新形状と新素材の採用でバツグンの寝心地を実現した「寝袋」

応援購入サービス「Makuake」にて販売中の寝袋「レリーバーシュラフ」は、ちょっと変わった形状素材が特徴。

密着性が高く安心感のあるマミー型と、布団に近いゆったり感を実現する封筒型の両方のメリットを活かしたフォルムは「ブーツ型」と呼ばれ、寝返りをうてるほどのゆったり感保温性を下げない適度な密着感を実現。

素材には、最高級羽毛「アイダーダウン」を生態模倣した新たな人工羽毛「AirFlake」を中綿素材に採用しており、軽量でありながらもボリューム満点圧倒的なクッション性抜群の保温力を誇り、快適な寝心地を提供してくれる。

しかも、なんとこの素材、限りある天然素材の羽毛に頼ることのない、100%リサイクル原料からできたサステイナブルなものなのだとか。

レリーバーシュラフの商品ビジュアル
©Makuake
レリーバーシュラフ 使用イメージ
©Makuake

また、計算され尽くした優れた機能性も自慢。

タオルを入れて自在に高さを調整できる枕用のポケットや、貴重品を枕元で管理するための小物用ポケットの設置。2つ組み合わせてクィーンサイズにできる仕様、ゆったりと手軽に出し入れ可能なクッション型の収納袋の付属、洗濯機で丸洗い可能な点など、かゆいところに手が届くような便利なポイントが満載。

アウトドアだけでなくインドアでも使いたくなる新感覚寝袋。気になる方はコチラをチェック。

レリーバーシュラフ 枕用ポケット
©Makuake
レリーバーシュラフ 収納イメージ
©Makuake
レリーバーシュラフ クッションとしての使用イメージ
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事