ゴミ袋の中で発見された赤ちゃんの物語。「本当の貧しさとは、愛が足りないこと」

笑顔いっぱいのエディー君は、エクアドルで産声をあげました。ただ、彼は他の赤ちゃんとは少し違う育ち方をしました。

ダウン症だった彼は生後間もなく、ゴミ袋に入れられて捨てられてしまいました。地元の大工さんがゴミ袋を動かそうとした時に彼を発見し、孤児院に預けられました。あまり泣かない、大人しい赤ちゃんだったとか。

その後、エクアドルにたまたま訪問していたアーデン夫妻が、エディー君の里親に。「News and Record」で、当時のことをアーデンさんが語っています。

「里親として引き取った時はチャレンジの連続でした。でも一緒にいるうちにわかってきたのは、私たちの決断は正しかったということです」

さらにアーデンさんは、エディー君がどのようにして家族の一員になったのかを、インタビューの中で語ります。

「最初にエディーを見た時、この子には愛情が必要なんだなって感じました。そして今は、彼のおかげで家族の中は愛に溢れています」

この動画の最後は、このような言葉で締めくくられています。

「貧しさというのは、お腹が空いている時や、着る服がない時や家がない状況のことだと人はよく言います。でも本当の貧しさとは、人から必要とされない時や、誰からも愛されない時なのです。そして、本当の貧しさを変えられるのは、家族なのです」

「ママ、どこにいるの?」エディー君は、アーデンさんがインタビューされている時もずっと探しています。
血はつながっていなくても、愛する気持ちさえあれば、素敵な家族になれるとアーデン一家は証明してくれているのではないでしょうか。彼らの、インタビュー動画はこちらから。

この動画は、現在Musicbed Film Festという動画コンクールに出展されたもの。心が動いた人は、こちらから投票も可能です。

Licensed material used with permission by Brownrygg Woolls

オランダで開発された「Goedzakken」は、捨てられているモノを欲しいと思った人に気軽に拾ってもらうために、中身をあえて見せるようにデザインされたゴミ...
いよいよ、ハロウィーンまで10日を切りました。どんな衣装で街に繰り出すか、当然もう決めているはず。で、今年は是非、小道具は少なめにして、手ぶらで参加しては...
ある匿名アーティストたちによる、フランス・ボルドーの歴史的建造物を、ビニール袋で埋め尽くすというインスタレーション。リサイクルだけでは、ゴミ問題を解決でき...
ウミガメがレジ袋を飲み込んで死亡したり、イルカの胃の中からプラスチックゴミが発見されたり。海に捨てられたゴミによって、動物が被害を被っているという話を耳に...
アロマキャンドルやオードトワレの印象が強い「diptyque」ですが、じつはハンドクリームも素晴らしいんです。
テキサス州の犬を連れ込めるバーを中心に、フロリダ州やノースカロライナ州でも提供されている「Good Boy Dog Beer」の紹介です。
小麦や米粉、さらにはコーヒー豆の入った穀物袋をリサイクルしたバッグがあります。異国情緒ただよう、イラストやロゴ入りのバッグは軽く、旅の土産ものとしても人気...
「Below The Surface」は、70万ものゴミがいつの時代に製造されたのかを記録しているサイトです。
世界中からホットな動画が集まる「Viral Hog」で話題となっているのは、ミズーリ州で撮影されたアライグマの親子たち。アメリカでは、林の中だけでなくとき...
NASAのScientific Visualization Studioが、海に浮かぶゴミの量やその流れを追い、科学的に可視化した動画を紹介しています。こ...
東京の下町風情が残る観光地として人気の「台東区・墨田区」。このエリアの「休憩スポット」としておすすめなのが、銭湯。台東区と墨田区を合わせると、50を超える...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第6弾です。
エコ意識への高まりは世界規模で広まり続けています。たとえばスーパーやコンビニでもらうレジ袋の有料化。ゴミを減らすだけでなく、温暖化対策にも貢献できる。確か...
The WasteShark」は、水上をスイスイとスベってお掃除してくれるマシン。
数々のヒット動画を紹介している「ViralHog」で、とっても賢い赤ちゃんの行動を捉えた動画が人気です!ベッドの上にある枕を使って一体何をしたのか…必見で...
これは、アメリカとニュージーランドのメディアが報じていた珍事件。思わぬ方向に展開しちゃいました。
2013年から赤ちゃんのためのDJ教室を開いている「Baby DJ School」。ブルックリンを皮切りに、今ではニューヨークシティ、シカゴ、ロサンゼルス...
難民の協力を得てゴミを収集。それらを材料として有名人のポートレイトや企業のロゴマークを作って販売。利益の半分をチャリティとして寄付。そんなサスティナブルな...
ポリ袋に入った乳児の遺体がゴミ捨て場から見つかった、女子高生が自宅のトイレで出産し、生まれたばかりの赤ん坊を窒息死させた…。赤ちゃんの遺棄事件のニュースが...
「Plastic Whale」が開催するプラスチックフィッシングは、5段階評価で4.5を誇る。さらに、人を集めるのが難しいゴミ拾いイベントにも関わらず、多...
<セラミリスト>を名乗るTim Kowalczykは、実際に見つけてきた「ゴミ」をセラミック彫刻でリアルに再現するプロ。アメリカで数々の賞を獲得し、芸術学...
食事の席でつくられた箸袋の創作物をTIP(ありがとうのしるし)に見立てる試み「JAPANESE TIP」を紹介する。2012年からプロジェクトがスタートし...
ウィーンのコーヒー文化に危機感を覚えたFlorian HoferさんとManuel Bornbaumさんは、使い道のなかった“ゴミ”でキノコを培養するアイ...
「愛」と「愛情」の正体を探る連載企画。今回は、第7弾です。