男女の「お酒」の消費量が、ほぼ同じになってきたらしい(調査結果)

ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもありませんが、その歴史のなかで「男性が飲むもの」とされる時代が長く続いていました。

でもそんなイメージは、変わりつつあります。

かつては2倍以上だった差が
たった1.1倍に?

1a0f705473bbd940e346e999621c4d5ff6fde75a

BBC NEWSにも取り上げられた、このニュース。豪・ニューサウスウェールズ大学が行った大規模調査(1891年〜2001年に生まれた、400万人以上の北米や欧州の男女を対象)によると、男性と女性のお酒の消費量がほとんど変わらなくなってきているとか。

20世紀初頭、お酒を飲む男性は女性の2.5倍もいて、お酒による依存症や健康問題のケースは3.6倍もあったといいます。明らかに「男性の習慣」だったと言えるわけです。

しかしこれが20世紀末になると、お酒を飲む男性は女性の1.1倍、依存症や健康問題の発生のついても1.2倍と、ほとんど変わらなくなってきているそうです。

日本も30-40代を中心に
女性の飲酒率は増加中

80e63c02f8785e30bd6b7cace63effb7caacd2b2

じつは日本でも、女性の飲酒が盛んになってきています。厚生労働省の調査でも、男性の飲酒率がこの15年で10%ほどダウンしている一方、女性の飲酒率は1〜2%ほど増加傾向に。とくに30-40代女性に関しては、約5%も増えているとか。

女性の社会的役割の変化をきっかけに、メーカー各社も女性をターゲットにした商品や販促を強化していることも、ブームをあと推ししているのでしょう。

それでも、平成17年の全世代平均を見ると、男性36.7%に対して女性7.3%なので、まだ日本はかなり差が大きいほう。

もちろん、アルコールに紐づく、依存症や健康問題について気をつけなければならないこともあります。

お酒を飲んでも
体はしっかりいたわること

6ab2b78d1807ac519c2edc6cc339097200acef0a

男性と女性では、一般的にアルコールの代謝を行う肝臓が小さいことや女性ホルモンの影響などがあり、女性のほうがお酒に弱いと言われています(もちろん、個人差はありますが)。そのため、男性と同じ量や頻度でお酒を飲むと、健康への悪影響も出やすくなってしまいます。

ジェンダーによる役割分担が見直され、男性中心の社会や文化が変わってきたことは素晴らしいこと。お酒を楽しむのも素敵なことですが、自分の身体とよく相談して、飲みすぎには注意したいところですね。

日本各地の女性蔵元、女性杜氏の手による日本酒。市松模様が施されたスタイリッシュなラベルからも、女性ならではのセンスや繊細さが感じられます。それなのに、「男...
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
オーストリアのグラーツ大学の研究チームによれば、多少のアルコール摂取が創造性が上がると判明。ただし、過剰摂取だと創造性が上がらないという結果も出たうえで、...
用途もデザインも、両方兼ね備えていないとダメっていう、うるさい(めんどくさい)料理男子たちへ。
浜松出張の夜。餃子やうなぎの定番から一歩抜け出したい人に足を運んでほしいところがあります。静岡・浜松駅から徒歩10分ほどの田町にある「OCTAGON BR...
普段はこんなじゃないのに、お酒が入った瞬間に人格が一変。よく笑い、よく泣き、怒りっぽくなったり、悪口を言いだしたり…。なかには「お酒を飲むと性格変わるんだ...
紫いもで作った「日本芋酒(にほんいもざけ)」は、ワインでもなければ焼酎でもない、さらに言えば日本酒でもない、全く新しい日本初の「生酒」なんです。
福井県吉田郡永平寺町にある日本酒蔵「吉田酒造有限会社」。その酒造りを今年から取り仕切る杜氏が吉田真子さん。弱冠24歳の、日本最年少女性杜氏です。彼女がつく...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
フルーツが傷んできたときに覚えておくといいのが、水や砂糖で煮込むコンポート。通常はワインを入れてつくるものですが、カラダのことを考えると同じお酒でも日本酒...
慈悲深きマリアを象ったフラワーポット。
地酒大国・新潟生まれの「ぽんしゅグリア」という商品がある。日本酒を注ぐだけでおいしい日本酒カクテルをつくることができるキットなのだが、それがいかに宅飲みに...
2日酔い防止のために、いろいろな方法を模索している人、きっと多いですよね?でも、どうやら全部無駄だったのかもしれませんよ。残念…。アメリカ科学振興協会(A...
男女の違いがあるとよく言いますが、果たして私たちはその男女の性別の違いをどこまで理解できているのでしょうか。男女の違いや平均値などをざっくりとまとめた動画...
最近「お酒の量がめっきり減った」のは、体力的な問題?そう自問自答する人へ向けた記事がこちら。「Elite Daily」が、医療ジャーナリストのKevin ...
岡山県の農家が1859年に発見し、現在も岡山県が生産量の95%を占める酒造好適米、「雄町」。広く普及している酒米「山田錦」や「五百万石」のルーツとなった品...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
ニュージーランドのクライストチャーチの街中や植物園には川が通っていて、ボートで観光することができます。特におすすめなのは、朝の時間帯です。
定期購買するギフトボックス。毎月なにが届くかわからない楽しみは、女性だけのもの。そんな節が正直どこかに。でも、それが男性をターゲットにした朝食や酒のつまみ...
一流のBARがこぞって力を入れているのが、じつはノンアルコールカクテルなんだそうな…??
お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んで...
従来とは違う新しいお酒の楽しみ方として、かなり奇抜だと注目を集めているのがこの「Alcoholic Architecture」。ミスト状のアルコールが充満...
「会社のみんなで飲みに行こうよ」と誘われた時、どうしていますか?行く?行かない?会社員を経て、フリーランス、起業という道を経たライターが伝授する、働く女子...
赤、白、ロゼ、アルコール度数が一緒なら、酔い方だって同じはずと思っている人たちへ。ワインの色によって「二日酔いの度合い」がまったく違うという事実を覚えてお...