竹から生まれたサステイナブルな「コーヒーカップ」に新デザイン

竹から生まれたサステイナブルなコーヒーカップ「Ecoffee Cup(エコーヒーカップ)」に、これからの季節にぴったりな新デザインが仲間入り。

「Ecoffee Cup」は、持続可能な方法で管理され、土中で分解可能な竹(バンブーファイバー)を使用。竹の処理にも化学処理は一切おこなっておらず、各種パーツも繰り返し使用が可能なものを利用。

生産過程から処分時まですべてサステイナブルな仕上がりだ。

エコーヒーカップ サステイナブル 新デザイン
©ダイヤモンド

そんな「Ecoffee Cup」より登場した新柄6種類と、モデルチェンジしたプレーンカラー全3種が発売中。新作のモノトーンカラーをはじめとする各種デザインは、クールで大人な雰囲気が漂い、カフェタイムにも味わいが増すというもの?

また、このたび発売となった9種類はすべてのパーツが食洗機に対応。時間がなくてもサクッと洗えてすぐに使えるため、忙しいビジネスパーソンのライフスタイルにもマッチ。

落ち着いたテーマの新デザインで、この冬のコーヒータイムはオシャレにキマるはず。

エコーヒーカップ サステイナブル 新デザイン
©ダイヤモンド
エコーヒーカップ サステイナブル 新デザイン
©ダイヤモンド
エコーヒーカップ サステイナブル 新デザイン
©ダイヤモンド
エコーヒーカップ サステイナブル 新デザイン
©ダイヤモンド

『Ecoffee Cup』
【本体価格】14oz:2000円(+税)/12oz:1900円(+税)/8oz:1800円(+税)
【公式サイト】https://diamond.gr.jp/brand_dia/ecoffee/

Top image: © ダイヤモンド
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事

関連する記事

自然分解されるバンブーファイバーで作られたコーヒーカップ「Ecoffee Cup」より、異国の風情が漂うオシャレな新デザインが登場!
サステイナブルな生活様式を提案するプロジェクトチーム「sunaho」が、台湾のホームウェアブランド「TZULAï」と共同開発した、コーヒーかすと竹粉が主原...
「ブルーボトルコーヒージャパン」は、先週11月21日からリユーザブルカップ「ブルーボトル エコカップ」を販売。テイクアウトカップの使用を減らし、環境へ配慮...
スタバのコーヒーカップを大変身させるアートです。
ミズノが昨年発売した、日本古来の履物である雪駄の形状の原型を留めながらも最新の技術によって履き心地を大きく向上させたモデル「SETTA C/6(セッタ シ...
ドバイのデザイン事務所「Tinkah」が作ったコーヒーカップ。4個セットで約2万円(650AED)。少々高い気もしますが、大切な人へのプレゼントとしておす...
近年問題となってるプラスチックによる環境汚染。そんな中、プラスチックカップの代替品としての可能性を秘めたプロダクトが開発されました。
2020年、進化を遂げた各ブランドのスニーカーのなかから、2021年のスタートダッシュにおすすめのものを6つ紹介する。「デザイン」や「機能性」ばかりでなく...
これは、ドイツ・ベルリンの、とあるカフェで使われているカップとソーサーの話。丸みのあるシンプルなデザインと、深い濃淡のあるブラウンは味わいがあります。何よ...
カフェでバリスタが専用器具を使って一杯ずつ淹れてくれる本格ドリップコーヒーの「インスタント」版なんですよね。だからわたしは"ドリップ式"が好き。
見た目は靴下のようでいて、靴に劣らずタフで多機能。「Makuake」にて先行販売を開始したシューズ「Skinners2.0」。
株式会社フレンバシーが運営する「Good Good Mart」にて、新素材の弁当箱「BENTO box COFFEE」の販売がスタート。
静岡県静岡市にあるコーヒーロースター「IFNi ROASTING & CO.」の松葉正和さんと、岐阜県土岐市の陶芸家、大江憲一さんがコラボして廃棄コーヒー...
自転車の動力を使ってコーヒーを精製する「ドライ・バイシクル・パイピング」を考案し、サステイナブルなコーヒー生産を続ける「GOOD COFFEE FARMS」。
コーヒー好きは知っている、この夏「お家で最高のコーヒー」を楽しむ方法。エスプレッソキューブ、マイタンブラー、コーヒー風味のクラフトコーラ、水出しコーヒーデ...
コーヒー好きな身として王道の楽しみ方ももちろん外せないけど……
かたまりの状態より、表面積が増えるのでミルクと溶け合い、コーヒーの味をより濃厚に感じられるんです。クラッシュしたコーヒーゼリーを使った、アレンジレシピをご...
機能的にはごく普通のコーヒーミルで、ローテクではあるのですが、アウトドア好きかつデザインにこだわりたい人にはぴったりかも。単純に見た目がオシャレなので、自...
バリスタの世界チャンピオンや神経科学の専門家のアドバイスを取り入れつつ開発されたというグラスウェア。味、香り、感触、見た目などコーヒーをよりおいしく味わう...
シンプルなこの3つの工程に少し気をつかうだけで、家で飲むコーヒーに大きな違いが生まれます。少しでもおいしく淹れられるようになれば、今よりもっとコーヒーライ...
スターバックスの発祥地シアトルに拠点を置くスタートアップ「Atomo」は、コーヒー豆を使わないで同じような味を再現することに成功しました。
コーヒーのテイクアウト率、先進国のなかで日本が1位なのは、意外?
あの、あま〜いベトナムコーヒーが焼酎になった!
「Jot」のボトルエスプレッソが簡単に本格的なコーヒーを愉しめると話題に。スプーン1杯分の「Ulrta Coffee」とホットミルクや氷などをお好みで混ぜ...
自分が名付けた木で「コーヒーの森」を作る植樹プロジェクト「BIKAS COFFEE VILLAGE(ビカス コーヒー ビレッジ)」がスタート。5月8日より...
子どもの仕事体験施設「キッザニア東京」で開催される「KIDZANIA AWARD PROGRAM 2020/スニーカーデザインコンテスト」が、10月20日...
同じ豆でも、ローストの具合によって味は大きく変わるもの。ローストする時間を変えて、飲み比べするのも楽しそう。コーヒーの楽しみ方が変わりそうな予感がします。
シーンに合わせて選べるほど種類豊富なコーヒー。わたしの妄想フル回転で、時間と気分で飲みたいコーヒーをチョイスしてみました。
「アウトドアでも淹れたてのおいしいコーヒーを楽しみたい!」というコーヒーファン&アウトドア好きにオススメのコーヒープレス、ドリッパースタンド、グラインダー...
木の糸から生まれた自然由来のマスク「サステイナブル・ナノ木糸(MOKUITO)マスク」が登場。医療用レベルの性能を備え、サステイナブルな背景ももつ話題のア...