ゴミ袋の中で発見された赤ちゃんの物語。「本当の貧しさとは、愛が足りないこと」

笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。

ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れられて捨てられてしまいました。地元の大工さんがゴミ袋を動かそうとした時に彼を発見し、孤児院に預けられました。あまり泣かない、大人しい赤ちゃんだったとか。

その後、エクアドルにたまたま訪問していたアーデン夫妻が、エディー君の里親に。「News and Record」で、当時のことをアーデンさんが語っています。

「里親として引き取った時はチャレンジの連続でした。でも一緒にいるうちにわかってきたのは、私たちの決断は正しかったということです」

さらにアーデンさんは、エディー君がどのようにして家族の一員になったのかを、インタビューの中で語ります。

「最初にエディーを見た時、この子には愛情が必要なんだなって感じました。そして今は、彼のおかげで家族の中は愛に溢れています」

この動画の最後は、このような言葉で締めくくられています。

「貧しさというのは、お腹が空いている時や、着る服がない時や家がない状況のことだと人はよく言います。でも本当の貧しさとは、人から必要とされない時や、誰からも愛されない時なのです。そして、本当の貧しさを変えられるのは、家族なのです」

「ママ、どこにいるの?」エディー君は、アーデンさんがインタビューされている時もずっと探しています。
血はつながっていなくても、愛する気持ちさえあれば、素敵な家族になれるとアーデン一家は証明してくれているのではないでしょうか。彼らの、インタビュー動画はこちらから。

この動画は、現在Musicbed Film Festという動画コンクールに出展されたもの。心が動いた人は、こちらから投票も可能です。

Licensed material used with permission by Brownrygg Woolls

千葉市と「ミニストップ」は、通常のレジ袋の代わりに市指定の可燃ごみ袋をレジ袋として販売する実験を開始。
お父さんと一緒に遊んでいる時に、赤ちゃんが「Google」と喋りました。
オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
「個性」と「進化」を磨き続ける2つのブランド「ニューバランス×フランク ミュラー」から生まれたスニーカー「CM996」が金と銀、各色996足限定で登場。
日本はレジ袋が2020年7月1日から有料化されマイバッグ持参の促進に取り組みますが、海外では「禁止」という国も少なくありません。アメリカで初めて州単位でレ...
フランス・マルセイユでは、ゴミ拾いとカヤックを融合させたアクティビティが誕生し、5月30日にはコンテストが開催される予定です。
2019年1月1日より、韓国政府は大型のスーパーマーケットでの使い捨てレジ袋の配布を禁止にしました。約2000店舗がこの条例の対象になります。
次世代スマートゴミ箱「T Air X」が「Makuake」に登場。これがあれば、フタに触れることも、ゴミ袋を縛ることも、新しい袋のセットも必要ない。
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
スマホのスワイプ動作のようにカードの出し入れができるミニマルウォレットが登場。「決済はカード派」というアナタにこそオススメしたい一品だ。
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
ベビー商品ブランド「GOO.N(グ~ン)」が展開する「ハグ~ンプロジェクト」で公開中の赤ちゃん泣き止み動画は、なんと視聴した94.3%の赤ちゃんが泣き止ん...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
クリスマスに子どもたちに本を届けるプロジェクト『ブックサンタ2020』が、本を寄付してくれるサンタさんを募集中!
「タイムタイマーオリジナル」がリニューアルして登場。基本的なスペックはそのままに、数字と余白が大きくなって見やすさがUP。忙しい朝や、タイムリミットのある...
浜辺へと漂着したプラスチックゴミだけを使って、ひたすらオブジェをつくるプロジェクト
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
「メルカリ」は、レジ袋有料化をまえに、通常は捨てられてしまうレジ袋にも付加価値を与えるべく「モノガタリ by mercari」に寄稿している伊坂幸太郎、吉...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...