どんどんと厳しくなるイタリアの観光マナー

When in Rome, do as the Romans do.

一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか、「郷に入れば郷に従え」って意味ですね。こうした共通認識がどの国の観光客にもあるというわけではないようです。有名な観光地の持つ国は、頭を抱えている場合もあるわけで……。

その典型例がイタリアです。まさにローマを抱える国!

例えば、ローマではトレビの泉で泳ぐような行為が罰則の対象になりました。フィレンツェでは道に座り込んで食べることが禁止に。ベネチアでも同じような座り込みに対して罰金が科されます。

先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。準備不足の観光客がケガをして、救急隊がよく出動しなければいけないという背景があるようです。

つまり、観光客がマナーを破ったら、最終的に責任を取らなきゃいけないのはイタリアの自治体や政府になるってことです。だから、どんどんと“従う”べき規則をつくっていかなければいけない……。今後はどうなっていくのでしょうか?

Top image: © iStock.com/ronnybas
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
先日、ローマ市が市内観光に関わる新しい発表を行いました。市民の健康的な生活や観光客の安全、記念碑、建築遺産などを守るためのもので、様々な行為に対する制約と...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
イタリア人の「おいしい」の表現方法は、じつに多様。さすがほめ上手な国民性ってところでしょうか。
世代を越え、漢方を広めている神奈川県鎌倉市大船にある「杉本薬局」の杉本格朗さん取材第二弾。漢方への入り口になればと開発した美味しいチャイや薬膳鍋の素の誕生...