コーヒーテイクアウト率が最も高い国は、日本だった

“For here or to go?”

アメリカのコーヒーショップで必ず聞かれるこのフレーズ。「ここで飲む(For here)か、持ち帰り(To go)か、どっちにする?」という質問だということは、だいたい察しがつくでしょう。ちなみに、持ち帰りカップのことは「To go cup」。

でも先日、オーストラリアのカフェで「Take away?」と聞かれ、一瞬戸惑ってしまいました。だって同じテイクアウトの意味でも、アメリカ英語は「To go」、それがオーストラリアやイギリス英語だと「Take away」、さらに日本では「Take out」。と、表現もバラバラ。

たしかに英語でも「Take out」という単語は使います。が、どちらかといえば「Take-out food」など名詞としての活用が主。

コーヒーカップ片手の出勤は
日本の朝の恒例行事?

©iStock.com/SanyaSM

アメリカではコーヒー片手に歩く人が多くて、とくに朝のビジネス街の“片手コーヒー率”はものすごく高い(自分調べ)。もはや必須アイテム、と言いたくなるくらい。それに比べて日本では、コーヒー片手に歩いている人はそんなに見かけないですよね。

つい先日、母と待ち合わせをしているときのこと。母が来る前にTo go cupでコーヒーを買い、歩きながら飲んでいたら、到着するなり「行儀が悪いからやめなさい!立ち止まって全部飲むか飲まないか、どっちかにして」と、いい歳して怒られてしまいました(笑)
「日本ではそう思われるか〜」と内心思いつつも、ちゃんと立ち止まって一気飲みした自分もエラい……。

そんなこともあり、日本ではテイクアウトして飲んでいる人は少ないんだろうか、調べてみることに。すると、思いもよらない結果が。

だって、
日本がまさかの1位!?

©279photo Studio/Shutterstock.com

The NPD GroupのCREST®によると、13カ国のコーヒー注文数に占めるテイクアウトの割合次のとおり。まさかまさかの日本が1位!

【1位】日本: 48%

【2位】米国: 45%

【3位】カナダ: 43%

【4位】韓国: 35%

【5位】オーストラリア: 23%

【6位】ドイツ: 17%

【6位】フランス: 17%

【6位】ロシア: 17%

【6位】英国: 17%

【10位】ブラジル: 13%

【11位】中国: 10%

【12位】イタリア: 3%

【12位】スペイン: 3%

※NPD Japan「Coffee-to-Go Gose Global」より引用

片手カップ率が断然多いと思っていたアメリカよりも、テイクアウトをチョイスする日本人の割合が高いとは……ちょっとびっくり。イタリアやスペインは、ゆっくり、まったりカフェでコーヒーを飲みながらおしゃべりしている情景が思い浮かぶので、割合が低いのは予想通りでしたけど。

日本はどちらかというと「コーヒーを飲む時間を楽しむ」というよりは、「眠気覚ましやパワーチャージのために持ち帰って会社で飲む」という人が多いのかもしれません。コンビニコーヒーの台頭もこの数字の要因かもしれませんね。

「お持ち帰り」を意味するワードが、同じ英語圏内でも異なっていたり、国によってコーヒーを飲むシーンや目的に差があったりと、一口に「コーヒーのテイクアウト」といっても、文化背景やお国柄が出ていておもしろいものですね。

Top photo: © iStock.com/mihailomilovanovic
他の記事を見る
戸越銀座商店街や青物横丁商店街などがあり、何かと街ブラが楽しめる街、東京・品川区。がっつりランチやディナーを楽しむのもいいけど、ここでは「TO GO」(テ...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
環境先進国ドイツ第2の都市ハンブルグは、2016年2月テイクアウト用のコーヒーカップを禁止し、ゴミ問題への対策として世界にスタンスを示した。リサイクル大国...
つい先月、フィンランドへ行ってきました。毎年「世界で最もコーヒーを消費する国」としてランキングのトップに名を連ねる北欧のコーヒー大国です。「北欧」はノルウ...
一概に「この国のコーヒーはこの味だ」と決まっているわけではないけれど、生産国ごとの味の傾向を分かっていれば、よりコーヒーが楽しめますよね。国の名前と味の特...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
イチゴにかけるだけじゃつまらない!練乳をクッキーづくりにアレンジして、ベトナム人が泣いて喜ぶ「ベトナムコーヒー風クッキー」を作ってみましょう。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
メルボルンがカフェの街といわれるのは、コーヒーの質が高いということではなく、お店全体に広がる「おもてなし」の気持ちと、コーヒーにたっぷり注がれている愛情の...
多国籍な国、シンガポール。そしてなぜかコーヒーが甘い国、シンガポール。そんなシンガポールにだんだんサードウェーブコーヒーの波が押し寄せていると聞き、遊びに...
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
コーヒーに必要な道具一式をコンテナに詰めました。
コーヒーを飲んだほうが仕事がはかどるけど、飲み過ぎはちょっと……と罪悪感を持っているみなさん!この「コーヒー狂」の偉人たちを知れば、むしろもっと飲んでもい...
シンプルなコーヒーをスパイシーかつ複雑な味に変えてくれる「シナモン」。水出しコーヒーに加えてひと晩寝かせれば、「魔法」のような味わいに!
コーヒーの苦さとアボカドのクリーミーさが絶妙にマッチ!味、想像できないでしょ?60秒でできちゃうから試してみて。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。