こんなの待ってた!ビーチバッグ「DEZZIO」が備える、世界初の機能って?

素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。

“あるある”を解消!

F19b090f18c576538b1f9ac89cbbc2a1319f6304

なんと、ボトムのチャックを開けると、底に溜まった砂を簡単に捨てられるんです!

この他にも、キーホルダー、ボトルオープナーや飲み物の温度が変わりにくいクーラー、エコバッグを入れておけるポケットがついていて濡れた衣類を別にできるなど、機能が満載。オプションで携帯電話などを充電できるバッテリーなども付けられるので、ちょっとした旅行にも行けちゃうほど。素材はコットン100%で、ウォータープルーフ加工済み。

注目度高め

現在「Kickstarter」で資金調達中ですが、2万ドル(200万円)の目標額を達成して現在約3万9,000ドル(約400万円)を集めています。

クラシックとダッフル、シグニチャーの3種類があり、カラーバリエーションはこんな感じ。
3c3354c0455f8bf6fe68566598c1e2b083dec379

ダッフルのみ1サイズ展開ですが、他はスモールとラージがあります。現在一番おトクなプランはクラシックのラージが購入できる69ドル(7,500円)のもの。手元に届くのは2016年8月を予定しています。

海だけじゃなく、ジムやピクニック、バーベキューなど活躍の場は広がりそう。アウトドアの強い味方になりそうなこのバッグ、詳しい情報はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by DEZZIO
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
水も砂も寄せ付けない!と昨年話題になった、「Sandusa」の最強ビーチタオル。オーストラリア発のこのブランド、今年は水も砂も寄せ付けない「最強クッション...
ビーチフリーク注目!あのトリップアドバイザーが「世界のベストビーチ」を発表した。今年5年目を迎える名物企画は、世界中のトラベラーたちの口コミをもとにランキ...
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
「世界中のビーチをキレイにしたい」そんなシンプルな目的のもと湘南エリアで始まった取り組みが、独自の地域通貨「ビーチマネー」の発行。海岸で拾ったガラスのかけ...
「Sandusa(サンドゥサ)」は、サーファーでもあるエンジニアのバズ・ブラウン氏が2010年に設立した、オーストラリア発のブランド。そのビーチタオルが備...
イルカ型のティーバッグを開発したのは、熊本県のとあるお茶屋さん。ペットボトルのお茶慣れしてしまった若い子たちに、もっと「淹れたてのお茶の美味しさを知っても...
「WOLVERINE PACK」と名づけられたこのナイロンバッグ。何といっても注目すべきポイントは、素材だろう。Regenerative FuseFabr...
〈SUBLiME(サブライム)〉の「POCKETABLE WRAP BAG(ポケッタブル ラップ バッグ)」は斜めがけ、肩掛け、ウエストバッグの3WAYで...
ビーチクルーザーのフォルムを活かした電動自転車が登場。2〜3時間の充電で120kmも走ることができるそうで、走っている姿はまさにバイク。とは言っても、山道...
夏休みの予定が決まった人も、まだノープランな人も、今年は一風変わったアイテムで周りのみんなを驚かせてみませんか?ただでさえ開放的な夏が、もっと楽しくなるか...
こちらは米郵便局〈US POSTAL SERVICE〉のメールバッグ。実際に郵便物の配達に使われているモノだそうです。用途が用途だけに、かなり頑丈なナイロン製。
素材は厚みのある塩ビ。ナイロン製のバッグよりもガッシリしているので、背負った時にバッグのカタチが崩れにくいという意外なメリットがある。もちろん、防水。1,...
サンドイッチやスナックを持ち歩く時、お弁当箱だとかさばる。でもラップやビニールバックだと心もとないし、なにより可愛くない。だったら「見せたくなる透明バッグ...
〈3sun(サン)〉のビーチラグは、ヨーロッパのリゾートで使われているような、シンプルでちょっと懐かしい感じ。天然素材なので、使い込むほどに目がギュッと縮...
Alcindoさんは、北アフリカ沖にある小さな島国「カーボヴェルデ共和国」のサル島に住む43歳・男性。建築現場のペンキ塗りとして働いています。何よりも海が...
トラベルバッグといえば、キャリーバッグかスーツケースか? 一昔前なら、ハードラゲージかソフトかなんて悩んだこともあったっけ。でも、いまやそんなこと、多くの...
フリーな素敵すぎるパーティのご紹介です。