まとめ買いできる「フォールディングソファ」。

〈All About Activity(オールアバウトアクティビティ)〉の「フォールディングソファ」です。自立式ハンモックで知られるブランドですが、デイリーユースなこのチェアにこそ注目したい!

BKFチェアをカジュアルにしたような、このタイプのチェアはいろんなアウトドアブランドから発売されています。どれも甲乙つけがたいのですが、〈All About Activity〉のコイツは、まず安いです。

一脚税込6,480円。

これなら家族の人数分、あるいは来客分まで、一気に買い揃えることが可能です。折りたたみ式だから、スペース的な問題もありませんし。

そして色です。

写真のカーキのほかに、ブラックとホワイトというラインナップは、どれもインテリアとして選びやすい。完全に屋外用のフォールディングチェアに比べて、落ち着いています。

座っている時に、無意識に手でスリスリしちゃうシートの素材も魅力のひとつ。少し起毛した感じです。

公式オンラインショップで購入可能です。

今、僕らがリアルに使っているもの、使えるもの。『ビー』の記事は、毎日1本公開中です。

〈Seria〉のスクエアボックスは、インテリアだけでなくアウトドアシンーンでも大活躍。ロープやカラピナなど細々したものを入れるのに重宝します。
「Air Throne」は、持ち運び便利なエアーソファ。最大のポイントは、空気を入れる手軽さ。内蔵されているマイクロポンプに、スマホを接続するだけ。たった...
ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
2枚のマットレスはソファに変身する!?組み立て方はじつにカンタン。①マットレスを2枚重ねて、円柱状の台にかぶせる。②ジッパーで固定する。③くぼませる。たっ...
本日10月1日、「リーボック」がブランド初の植物由来素材を原料とする高機能性ランニングシューズ「FOREVER FLOATRIDE GROW」を発売する。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
本来はアウトドア用だけど、日常でも使えるプロダクト。〈ユニフレーム〉のドリッパー「コーヒーバネット」は、その代表格とも言えるものです。
国内外のアウトドアブランドが手がけるマスクをまとめて紹介します。今夏、待ってでも欲しいマスクは要チェック!
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...
モノとしては珍しくもなんともないんだけど、Amazonのプライベートブランドである〈Amazonベーシック〉から発売されているコイツは、黒一色ってところが...
レトロなデザインと革新的な技術を持ち合わせたワイヤレスキーボード「PENNA」。タイプライターからインスピレーションを得てデザインされたというレトロクロー...
海でも山でも、もっと広げればイベントやフェスでも大活躍しそうなソファーをご紹介。アウトドアなのにソファーなんて、おかしく聞こえるでしょう。だけど、この心地...
当方中年の男性です。だから、少々のことでは“カワイイ”とか言わない。無邪気に使うには抵抗がある言葉です。
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
忙しい1日を過ごしたら、何よりも家でくつろぎたい。お気に入りの音楽や本、テレビやラジオと共に過ごすひと時は、誰にとっても大切なはず。その時に大事なのが、身...
「海ではしゃぐマッチョ」や「告白してフラれるマッチョ」など、「マッチョだけのフリー素材」を集めたサイトが登場。
今週末10月2日(金)、米国発の「キンプトン ホテルズ&レストランツ」ブランドの日本初上陸となる「キンプトン新宿東京」が東京・西新宿にオープン。
〈nonnative(ノンネイティブ)〉と〈Timberland(ティンバーランド)〉のコラボレーションから生まれた「SUPER 6 INCH GORE-...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
タイの家具デザイナーApiwat Chitapanyaさんが製作したソファの紹介です。これは日本庭園のなかで佇む石に着想を得ていて、名前は「Zen Sto...
寒い朝に布団のなかでウダウダする必要はありません。飛び起きても、寒くない。
終活イベントの「入棺体験」での「集中できる」「瞑想したくなる」「落ち着く」といった体験談や、社内でも集中したいときに「ちょっと棺に入る」という社員が出始め...
まるでボトルのようなカタチの〈SOLR LANTERN〉はランタンとしての仕様はもちろん、中にコード類やサングラスを入れて使うこともできます。