意識高い国だから生まれた?コスタリカにある「都会のオアシス」

コスタリカの首都サンホセにあるレストラン・カフェ「Saúl Bistro」の店内には、“都会のオアシス”が広がっています。

中央には植物が植えられていたり、床はオアシスを連想させる涼し気なブルーカラーだったりと、訪れる人が街の喧騒を忘れて自然を感じられるようにリノベーションされた空間。サンホセの街とその自然に魅了された人物が着想を得て、この「Saúl Bistro」をつくったそうです。

正直、日本にも似たような飲食店はあると思ったのですが、どうやら国や都市レベルで行われている「持続可能なプロジェクト」の影響がある様子。

近年、中米地域で最も豊かな国へと成長しているコスタリカは、「持続可能国家」を戦略に掲げ、2021年までに再生可能エネルギーによる発電を100%にするなど、人と自然が共存できる取り組みを進めています。

プロジェクトの一環というわけではないのですが、「Saúl Bistro」のリノベーションは、コスタリカだからこそ国全体の意識が手伝って生まれたのかもしれませんね。日本人にはなかなか馴染みがない国ですが、訪れる機会があればぜひ。

©Andres Garica
©Andres Garica
Top image: © Andres Garica
他の記事を見る
コスタリカという国名を聞いて、みなさんは何を思い浮かべますか。日本の7分の1の国土しかない中米のこの国は、2015年に自然エネルギーを利用して世界初の偉業...
自然保護政策の先進国コスタリカ。国土の約1/4を自然保護区に指定するほど、生物多様性を保つ活動に積極的。この“生命の楽園”で、世界に先駆けた新たな計画が進...
世界中の朝ごはんが楽しめる食で各国の文化を発信する外苑前のカフェWorld Breakfast Allday〒150-0001 東京都渋谷区神宮前3丁目1...
「次のバケーションには、どこに行こうかな…」なんて考えている、旅行好きのみなさん。次は「フレンドリーさ」で選んでみるのはいかがでしょうか?もちろん観光名所...
UAE(アラブ首長国連邦)の南部「リワの砂漠」に、巨大なソーラーパネルを設置した星型の施設ができるそう。その名も「オアシス・エコリゾート」。2020年のオ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
メイクアップ用として、よく使われるグリッター。どうやら海外では、食べ物にコレをトッピングするレストランやバー、カフェが増えてきているようです。
先日、イタリア北西部のチンクエ・テッレではサンダルを履いてハイキングをすることが禁止となりました。
ボゴタにアートギャラリーのようなベーカリーカフェがオープンしました。デザインを手がけたのは、ニューヨークを拠点に活動するデザインスタジオ「Studio C...
韓国・仁川(インチョン)にあるカフェ「LAS Coffee」の紹介です。デザインのベースになっているのはコンクリートですが、もともと古民家だったことを生か...
大都会に住んでいると、他人とのコミュニケーションが希薄になり孤独を感じがち。だからこそ、隣人との繋がりが生まれるよう構想されたアパートがあります。丸や四角...
オシャレなカフェが立ち並ぶ街、台北。でも、実際どこに行けばいいのかわからないもの。今日は最近、台北で人気の“ドライフラワーカフェ”をご紹介。ガイドブックと...
ハリー・ポッターにインスパイアされたというシンガポールのカフェ「Platform 1094(プラットフォーム 1094)」を知った途端、『ハリー・ポッター...
ソウルにある「Blind Alley」は、本物のアライグマがいるカフェ。お客さんの近くをウロチョロして、愛嬌を振りまきます。疲れが吹き飛ぶこと間違いなし。
フレキシブルな対応でサウスウエスト航空が結婚式を救いました。
レストラン、ビストロ、ブラッスリー、カフェ。その違いは当然呼び名だけではありません。これらの語源はすべてフランス語。ちゃんと使い分けられないと…紳士淑女と...
韓国・ソウルのカフェ「Cafe 연남동 239-20(カフェ ヨンナムドン 239-20)」の紹介です。若年層に人気のあるホンデからほど近い、ヨンナムドン...
言うまでもなく、ピンクとストライプが特徴的なデザイン。たくさんの人が写真を撮っている姿が目に浮かびますね。
パリ、ベルリンに突如現れたビジネススーツの集団。一糸乱れぬロボットダンスに観光客のみならず、地元に暮らす人たちも、さぞ驚いたことだろう。元格闘家・須藤元気...
「Culture Captcha」は、国民全員に自国の観光に関する知識をつけてもらおう!という狙い。