生花がデジタルアートとコラボ 花を五感で感じるイベント「FLOWERS BY NAKED」

東京駅の3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」や「新江ノ島水族館 ナイトアクアリウム」などで知られる、クリエイティブカンパニー「ネイキッド」。彼らが新たに手がけたFLOWERS BY NAKED」が、これまでにない、まったく新しい“花体験”ができるイベントとして注目を集めています。


五感で楽しむ“体験型庭園”

6123cb8f5c0c3b78031b0d9952a8eb036c617a4f

これは、ネイキッド初となる「花」をモチーフにしたイベント。会場を植物の神秘的な数列に見立てており、生花やオブジェ、映像、インタラクティブ、香り、飲食…など、五感で楽しむ体験型庭園になっているのだそう。

では早速、魅力溢れるコンテンツを紹介していきましょう!

01.
BIG BOOK

1efb8410327d8fd82203bdc6b7bc8a4568dd682e

「FLOWERS BY NAKED」の世界への入り口。大きな本の形をした案内板「BIG BOOK」と花々が来場者をお出迎え。

02.
Mosaic Flowers

203d0eaabb25163e42026c5c3af0c3f9ea91c210

壁の前を通り過ぎると、自分の影のように大きな花が壁一面に伸び、花を咲かせます。どのような花が咲くかは、実際に歩いてからのお楽しみ。

03.
Dandelion Clocks

009ca4af392c34cd37bc6c500a4a8cd46afd8bb7

約6mにも及ぶ透明のオブジェの中にある「たんぽぽ」に息を吹きかけると、 美しい綿毛が舞い上がります。半透明の壁に映し出された舞い散る綿毛を、オブジェの内外から楽しんでみて。

04.
FROZEN ROSES

74d56ffa50d7364499d1bd298b29e8423996bc4a

凍り付き、たたずむ花々。そこに光が流れ込むと、幻想的な「冬の花園」に。

05.
植物の繭

5e836b878e33acd700413830859908ec824a9f6d

日本三大流派のひとつ「いけばな草月流」とネイキッドのコラボレーション作品。力強くも美しく活けられた生花に、 幻想的な映像と光を掛け合わせた「植物の生命力」をダイナミックに味わえます。

06.
花霞

D719edc026b05ff58508a03e3920f32b78020d31

「植物の繭」から「桜彩」に続く空間を、和紙を使用して桜にかかる霞を表現したトンネルで演出。白く柔らかな灯りで来場者を包みます。

07.
桜彩

7997096f11738086ff4b3efecb110f2c68ad70a8

光輝く花びらが舞う、幻想的な桜が出現。厳選された日本酒や会場限定のドリンクが用意されており、 「日本一早いお花見」を楽しめるのだとか!

08.
SECRET GARDEN

A23a4ce6f4caf1f3165e11253fc633e0feb3827a

会場の最後には、色鮮やかな試験管やボトルが並ぶ「ラボ」が来場者を待ち受けています。 ここは、「FLOWERS BY NAKED」の世界を動かしている秘密の場所。花のアロマや精油など、香りも楽しめる空間です。

本イベントは、東京・日本橋三井ホールにて開催中。気鋭のクリエイティブカンパニーが創出する、新たな「花の楽しみ方」をぜひ体感してみては?

8e42f8ce35200464a77f8841f4187de2796a5a8b

【開催概要】
FLOWERS BY NAKED
・会期:2016年1月8日(金)〜2月11日(木・祝)
・会場:日本橋三井ホール
・時間:月~木/日/祝日 10時~20時、金/土/祝前日 10時~21時
※入場は閉場の30分前まで
※最終日(2月11日)は10時〜17時
※会期中は無休
・料金:前売り 大人(高校生以上)1,100円/小人700円、当日 大人(高校生以上)1,300円 /小人900円

Licensed material used with permission by FLOWERS BY NAKED
目にも鮮やかなプロジェクションマッピングを用いた、視覚で楽しむアートイベント。村松亮太郎氏率いるNAKEDが手がけた、この『FLOWERS BY NAKE...
「マリンスノウ」をモチーフにした、体験型イベント『SNOW AQUARIUM BY NAKED』が開催中の「エプソン アクアパーク品川」。海の中に、神秘的...
かの有名な、東京駅3Dプロジェクションマッピング「TOKYO HIKARI VISION」を代表作とする株式会社ネイキッド。独創的な空間演出により、通算1...
このプロジェクトの大きな目玉となるのは、佐賀の歴史と地理を語る上で欠かすことのできない、佐賀県がもつふたつの海「有明の海と玄海」をモチーフにした夜景プロジ...
これまで、当然のように移動手段だと考えられていた乗り物に、新たな価値を与える。近頃、そんな取り組みが増えてきた気がします。たとえば、新幹線。「現美新幹線」...
デジタルアート界の巨匠、ミゲル・シュヴァリエによる大がかりな「花」のインスタレーションが評判を呼んでいる。舞台は上海の「ジン・アン・ケリーセンター」。当地...
ウルトラテクノロジスト集団チームラボが、世界で初めてロクシタンの店舗を色鮮やかに演出。とはいえ彼らの取り組みの中では、やや毛色が違うこのプロジェクト。示し...
いよいよやってくる夏休み。家族やカップルで出かけよう!と意気込んでいる人も多いはず。でも、いざ外出したら、暑さに負けて意気消沈。涼を求めて、用もないのにと...
ライティング、音響、そしてブロジェクションマッピングを用いたデジタルアートで、海の中の世界を演出するプロジェクト。いまや水族館の新たな魅力を引き出す手法と...
ニューヨークの街並みに現れる色とりどりの花。何だろうと近づいてみると…なんと、ゴミ箱。街の風景に、文字通り「花を添えた」のは、NYのフラワーデザイナー、L...
Demon Zhangさんによる「UNKNOWN×UNKNOWN」は、想像上の生物をPhotoshopなどで描く3Dアート。驚きの発想力と精密な描写がIn...
いまや、日本だけでなく世界のデジタルアートシーンで確かな存在感を誇示しているチームラボ。2015年5月10日に終了した「チームラボ 踊る!アート展と、学ぶ...
イギリス人デジタルアーティストのJames Gilleardさんが訪日した際に体験した、都会から田舎までの道のりを描いた「Japan By Car」作品が...
現在お台場で開催中の「DMM.プラネッツ Art by teamLab」が好調のチームラボ。その勢いは、衰えるどころかむしろ加速するばかり。今回は、これま...
実在するモノに映像をシンクロさせるプロジェクションマピング全盛の現代。もしかしたら、このアーティストの存在がなければ、今日ここまでのデジタルアート興隆はな...
正月気分も薄れ、いつも通りの日常に戻った今日この頃。楽しかった年末年始の出来事を懐かしみ、まだ気持ちを切り替えられていない人も多いかもしれませんね。さて、...
「Camp Grounded」は、18歳未満が立ち入ることのできない、大人のためにあるキャンプイベント。そのコンセプトは、“小さいころに行った懐かしのサマ...
特別な日や贈り物でなくても、自分のために、1本から花を買ってみませんか。花は、毎日の暮らしを彩ってくれる素敵なギフトです。都内のおすすめの花屋さんをご紹介...
サンフランシスコに住むデジタルアーティストのTed Chinさんは、思うように旅に出かけられない代わりに、写真とデジタルアートを組み合わせて「自分だけの目...
アメリカでは「デジタル・デトックスキャンプ」なるものが人気らしい。日本でも「デジタル・デトックス」は、ひとつの休日の過ごし方として注目されている。象徴的な...