1980年代、イタリアの「甘い日常」。

南北に長いイタリアという国をひとくくりにすることはできませんが、得てして私たちの中にあるこの国のイメージは、どれもポジティブなものばかりでは?豊潤な食、歴史ある文化、人生の喜びを知る人々…。

50年以上に渡ってカメラを握り続けてきた、アメリカのベテラン写真家Charles H. Traub。長いキャリアでも氏の傑作と呼ばれる作品を紹介します。40年ちょっと前、そこには当たり前のように“スローライフ”が。

飾らない“贅沢な”日常

1980年代にイタリアをはじめ、ブラジル、ハイチ、モロッコを訪れたTraub。そのなかで自由気ままにゆったりと暮らす、イタリアの人々の生活を写し取った作品が「Dolce Vita(ドルチェ・ヴィータ)」です。

直訳すれば“甘い生活”、けれど彼の目に止まった日常は、より“good life, happy life”といった意訳がよく似合います。

Trab作品のごく一部。完全版は「Italy in the 1980s, Published by Damiani Editore」より。

Licensed material used with permission by Charles H. Traub, Stephen Kasher Gallery
1970年代、アメリカからイタリアに伝えられたチアリーディング。イタリアの伝統的なマーチングバンドと結びついて発展を遂げ、いつしかイタリア独自の文化へと姿...
「女の子が元気だった」時代から、いま改めて学ぶこと。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第5弾です。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
コスパよし、サイズよし、見た目よしIKEA「テーブル&チェア」。天然アカシアの無垢材とスチールの脚を組み合わせただけの「TÄRNÖ(テルノー)折りたたみテ...
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
彼女たちの日常を、ちょっと覗き見。
なんかちょっと、変なんだけど。
イタリア本土と水の都ベネチアを結ぶ街メストレに、博物館「M9(Museo 900)」がオープン。展示内容は20世紀のイタリア。テクノロジーを駆使した館内の...
「資生堂」は、高い技術と経験をもつ同社所属のヘアメイクアップアーティストの美的感性と、長年培ってきた研究知見をもとに「男性版顔立ちマップ」を開発。マップを...
イタリアのローマで生まれ育ったAlessio Trerotoliの雨の日の写真。彼にとって、滅多に雨が降らないローマでの雨は、特別な日だったそう。憂鬱な気...
「ExplorHer」は、3人のイタリア人女性が作った旅行代理店。最大で12人まで、“女性だけのグループ”で世界へと旅に出るのが特徴だ。
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
いろんな国の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載企画です。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第6弾です。
先日、「ノッティンガム大学」の研究チームは、米天文学誌『アストロフィジカル・ジャーナル』において最新の研究結果を発表。その論文によれば、計算上、銀河系には...
1954年以来、半世紀以上にわたって名古屋のシンボルとして愛され続けてきたテレビ塔が、「THE TOWER HOTEL NAGOYA」として生まれ変わる。
あこがれの街。
JR埼京線・武蔵野線「武蔵浦和駅」から1分ほど歩くと「イタリア」が見えてきます。イタリア風の建物がある、といった子供だましではありません。ヨーロッパ野菜を...
イタリア関連のドキュメンタリーなんかを見ていると、未だあの国のイメージは「食べ物」や「歴史的な建築物」なのだろうと思う。が、壮大な自然も見逃せない。And...
電動自転車のデザインで大きなポイントになるのが「バッテリー」の行き場所。どうしてもスペースをとるし、野暮ったくなりがち。そんな悩みを、1950年代の古いバ...
「自分のものは自分で買う」も、素敵だけれど。
いろんな国の、ミレニアル世代の日常をとらえた写真作品を紹介する不定期連載「若者たち」。今回はそのスピンオフ企画「世界の女の子たち」第7弾です。