【年末注意】過度な飲酒は「記憶力」に悪影響を及ぼすコトが判明

お酒を飲む人にとっては、飲み過ぎて記憶をなくした経験は誰もが一度は持っているかもしれない・・・。人間関係を潤滑にしたり、ストレスを発散したり、適量を飲んでいれば多くの効能があるものだが、飲み過ぎてしまうと、脳にダメージを与えてしまうものでもある。

飲酒の状態は「ほろ酔い」や「酩酊」「泥酔期」「昏睡」など様々な状態がある。中でも特に記憶に差し障りが起きてくるのが、「泥酔期」と「昏睡期」の2つだ。

■アルコールを飲むと、記憶喪失になる

お酒の飲み過ぎで記憶がなくなる減少は「アルコール性記憶喪失」(ブラックアウト現象)と呼ばれ、2つの種類が存在する。

1.断続的記憶喪失

飲んでいる間の記憶を、途切れ途切れに覚えているというもの。ある程度、自分の意志で飲酒をコントロールできる状態。理性や冷静な判断が保たれているので、酔いから回復しても記憶の内容を思い出すことができる。

2.連続的記憶喪失

飲んでいる間の記憶、すべてを失う記憶喪失。自分の意志では飲酒をコントロールすることができなくなる。この状態では、さらに限界を超えて飲むなど危険な行動を取る可能性があり、理性や冷静な判断もなくなる。酔いがさめても、そのときの記憶を思い出すことがほとんどない。

■過度な飲酒はその後の記憶力にも悪影響

この2種類の記憶喪失。いずれの場合も、何度も経験すると「シラフ」でも、物覚えが悪くなってしまう可能性もある。これは脳内で記憶を司る「海馬」という部分が、アルコールの影響で萎縮してしまうために引き起こされる症状だ。


 

記憶がなくなったことが、翌日笑い話になる。そんな経験はこの先年末に近づくに連れて徐々に増えていきそうだが、飲めば飲む程脳にダメージがたまっていくと考えると、あまりやりすぎるのも考えものかもしれない・・・。

Reference:WTF Happened Last Night?! What Really Happens When You Blackout on ELITE DAILY 

大事なことを記憶しておきたいのに、どうしても頭に入ってこない時はありませんか?そんな時、繰り返し地道に暗記するよりもオススメしたい方法があるのです。Jef...
勉強や仕事中、音楽を聴きながらの方が集中できる、という人がいます。半ば自己暗示でしょ?と思うかも。ですが、「Mic」の記事によれば、どうやら音楽が脳に与え...
「いいから寝かせてくれ!」というのが本音かも?ですが、長生きするためにも一応見ておきましょう。2015年12月9日に発表されたシドニー大学の研究結果に注目...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
7月5日、ある男性がインドの首相や鉄道大臣などにメンションをつけて、こんなツイートをしました。
心身ともに健康でいられるためにも、あなたに悪影響を与える「有害」な人はできるだけ早くに避けましょう。ネガティブな人、あなたを変える人、あなたを尊重しない人...
前回に引き続き、生理に関する記事を紹介。生理周期に影響する8つのことが書かれている。8つの中には、かなり意外に思うものもある。研究結果などを引用しながらわ...
カナダのマウント・セント・ヴィンセント大学が、人間の記憶力にまつわる興味深い研究を発表した。カードの場所を覚える「神経衰弱」をふたつのグループで行い、その...
ヨガをやることは、私たちが一般的に知っている以上の効果があったのだと実感させてくれる「Elite Daily」の記事を紹介します。記憶力の向上や自尊心を高...
人はなぜ、間違えて記憶してしまうことがあるのでしょうか。例えば、デートの時に相手がかぶっていた帽子の色が思い出せなかったり、交通事故の証言が人それぞれ食い...
7月13日にアメリカ地質調査所は、この火山活動により新たな島がつくられたと発表しました。
愛想づかしも金からおきる──、なんてことわざもあるように人の縁に金銭問題が少なからず影響を及ぼすことは言うに及ばず。では、「お酒」はどうでしょう?こと恋愛...
長時間、座りっぱなしの姿勢が身体に悪影響を及ぼす。この考え方は、ここ数年トレンドになりつつあります。「LittleThings」ライターPhil Mutz...
「てっとり早く頭が良くなる方法はないかなぁ」なんて考えるのはバチあたりのように思えるかもしれません。が、北米放射線医学学会の研究で、色素の一種である「メチ...
脳機能を高めるトレーニング法には昔から、そろばんやピアノ、瞑想などがいいと言われてきた。だけど、いわゆる脳トレに、もっと身近で簡単な方法があるそう。それが...
ときには心の癒しとなり、ときにはコミュニケーションを円滑にしてくれる、お酒。1万年以上の歴史を誇るだけあって、文化的にも重要な存在であることは言うまでもあ...
飲酒運転が、ゼロになる日が!?アメリカで開発が進む「DADSS(Driver Alcohol Detection System for Safety)」。...
キャッチフレーズは”にごりワインの”ヒトミワイナリーというほど、濁ったワインにこだわりをもつ造り手による赤ワイン「h3 IKKAKU イッカク 2017 ...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
理学療法士・重森健太さんの著書『走れば脳は強くなる』では、走ることで脳機能のパフォーマンスがアップし、たくさんのメリットが生まれると紹介されています。でも...
人気のある音楽ジャンルと聞くと何を思い浮かべるでしょう。ポップスか、はたまたロックか。音楽史において最も影響力のあるジャンルとは一体…。これは、2015年...
昼寝すると作業効率があがる!なんて話は最近よく耳にする話。シエスタ文化を取り入れる企業も話題になり、適度な休憩が大切だよねというのはもう常識。でも、どうや...
Doctors Me(ドクターズミー)医師、その他専門家「Doctors Me」は、医師、歯科医、栄養士、カウンセラー、薬剤師、獣医などに直接相談できる、...
昨年、「Collective Evolution」に掲載されていたAlanna Ketler氏の記事は、大きな話題を呼びました。スキニージーンズを長時間履...