きめ細かい極上の泡!「熊野筆の洗顔筆」が気持ち良さそう

以前に「Makuake」で4700万円以上の応援購入を集めた「熊野筆ROTUNDAボディブラシ」の続編として、待望の洗顔筆が登場した。

熊野筆ROTUNDA洗顔筆」は、国内外問わず指名される化粧筆メーカー「村岸産業株式会社」がプロデュースした、ふんわり贅沢な洗顔筆だ。

職人の手仕事で4.7万本もの極細毛がびっしりと集められた高密度がウリ。毛穴より細い0.1mmの極細毛は肌あたりがとにかく柔らかく、肌に負担がない。それでいて、毛穴の汚れやザラつきの原因となる古い角質をしっかりと落としてくれるという。

筆の形にも特徴アリ。中央のくぼみによって乾きにくいという課題を改善しただけでなく、泡立ちも良くなった。

顔全体を洗えるボリュームサイズと、小鼻周りなど小回りのきくサイズの2展開。現時点での価格は5742円(税込)〜で、購入は「Makuake」にて。

ブラシではなく筆で洗う。5年後、10年後の肌のために、上質な洗顔筆で新習慣を始めよう。

©Makuake
©Makuake
©Makuake
©Makuake
Top image: © Makuake
好奇心を満たそう!60秒以内で読める記事