ColemanとMonroが手がける『INDIGO LABEL』は、食にだってこだわる

『INDIGO LABEL DINER』というイベントにお邪魔してきました。

このイベントは、ColemanとMonroという二つのブランドが手を組んだ『INDIGO LABEL』が主催するパーティー。

なんですが、商品展示会ともレセプションとも違う、言うなれば

「僕らはこういう世界観を持ったブランドだよ」

といった体験型イベントでした。

そこにあったのは「ヘルシーな食文化」へのキーワードだった。

最初にことわっておくと『INDIGO LABEL』は、キャンプや日常で使えるアイテムを展開しているブランドです。だけど、このイベントで参加者が一様に話題にしていたのは、フード&ドリンクへの尋常ではないこだわりでした。

ちょっと紹介すると……

メインとなるお肉は、オーストラリアン・グラスフェッドビーフ。豊かな自然環境のなかで、牧草のみで飼育された牛は、赤身ならではの味わいと香りを堪能できる逸品。当然、安全&クリーン。健康志向の肉好きの間で人気急上昇中だとか。

グリルドベジタブルも抜かりなし。オーガニックな那須野ヶ原ファームから取り寄せたものを中心に、岩塩とオリーブオイルのみ。

ビールは、ポートランド発の「Omission(オミッション)」をチョイス。グルテンフリーのクラフト系ですが、これがまたウマイ! なんでも、アメリカ食品医薬品の定める基準値を大きく下回っており、アレルギー体質の人でも“イケる”と本国では評判らしい。日本ではまだまだ見かけることは少ないけど、流行しそうです。

さらに、アサイーを使ったさっぱりしたデザートから話題のココナッツウォーター「ワイオラ」、SUNSHINE JUICEのスムージーまで。主演陣のみならず、脇までもしっかりと統一感のある配役に。

正直、オープンなイベントでここまでの食事が出るとは思ってなくて、ビックリ。 

本気でライフスタイルを提案していく、ということ。

実際、会場では『INDIGO LABEL』のアイテムに関する説明じゃなくて、上記の通り食の紹介がメイン。

「アイテムはね、いいに決まってる。見てもらって、試してもらえばわかると思う。でも、僕らが提案していきたいのは、トータルでのライフスタイル。今日は食事を楽しんでいってよ!」

とは、『INDIGO LABEL』のプロデューサー、中野ハジメさんの弁。はい、しっかり味あわせていただきました。

昨今、ライフスタイルをうたうブランドは数多いけれど、『INDIGO LABEL』はそのなかでも本気度が違う。生活の核たる食に関してここまで提案できるブランド、そうそうない。そのスタンスがカッコイイと感じましたね。

ここまでまったく『INDIGO LABEL』の商品について触れませんでしたが、興味を持った人はHPをチェックしてみてください。

アウトドアとインドアを行き来するような、ボーダーレスなアイテムがたくさん。キャンプしない人にこそ、薦めたいな〜。 

ブランケットを無造作にソファにかけたり、ランタンをインテリアとしてレイアウトしたり、コットをベンチ代わりにつかったり…。アウトドアのアイテムって、室内に置...
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
アウトドアでもリビングでもいい。とにかく、ゆらゆらと週末の時間を楽しむのにピッタリな椅子だと思う。
屋内だけでなく、その汎用性の高さからアウトドアのシーンでも注目されている「CB缶」を使用するギア&グッズを厳選してご紹介! 災害時にも役立つアイテムが満載です。
30種類のキノコの秘伝スープが決め手六本木にあるキノコだけのしゃぶしゃぶ専門店Shangri-La's secret〒106-0032 東京都港区 六本木...
ノルウェーのトロムソにあるロッジ「Volda Floating Home」。1960年代のフェリーを改装していて、中はまるで広々とした家のよう。ゆっくりオ...
BBQやキャンプ料理といった“アウトドアごはん”についてまわる、面倒な「食器洗い問題」。そんな憂鬱な気持ちを吹き飛ばしてくれる、アウトドア視点の素敵なアイ...
本格アウトドアシーズンに向けて準備しておきたい「最高においしいビール」を飲むためのギア&グッズを厳選してご紹介! オシャレと実用性を兼ね備えた一品をぜひ!
調理から薪割りまで、アウトドアシーンで一本あると何かと便利で頼りになる「ナイフ」。手に取りやすい価格でありながら、高い実用性と抜群のかっこよさを誇るモデル...
荷物運び用から焚き火用まで、用途に応じて様々なモデルがラインナップされているアウトドア用グローブ。「アウトドアリサーチ」や「ペトロマックス」など、こだわり...
ベルリンが、2017年、ナイトクラブの防音対策に約1億2000万円(100万ユーロ)の予算を割り当てることを発表。2018年11月30日より、ナイトクラブ...
過酷な状況でもユーザーが最高のパフォーマンスを発揮できるように様々な機能が盛り込まれたアウトドアのギア&グッズは「旅行」でも多くの快適さをもたらしてくれま...
「DOOGOO ロールトップテーブル TO3」は、ファニチャーデザインを得意とするスライムデザイン社によるもの。佇まいがカッコイイだけでなく、収納時にはフ...
アウトドアの大きくて重い荷物を運ぶなら「背負子(しょいこ)」がオススメ! モンベルからミステリーランチまで、オシャレで使える「背負子」を厳選してご紹介します。
夏のアウトドアに欠かせない「ドリンククーラー」を、機能とルックス、そしてソロキャンプやちょっとした外出にも役立つ手頃なサイズ感から厳選して5アイテムをご紹介!
数あるアウトドア用のフットウエアのなかから「ロングライフ=長く付き合う」という目線で厳選したモデルをご紹介。「ダナー」や「メレル」といったデイリーユースで...
ボゴタにアートギャラリーのようなベーカリーカフェがオープンしました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオ「Studio C...
アウトドア遊びでは普段使っているサイフはかさばったり重かったりと、なにかと不便。そこで、薄くて小さくて、しかもカッコいい「サイフ&カードケース」を厳選して...
スウェーデンのアウトドアブランド〈Haglöfs(ホグロフス)〉。高機能は言うに及ばず、北欧発らしいスマートなウェアが魅力です。そんな〈Haglöfs〉の...
「クリーンカンティーン」「スタンレー」「GSI」など、冬のアウトドアの醍醐味「星空の下で飲むウイスキー」を素敵においしく楽しませてくれるギア&グッズをご紹...
周囲のアウトドアフリークたちが話題にしまくってた〈YETINA(イエティナ)〉。完全オリジナルの特殊技術で生み出させる起毛した生地は、保温性が高く、蒸れに...
アウトドア料理は、限られた器材だけでいかに感性を働かせて作るかが勝負。もちろん、火おこしもそのうちの一つ。だから楽しい。というのは百も承知。でも、ここまで...
同じ日本と言えども、関東と関西では食文化に大きな違いがあることはご存知のとおり。食を通して異文化体験ができてしまう。では、その違いってどこにあるかちゃんと...
都心から車で2時間。同じ東京都内でありながら大自然が広がる奥多摩は、気軽にアウトドアを楽しめる人気のエリア。そのフィールドへの玄関口に位置する昭島市に、ま...