図鑑の世界に入り込む!「体験型デジタルミュージアム」がおもしろい!

子どもの頃、「小学館の図鑑NEOシリーズ」を読んで、生き物の種類や生態を学んだ方も多いのではないだろうか。

そんな人気シリーズのなかからピックアップされた生き物がデジタルで可視化され、その世界に入り込める新感覚の体験型デジタルミュージアム「ZUKAN MUSEUM GINZA powered by 小学館の図鑑NEO」が、7月16日に開業することが決定した。場所は「東急プラザ銀座」

学びにおいて「読んで知る」ことと同じくらい大切なのが「実体験をつくる」こと。“百聞は一見に如かず”という言葉もあるように、実際に肌で経験することは大きな意味を持つものだ。

この施設では、書面だけでは理解しづらい生き物たちの生態系や、自然環境をデジタルで体感することができ、時間の経過や天候の変動などもリアルに表現されている。

コンセプトは「生き物そのものを伝えること」

いつ訪れてもさまざまな生き物に出会う体験ができ、アニメーションに関しても「小学館の図鑑NEO」チーム監修のもと入念に作り上げられている。

とくに生き物の普段の行動や警戒したときの動きなどは、多くの映像資料からホンモノに近い状態で再現されている。

生き物の見た目が苦手な方にも配慮し、その姿はイラストのようなペイントタッチで描かれており、独自の世界観で表現されたユニークな空間は、ずっと見ていられるようなものに仕上がっているとのこと。

自らの足で、出会い観察し記録する。凝縮された地球の自然を体験するまたとないチャンスを見過ごす手はない!

好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事