こんなの待ってた!ビーチバッグ「DEZZIO」が備える、世界初の機能って?

素敵な快晴の日、海へ!心躍る時間ですが、帰りに荷物が砂まみれ、なんてことありませんか?「DEZZIO」はそんな悩みを解決してくれるバッグなんです。

“あるある”を解消!

なんと、ボトムのチャックを開けると、底に溜まった砂を簡単に捨てられるんです!

この他にも、キーホルダー、ボトルオープナーや飲み物の温度が変わりにくいクーラー、エコバッグを入れておけるポケットがついていて濡れた衣類を別にできるなど、機能が満載。オプションで携帯電話などを充電できるバッテリーなども付けられるので、ちょっとした旅行にも行けちゃうほど。素材はコットン100%で、ウォータープルーフ加工済み。

注目度高め

現在「Kickstarter」で資金調達中ですが、2万ドル(200万円)の目標額を達成して現在約3万9,000ドル(約400万円)を集めています。

クラシックとダッフル、シグニチャーの3種類があり、カラーバリエーションはこんな感じ。

ダッフルのみ1サイズ展開ですが、他はスモールとラージがあります。現在一番おトクなプランはクラシックのラージが購入できる69ドル(7,500円)のもの。手元に届くのは2016年8月を予定しています。

海だけじゃなく、ジムやピクニック、バーベキューなど活躍の場は広がりそう。アウトドアの強い味方になりそうなこのバッグ、詳しい情報はこちらからどうぞ。

Licensed material used with permission by DEZZIO
いま、もっとも勢いのある日本初のジッパーバッグブランド「Pake」。
ここで紹介するのはイギリスのファッションブランド「Fabrikk」が売り出している製品で、何かを取り出そうとしたときにバッグを開けると中が明るくなる仕組み...
Virgin Holidaysのパッケージツアーを申し込んでいれば、誰でも無料で遊び放題です。
福岡県宗像市でビーチ乗馬体験ができる「カナディアンキャンプ乗馬クラブ」。特別必要な持ち物はなし。動きやすい格好で、ということだったのでスカートをさけて現場...
耐衝撃ウオッチ「G-SHOCK」より、クリエイティブディレクター 佐藤可士和氏とのコラボモデル「DWE-5600KS」が2021年3月5日に発売。
より多くの人により多くのビーチを楽しんでもらうために考えられたのが「Beach Colors ®」です。
7月より始まったレジ袋の有料化によって、増えたエコバッグの利用。そんな中、海外でふつふつと話題になっているのがプロデュースバッグ。この記事では、まだ日本で...
今年は、世界各地で記録的な寒波が来襲しているようです。こんな時には、暖かいビーチリゾートへと逃げ出したい!それは、どうやら世界共通の願いのようです。
ドゥーシュバッグの「The CIA」、グレゴリーの「カメラケース」、フェールラーベンの「カンケン フォト インサート」を紹介します。
ローマを拠点にするデザイナーUmberto Menasci氏は、“アフターコロナ”の時代の新しいビーチの形として「SAFE BEACH」と題したデザイン案...
サステイナブルの観点から近年注目の「コンポスト」。「臭い生ゴミの処理に困っている」「SDGsや自給自足の生活に関心がある」という方のためになぜ注目されてい...
「CORALバッグ」はコンパクトに折りたたみができる、財布とバッグ一体型のアイテム。必要なときにはバッグになり、必要ないときには財布に戻る。
写真家のDavid Behar氏が捉えたのはマイアミビーチの心地よい海の家。年々大きくなり続ける海の家より、ミニマルな海の家が今の気分だと思います。
使えて語れて格好いい「CHROME」の注目ライン「MXD COLLECTION」のバッグ「MXD PACE」は、ファッションにも気を使いたい若手のビジネス...
アメリカのスーパーマーケット「THE GET GO」のエコバッグです。
#捨てられないバッグ の物語を、あつめました。
育児中のパパママからの「あると助かる〜!」の声を実現する子供服ブランド「アルトタスカル」が誕生
シアトルに住むスティーブ・マシオ氏は、旅行が大好き。その愛は「デルタ航空」のファーストクラスの座席を購入して自宅に置いているぐらいに大きい。その様子を紹介...
フォトグラファーでイラストレーターのフェリペ・ベドウヤ。彼の目にとまったビーチは青い海でも水着姿の美女でもなく、ベンダー(売り子)たち。彼らの姿を切り取り...
TEMBEAのBOOK TOTEは、商品名の通り、本を入れるためのトートバッグ。
raregemの「METO-Wide Black」は、自転車での使用を想定して作られたショルダーバッグ。
内部にコンパートメントを設けるのではなく、本体自体を足して容量を調整するイタリアのバッグブランド「MOCA」の紹介。
旅先で「この街、好きだな〜、ポテンシャル高いな〜」と思うときってだいたい、自分にとっての非日常が、その街の人にとっての日常なときなんです。最高の景色が見れ...
先週26日(金)、トートバッグ専門店「ROOTOTE(ルートート)」が、デザインオフィス「nendo(ネンド)」とのコラボレーションバッグ「ruck-to...