マットレスを巻いてくぼませれば…ソファに変身。

世の中には、実体験から生まれたユニークなプロダクトがある。「Paq Bed」と呼ばれるソファもその一つ。これは、開発者であるGéza Csireの引越しがきっかけで生まれたもの。

ある日、Gézaは、家具を持たずに家を移らなければならなかった。すると友人の1人が寝るためにマットレスをプレゼントしてくれたという。が、場所は取られるし、見た目も気に入らない。一方で、どうしても肘掛けのソファが欲しかった。

やがて、折り紙をしていた際に契機が訪れる。長方形の紙を丸めて円柱を作り、片側を押し込んだら…あることに気づく。「コレ、ソファの形状になっている」。こんな経緯で「Paq Bed」は産声をあげたとのことなのだ。

二枚のマットレスが
ソファに早変わり

組み立て方はじつにカンタン。

①マットレスを二枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。
②ジッパーで固定する。
③くぼませる。

たった、これだけ。これなら、子どもでもカンタンに組み立てられるだろう。二重になった背もたれの部分は背中をしっかりと支えてくれるとのこと。長時間でも快適に座れそうだ。

スタイリッシュな
5つのカラバリ

「Paq Bed」のカラーバリエーションは、オレンジ、青、赤、紫、緑の5色。スタイリッシュでビビットなマットレスカバーは、撥水加工がされているのでお手入れもラクラク。洗濯機で洗うこともできるみたい。

ちなみに、内側のマットレスは共通のグレーとなっているが、こちらの面を表にして使うこともできるようだ。

公園やビーチにも
持ち出せる

さらに、ユニークなのは、室内だけではなくて屋外にも持ち出せちゃうこと。本体の重さは、7kgと持ち運びできる重さ。気分次第で、時にはマットレスとして、時にはソファとして2wayで使えるのもポイント高し。公園の芝生やビーチ、あるいは、プールサイドと…あなたのお気に入りの場所で活躍してくれるかもしれない。

「Paq Bed」の価格は、本サイトを見る限りでは349トルコリラ(約11,000円)。ソファにしては、かなりコスパが高いといえる。プロダクトに関する詳細はこちらまで。

Licensed material used with permission by Maform Design Studio
9月3日、オーストラリア発の寝具ブランド「コアラ・マットレス」は、同社のマットレスを搭載した車内で快適な昼寝ができるサービス「ぐぅ~すCAR お昼寝デリバ...
「人類進化ベッド」。楕円形で、横になった時に体を優しく包み込んでくれるソレは、土台やマットレスなど様々な部分でチンパンジーの寝床を再現した優れもの。
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
忙しい1日を過ごしたら、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。その時に大事なのが、身...
今回は「ドムドムハンバーガー」。都心ではなかなかお目にかかれないあのドムドムが1日限定で池尻大橋に!