仕事で壁にぶちあたりやすい人の「典型例と克服法」

51+XUv-foHL._SX338_BO1,204,203,200_西きょうじ/Nishi Kyouji東進ハイスクール英語講師。執筆参考書多数、なかでも『ポレポレ英文読解プロセス50』は20年以上”上位受験生のバイブル”として売れ続けている。近年は、講演会、被災地の幼稚園で紙芝居を読み聞かせる活動など予備校業界の枠を超えて広く活動している。

これから働こうとしている人や、今の働き方に疑問を感じている人にとって、目標にたどりつけないのにはそれなりの原因があります。壁にぶちあたりやすい人のパターンと、その克服法について紹介しましょう。

壁にぶち当たりやすい人の
典型パターン

01.「まだ実力を発揮していないだけ」と
言い訳をしてしまう

When will this day end?

いわゆる意識高い系といわれる人たちがうまくいかないのは、意識が高いことが原因ではありません。問題は自己認識ができていないのに、理想だけは高いからです。

これまでに何をやれたか、という基盤がないままに「自分はいろいろなことができるはず」「まだ実力を出していないだけだ」「やる気になればできるはずだ」といった仮想の自己認識を持ってしまっているので、現実とのギャップがなかなか受け入れられないのです。

そうしたスタンスの人が、「自分の希望する会社に受からなかった」という理由で就職浪人をしたなら、さらに現実的に厳しくなります。しかし、夢を捨てない彼らは就職に失敗しておきながら「現在の会社がダメなのだから起業しよう」と思うことさえあります。起業と、学生団体を立ち上げたり、学生イベントを成功させることは全く異質なことだとは気づけないのです。

02.ビジネス本に影響されて、根拠のない自信がある

_257229865

夢を語る若者にありがちなのが、誤ったポジティブ思考です。彼らはスティーブ・ジョブズ伝やビジネス誌に登場する若手ベンチャー社長が語る、成功者の物語に心動かされて「自分も」と思いやすいのですが、失敗例の方が圧倒的に多いことに気づきません。

実際に、「やればできるはず」という安心感は血圧を下げる傾向もあり、目標に向かって取り組むにはマイナスです。頑張る必要性を感じて多少のプレッシャーのもとに血圧が上昇するというのが、やる気がわいてくる状態なのです。

ではどうするのか?漠然と「大きなことをやりたい」とか「世界に貢献したい」というのはダメです。何の実効性もありません。その上で自分の現状(過去の自分)を直視すること。自分の現状を出発点としてゴールに至る道のりにおいて障害となること、障害となる自分の弱点を考えます。それから、その障害を乗り越えるための具体的戦略を立てましょう。

壁にぶち当たりやすい人の
克服法

01.社会のせいにすればいい

820061_Large

現実的に目の前の仕事をこなしていこうという姿勢でありながら、ふとしたことで深い谷間に落ちてしまう可能性は誰にもあります。就活でうまくいかないこともあるでしょう。大企業に就職しても倒産することもあるでしょうし、ある部署が閉鎖されるのはもっと頻繁に起こります。

不当な解雇が行われたり、上司との人間関係がうまくいかなかったり、劣悪な労働環境であったり、怪我をしたり、そうした理由で会社に行きづらくなることもあるでしょう。自由に選択しろといわれながら選択しない自由は与えられず、かつ状況によって選択肢は限定されている。経験がないから仕方なく周囲に合わせた選択をする。そして、何かにつまずくと自己責任だといわれてしまう。

陥ってしまった深みから抜け出すためには「社会のせい」にして自己否定回路から脱出することを目指すほうが現実的だと私は思います。

02.「働くことに悩んだ人ほど、
社会を変える可能性がある」と開き直る

Young man lifting hands to the sky in worship

働くことにつまづいた人ほど、社会を変える原動力になりうる可能性も秘めています。育て上げネット編著の『「働く」ってなんですか?働けなかった僕が働けるようになってからわかったこと。』という本には、無業状態から「育て上げネット」を通じて職業体験をしながら仕事を得た若者のインタビューが収録されています。「働く」とは何かと問われた彼らの回答は、「人と関わりが持てる」「働くとはつながること」「生活の一部」「誰かのために仕事をする」「漠然とした夢を実現させる」「社会に出る第一歩」といったものでした。

2013年には「ひきこもり大学」という試みも始まっています。これは、ひきこもっていた経験や知識・知恵を親や家族、関心のある一般の人たちに伝えることで、周囲の誤解を解き、家族関係を改善していくことを目的としたものです。

