。

流れるレコードのアーティストや曲名を教えるように、ブランドの説明をしてあげる。カレー屋にいながら音楽やファッションを軸に会話がつながっていく。こういうのもまたシモキタらしさだ。

©YUJI IMAI

Carhartt Firm Hand Duck Apron
1889年設立のアメリカを代表するワークウェアブランド。エプロンはショート丈のDuck Nail Apronと、このロング丈がある。

取材協力:茄子おやじ

Top image: © YUJI IMAI
下北沢のコーヒーショップ「ON THE WAY,」のスタッフエプロン。
下北沢のヘアサロン「Acotto La'bas」店長愛用、美容師仕様のエプロン。
中目黒高架下溶接ワークショップFe★NEEDSで出会ったヴィンテージデニムのエプロン。
フェスシーンやキャンプで人気の高い「マナスタッシュ」と老舗ワークブランド「ユニバーサルオーバーオール」のコラボパンツ。特徴的なのは、エプロンポケット。取り...
辻堂のコーヒーショップTHE GREEN STAMPS CAFEで出会った「STANLEY & SONS」のエプロンについて。
ONIBUS COFFEEのレザーエプロン。お客も一緒になって経年変化を楽しめます。
サイクルショップBLUE LUG 上馬店で見つけた「ILE」のエプロン。メカニック仕様です。
アメリカ・ヨーロッパの仕事着や作業着の要素を取り入れた1900年代中頃のワークウェアに、今再び注目が集まっている。当時の労働者を象徴するスタイル、そのひと...
渋谷区神南のコーヒーショップ「hello! from GOOD MEALS SHOP」で出会ったエプロン。
キッチンで定位置があるようでないのがタオル。いつもどこに行ったか行方を探す人にオススメのタオル一体型エプロンを和田率さんに紹介してもらいました。
VERVE COFFEE ROASTERS鎌倉・雪ノ下店とTAYLOR STITCHによるコラボエプロン。
突然ですが、スパイスからカレーを作ったことがありますか?さすがにそれは…って人、多いんじゃないでしょうか。
茶碗1膳分、食べきりサイズのレトルトカレーです。
家庭ごとにカレーの味ってありますが、仕上げにお酢を加えるというアイデアもあるんです。
東京・練馬区にある「豊島園」に向かって歩いていると、おいしそうな昔ながらのかき氷屋さんを見つけた。店内に入ると「カレーとかき氷のセット」が目に入った。辛み...
テイクアウトもOK!下北沢のクラフトビール量り売り専門店TAP&GROWLER〒155-0031 東京都世田谷区北沢2丁目33-6 飯嶋ビル1階https...
インド北部ラージャスターンの伝統料理だそうです。さすがはインド、奥が深い。
カレーを食べたあとのお皿やお鍋。あのこびりついた汚れって、なかなか落ちにくいものですよね?あの汚れをスパッと落とす解決策がありました。
製品化したのは、デザイナーの太刀川英輔さん。食事もまともにできない多忙な日々のなかで、レトルトカレーをそのまま食べてみたところ、意外にイケる、どころか、ウ...
大阪の「自由軒のカレー」と言えば、カレーとご飯を混ぜた茶色いお米の上に卵が落としてある独特の姿が有名。そんな自由軒のおいしいカレーの味を、好きな時に好きな...