このように、ひきこもることや無業となってしまった経験自体にも価値が生じうる、「はたらく」ことにつながりうるのだということは、「仕事」というテーマにとって注目に値することだと私は思います。

仕事のエッセンス
コンテンツ提供元:毎日新聞出版

『進む、書籍PR!たくさんの人に読んでほしい本があります』著:奥村知花(PHP研究所)をご紹介。
仕事で伸び悩む時期は誰にでもやってくるもの。ただし、その壁を乗り越えられるかどうかはその人の行動次第。見事にブレイクスルーを果たしてさらなる成長を遂げる人...
緊張する場面って、日常的に潜んでいますよね。気にならない人もいますが、プレッシャーに弱い人にとっては毎日がストレスの連続。少しでも普段の生活を快適にするた...
仕事ができる人の特徴を真似するだけで、あなたもデキる人に近づくことができます!この記事では仕事ができる人の特徴と評価されるためのポイントだけでなく、社会人...
東京・豊洲の「三井ショッピングパーク アーバンドック ららぽーと豊洲」に本物の氷を使用した屋外アイススケートリンク「Sea Side アイススケートリンク...
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
テレビや新聞など、様々なメディアで活躍しながらも、なかなか表舞台に立つことのない「法廷画家」が語った、世間を騒がせた事件と裁判の真実、そして仕事について。
「人が怖い」そう思ったことはありませんか?人が怖いといった気持ちが強すぎて対人関係がうまくいかず、その影響が社会生活にまで支障をきたすものを「対人恐怖症」...
1989年に崩壊したベルリンの壁。あれから30年……。記念としてその一部が、3月にオークション出品されることとなりました。
仕事を成功させる秘訣とはもしかしたら、自分の一生だけじゃなく、次の世代やそのまた次の世代へと引き継がれていくような長く愛し愛される働き方をすることが一番の...
実はすぐそこまで来ている、宇宙旅行に行ける未来。現状、いつから行けるのか、いくらで行けるかについて解説していきます。
オーストラリアのビール会社Sydney Beer Co.がユニークな職種を募集をしています。Chief Clock-Off Officer。意訳すると「時...
『バチェラー・ジャパン』シーズン2に出演し、「肉食バイヤー」と紹介されていた桃田奈々です。自己紹介、恋愛、仕事、美容、旅というテーマで5回にわたりコラムを...
折りたためるのは便利だけど、友人を自宅に招いた時に、折りたたまれたベッドが部屋の片隅に鎮座していたら、なんだか恥ずかしい。たたんだ状態でも別の家具として役...
大人になった今、壁に落書きしようだなんてまったく思わないけど、このおウチを覗いたらなんだかやっぱり楽しそう!まあ、マネしようとは思わないけどね(笑)
脳は生きる上での「司令塔」のような役割を担っています。その司令塔が疲弊していては、最高のパフォーマンスは発揮できないでしょう。脳科学者・茂木健一郎さんは、...
ハンバーガーチェーン「バーガーキング」と不動産賃貸仲介サービス「エイブル」が、まさかの異色コラボを実現!
医学雑誌『Nurients』に掲載された研究結果は、コーヒーとパンを朝食にとることは、メタボリックシンドロームを抑制する可能性を明らかにした。
大好きなことを仕事にできたら最高。でもそんなの夢のまた夢…とあきらめてしまうのはまだ早い!イギリスには、好きなことをSNSで発信しまくっていたら、今まで存...
嗅覚を通して脳に伝わることで自律神経には働きかけ、心身にさまざまな作用をもたらす精油を用いれば、リモートワークをより快適に過ごせるかも?朝、仕事モードに切...
ここにフックがあったら便利なのに……と思う場所に限って、吸盤やマグネットがつかなかったりしますよね。賃貸物件に住んでいる場合、壁に穴は空けられないし。
「The Doodle Boy(落書き少年)」として知られるJoe Whaleくんは、9歳にして壁画の仕事をオファーされた。イングランドの「Number ...
考え方は主流でなくともミニマリストは、仕事をする上で重要なことをしっかりと見極められているのかもしれません。ここでは、「BecomingMnimalist...
これからの人生、どう生きていくのか考えていたら、なんだかモヤモヤ…。そんな葛藤する25歳に気づいてほしいのは、「Elite Daily」のPaul Hud...